新着記事

ピエール・ブーレーズ・ザール ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕 『男のチャーハン道』 「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』 お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 「働き方改革」では解決できない「人手不足」問題 【ビジネスの極意】「働き方改革」では解決できない「人手不足」問題 木工房のデスクペン|木のぬくもりにあふれた手作りの卓上ペン お葬式をどう考えるか|『和尚が教える 極上のお葬式』 「葬式不要論」「直葬」、お葬式をどう考えるか?|『和尚が教える 極上のお葬式』 行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー 自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選 インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係 インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

庄司紗矢香×テミルカーノフによる味わい深いヴァイオリン協奏曲集【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

人の声のように親密に大切なことを語りかけてくるヴァイオリンである。庄司紗矢香はいま真に国際的な活動を第一線で続けている数少ない日本人演奏家の一人だが、文学や美術など他ジャンルにも造詣の深い彼女に大きな影響を与えてきたのが、ロシアの長老的存在でもある指揮者テミルカーノフである。

この二人の共演は、お互いの信頼関係の厚みにおいて特別なものがあり、今もっとも傾聴すべきコンビの一つと言えるだろう。

今回の『ベートーヴェン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲』は、どちらの作品も、意外なくらいに穏やかで包容力のある自然体の音楽になっている。威圧的・攻撃的なところがなく、むしろ室内楽に近い対話である。

闘争や刺激を求める向きには物足りないかもしれないが、繰り返し聴き、人生の傍らに置くべき言葉のような味わい深さがここにはある。一種のヒューマニズムの表れともいうべき名演だ。>>試聴はこちらから

【今日の一枚】
『ベートーヴェン&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
庄司紗矢香(ヴァイオリン)
ユーリ・テミルカーノフ指揮 サンクト・ペテルブルク・フィル

2017年録音
発売/ユニバーサル ミュージック 
電話:045・330・7213
販売価格/3000円

文/林田直樹

音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年12月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP