新着記事

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(後編) 対応編【異文化リテラシー レッスン4】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(後編) 対応編【異文化リテラシー レッスン4】

自律神経を整えるのはどっち?|上司や取引先から 理不尽に叱られたら、反論する、沈黙する?【不摂生でも病気にならない人の習慣】

小学1年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」トップ10

【新型コロナウイルスの影響に戦々恐々】8割近くの非正規労働者が「将来に不安がある」と回答! 安定した仕事のために必要なものとは…?

新型コロナウイルスで生じた「非正規雇用」と「正社員」の待遇の差

大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。

これからの暮らしに大切な「パッシブデザイン」という考え方|パッシブデザイン住宅 参創ハウテック[PR]

勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。

快適な暮らしと防災対策が両立した家|センチュリースタイルプロ ミサワホーム[PR]

居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

安心・安全に暮らすために選ぶ サービス付き高齢者向け住宅|積和グランドマスト 積水ハウスグループ[PR]

【ビジネスの極意】なぜ日本の若手社員はアジアで1番出世欲がないのか?

【ビジネスの極意】なぜ日本の若手社員はアジアで1番出世欲がないのか?

犬は30万円、猫は16万円。1年間にかかるペットの費用はいくら?

書き順が分かりづらい漢字ランキング|1位の漢字は?

【書き順が分かりづらい漢字ランキング】3位は「潟」、2位は「飛」、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

バンドネオンの革命児・小松亮太の面白すぎるベスト盤【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

今年デビュー20周年を迎えた、1973年生まれのバンドネオン奏者小松亮太のベスト盤『小松ジャパン〜ザ・グレイテスト・ヒッツ』が面白い。

アルゼンチン・タンゴと切り離せない関係をもつバンドネオンという楽器は、蛇腹という肺のような機能を持ち、自ら呼吸する楽器という点ではアコーディオンに近いが、それよりももっと非合理的で矛盾を抱え込んだような面白さを持っている。それはタンゴというジャンル、そしてその革命家であったアストル・ピアソラの音楽に不可欠な響きであった。

小松はその伝統を継承しつつも、バンドネオンのまったく新しい可能性を追求し続けてきた。その歩みがここには凝縮されている。

たとえばネスカフェ・ゴールドブレンドのCM音楽、あるいは坂本美雨の歌「風の谷のナウシカ」主題歌、さらには葉加瀬太郎や大貫妙子との共演など、そのバラエティの何と豊かなことだろう。あらゆる音楽好きを誘引する魅惑がここにはある。>>試聴はこちらから

【今日の一枚】
『小松ジャパン~The Greatest Hitsof Ryota Komatsu
小松亮太

発売/ソニー・ミュージック 
https://ryotakomatsu.net/
販売価格/3000円

文/林田直樹

音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年12月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP