新着記事

【ビジネスの極意】上司が部下の「やる気」に関わってはいけない理由 【ビジネスの極意】上司が部下の「やる気」に関わってはいけない理由 知っておきたい介護の基本 公的介護保険のしくみと利用できるサービス|知っておきたい介護の基本 ヒノキのぐい呑み|京都産ヒノキを厳選し職人が仕上げた香り高い酒器 うにの旨みと甘味を堪能「ヤマチュウ食品」の北海道産 粒うに【サライのお取り寄せ】 思わず涙ぐんでしまう懐かしのTVドラマ|面白かった80年代のTVドラマランキング 面白かった80年代のTVドラマランキング|第1位は、あの人気シリーズ! ベルエアーがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。 【私のクルマ遍歴】自分のしたい仕事とクラシックカー『ベルエア』を追いかけて、走り回った50代(後編) 幾度ものレース中のクラッシュを乗り越え、スカイラインは走り続けました。 【私のクルマ遍歴】『ハコスカ』と共に目指したが、叶わなかったレースドライバーの夢(前編) 日本一は「岐阜都ホテル」の朝ごはんに決定! 「朝ごはん」がおいしい宿泊施設ランキング|日本一は「岐阜都ホテル」の「あゆ雑炊」に決定! 柔らかく濃厚な旨み!仙台の専門店「陣中」の牛タン塩麹熟成【サライのお取り寄せ】 【娘のきもち】今も家族との関係をつなぐカットの時間。あの時美容師をやめなくて本当によかった~その2~ 【娘のきもち】今も家族との関係をつなぐカットの時間。あの時美容師をやめなくて本当によかった~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

庄司紗矢香×テミルカーノフによる味わい深いヴァイオリン協奏曲集【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

人の声のように親密に大切なことを語りかけてくるヴァイオリンである。庄司紗矢香はいま真に国際的な活動を第一線で続けている数少ない日本人演奏家の一人だが、文学や美術など他ジャンルにも造詣の深い彼女に大きな影響を与えてきたのが、ロシアの長老的存在でもある指揮者テミルカーノフである。

この二人の共演は、お互いの信頼関係の厚みにおいて特別なものがあり、今もっとも傾聴すべきコンビの一つと言えるだろう。

今回の『ベートーヴェン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲』は、どちらの作品も、意外なくらいに穏やかで包容力のある自然体の音楽になっている。威圧的・攻撃的なところがなく、むしろ室内楽に近い対話である。

闘争や刺激を求める向きには物足りないかもしれないが、繰り返し聴き、人生の傍らに置くべき言葉のような味わい深さがここにはある。一種のヒューマニズムの表れともいうべき名演だ。>>試聴はこちらから

【今日の一枚】
『ベートーヴェン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
庄司紗矢香(ヴァイオリン)
ユーリ・テミルカーノフ指揮 サンクト・ペテルブルク・フィル

2017年録音
発売/ユニバーサル ミュージック 
電話:045・330・7213
販売価格/3000円

文/林田直樹

音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年12月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP