新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

プロコフィエフ・フォー・トゥー|ギラギラとした色彩感ある音色の傑作ピアノデュオ【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

バルトークと並んで、近現代音楽への扉を開けてくれる最重要人物のひとりが、ロシアの作曲家プロコフィエフ(1891~1953)である。その作風は、20世紀機械文明の登場のような過激さと、可愛らしい女の子のあどけない表情が同居するような、振幅の大きな表現が特徴である。

かつてシャネルの香水のCMや、テレビドラマの効果音楽にも使われたバレエ音楽「ロメオとジュリエット」を2台ピアノに編曲したものが、今回の『プロコフィエフ・フォー・トゥー』では強烈である。

現代ピアノ界の女王マルタ・アルゲリッチ(1941年アルゼンチン生まれ)とコンビを組んでいるのは、セルゲイ・ババヤン(1961年アルメニア生まれ)。ババヤンは知る人ぞ知る名手で、今回はプロコフィエフの劇作品を集めて編曲をしているが、どす黒い音色、とでも言いたくなるような存在か。めくるめくような、ギラギラとした色彩感あるピアノの音色が楽しめるアルバムだ。(>>こちらのサイトで試聴できます)

【今日の一枚】
プロコフィエフ・フォー・トゥー
マルタ・アルゲリッチ、セルゲイ・ババヤン(ピアノ)

2017年録音
発売/ユニバーサルミュージック
問い合わせ:0453307213
販売価格/2800

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:0022:00放送)

この記事は『サライ』本誌20187月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 幻の音色!サントリーホール秘蔵の歴史的ピアノを試弾してみた
  2. 若きピアニストのおそるべき才能に戦慄する1枚【林田直樹の音盤ナビ…
  3. 後期ロマン派の知られざる秘曲に浸る愉悦の1枚【林田直樹の音盤ナビ…
  4. 実力派シャンソン歌手の明晰なる美唱に惚れる1枚【林田直樹の音盤ナ…
  5. 朴葵姫『ハルモニア』|まろやかで濃厚な生ギターの音色に浸る喜び【…
PAGE TOP