新着記事

「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018 東北大会」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東北大会が行なわれました プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 『君たちはどう生きるのか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 【ビジネスの極意】『君たちはどう生きるか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ 1日10回で腰痛・坐骨神経痛を改善!|誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ【川口陽海の腰痛改善教室 第10回】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」京都大会が行なわれました 自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」 サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる老人ホーム紹介センターを探すには 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる「老人ホーム紹介センター」を探すには

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

カウンターテナーの新星ファジョーリの神の歌声を堪能『ヘンデル:アリア集』【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

男が裏声で歌うカウンターテナーの中性的で気品ある魅力は、日頃クラシック音楽に親しみのない人々の心を一撃でつかむための必殺兵器といっても過言ではない。男とは、女とは、少年とは、大人とは何かということについて、根源的な問いすら投げかけてくるからだ。

このところ若い世代に、次々と新しい魅力的なカウンターテナーが登場してきているが、その中でも特に注目されるのが、1981年アルゼンチン生まれのフランコ・ファジョーリである。『ヘンデル:アリア集』は、超高音から低音までを駆使する、華麗な声の技が堪能できる。

その特徴は、声の色が濃く、歌の抑揚が力強いということ。喜びに満ちて高く舞い上がるようなアリアから、涙に濡れたような感情を吐露するアリアまで、かつて18世紀のロンドンを席捲したヘンデルのオペラの最高のエッセンスが、ここにはある。

【今日の一枚】
『ヘンデル:アリア集』
フランコ・ファジョーリ(カウンターテナー)

2017年録音
発売/ユニバーサル ミュージック 
電話:045・330・7213
販売価格/2800円
https://www.universal-music.co.jp/p/479-7541/

※ちなみにこの11月18日から25日にかけて、ファジョーリの初来日公演が、兵庫・福岡・東京・水戸で開催される。奇跡の歌声をライブで聴くことができる絶好のチャンスである。
 ↓↓↓
http://www.allegromusic.co.jp/FrancoFagioliwithVBO.html

文/林田直樹

音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年9月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP