サライ.jp

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

バルトークと並んで、近現代音楽への扉を開けてくれる最重要人物のひとりが、ロシアの作曲家プロコフィエフ(1891~1953)である。その作風は、20世紀機械文明の登場のような過激さと、可愛らしい女の子のあどけない表情が同居するような、振幅の大きな表現が特徴である。

かつてシャネルの香水のCMや、テレビドラマの効果音楽にも使われたバレエ音楽「ロメオとジュリエット」を2台ピアノに編曲したものが、今回の『プロコフィエフ・フォー・トゥー』では強烈である。

現代ピアノ界の女王マルタ・アルゲリッチ(1941年アルゼンチン生まれ)とコンビを組んでいるのは、セルゲイ・ババヤン(1961年アルメニア生まれ)。ババヤンは知る人ぞ知る名手で、今回はプロコフィエフの劇作品を集めて編曲をしているが、どす黒い音色、とでも言いたくなるような存在か。めくるめくような、ギラギラとした色彩感あるピアノの音色が楽しめるアルバムだ。(>>こちらのサイトで試聴できます)

【今日の一枚】
プロコフィエフ・フォー・トゥー
マルタ・アルゲリッチ、セルゲイ・ババヤン(ピアノ)

2017年録音
発売/ユニバーサルミュージック
問い合わせ:0453307213
販売価格/2800

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:0022:00放送)

この記事は『サライ』本誌20187月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア