新着記事

ショパンのバラードの偉大さを雄弁に伝えるアンスネスの名演【林田直樹の音盤ナビ】 忠臣蔵 年末の定番映画といえばこれ!『忠臣蔵』【面白すぎる日本映画 第25回】 えっ、あの人が銀行員!?|前職が意外な芸能人ランキング 手塚雄二・朝めし自慢1 【朝めし自慢】手塚雄二さん(日本画家・65歳)「糖質を抑えた献立で、20年来、体型は変わりません」 飛騨高山の燻製工房「キュルノンチュエ」のソーセージ&パテ【サライのお取り寄せ】 修行コースに参加せず、境内で自主的に瞑想にチャレンジしても構わない。 タイの古刹「ワット・ラムプーン」で瞑想修行!|「歩く瞑想」「坐る瞑想」で心のクリーニング 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? ヘルニア・狭窄症 ストレッチで改善する座った時の痛みやしびれ ヘルニア・狭窄症|ストレッチで改善する座っている時の痛みやしびれ【川口陽海の腰痛改善教室 第8回】 はきやすく便利!大人気「らくあきパンツ」にコーデュロイ版登場 昭和歌謡は終わらない 個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

後期ロマン派の知られざる秘曲に浸る愉悦の1枚【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

20世紀初頭に爛熟期を迎えていた後期ロマン派の、秘められた名作がまとめて聴ける『レーガー:ベックリンによる4つの音詩、ニールセン:序曲《ヘリオス》、ツェムリンスキー:交響詩人魚姫》』は、全てのオーケストラ音楽好きに勧めたい1枚である。

ここに収められているのは、熟し切った甘い果実が、腐る直前が一番柔らかく美味しく、芳香を放つような、後期ロマン派の秘曲たちである。墨田区のすみだトリフォニーホールを本拠に活動する新日本フィルハーモニー交響楽団の音楽監督・上岡敏之のタクトは、巨大編成の管弦楽作品の充溢した響きをダイナミックに、官能的に描き出している。

画家ベックリンや童話作家アンデルセンの世界と密接につながる作品の組み合わせも好奇心をそそる。他のジャンルと結びついたときに、音楽がどれほど雄弁たりうるかということの、これは見事な例である。>>試聴はこちらから

【今日の一枚】
『レーガー:ベックリンによる4つの
音詩、ニールセン:序曲《ヘリオス》、
ツェムリンスキー:交響詩《人魚姫》』

上岡敏之指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団

2017年録音
発売/オクタヴィアレコード
電話:03・6778・4141
販売価格/3200円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年8月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP