新着記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

サラエヴォ市民の命をつないだ「希望のトンネル」|ボスニア・ヘルツェゴヴィナ民族紛争を振り返る

美味しいものを美味しく食べたい|味覚障害と唾液の深い関係(前編)

味覚障害はなぜおこる?|味覚障害と唾液の深い関係

【ビジネスの極意】できる人のフリをする迷惑な人たち

【ビジネスの極意】できる人のフリをする迷惑な人たち

クールビズでもノータイはちょっと…という人にリンクルカラーを推す理由

世界中からプレスやソムリエなどが集まり、現在のシャンパーニュの最新の流れや傾向を知るため試飲を繰り返す。

小さな農家の生産者が造るオリジナルのシャンパーニュ|シャンパンの新潮流を味わう(フランス・ランス)

姫路城

「日本の城」ランキング|名古屋城、松江城、犬山城が躍進!

中高年のセカンドライフに関する意識調査

【私の理想のセカンドライフ】女性は「時間を気にせずゆっくりすごしたい」

プロっぽい純銅製の玉子焼きで玉子焼き職人を目指すのだ!

『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル)

マイケル・ジャクソンも歌ったジャズ名曲「オール・ザ・シングス・ユー・アー」の秘密|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道7】

『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』

1000駅走破した達人が推奨する「道の駅めぐり」という愉しみ|『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

名指揮者ラトルの本領発揮!新鮮で自由な空前のハイドン名曲集【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

現代を代表する名指揮者サー・サイモン・ラトルは、長らく率いていたベルリン・フィル芸術監督をすでに辞任し、今はロンドン交響楽団(LSO)の音楽監督として活躍中である。かつてフルトヴェングラーやカラヤンが占めていた栄光ある“帝王”の座は、今や指揮者にとっての最終目標を決して意味しない。前任者アバドのときもそうだったが、むしろベルリン・フィルの“次”にこそ、重圧から解放された後の本音が発揮されるように思う。

いまのラトルは、そういう意味でとても面白い時期に来ている。

たとえばこの『ハイドン:想像上のオーケストラの旅』。オラトリオ「天地創造」「四季」や「十字架上の七つの言葉」、さらにはいくつかの交響曲からの抜粋を組み合わせた構成の何と楽しいことだろう。

LSOの演奏は、薄絹のような繊細さと、巨樹のような逞しさを併せ持ち、しかも洒脱で表情豊か。こんなに新鮮で自在なハイドンは空前である。

【今日の一枚】
ハイドン:想像上のオーケストラの旅
サー・サイモン・ラトル指揮ロンドン交響楽団

2017年録音
発売/キングインターナショナル 
電話:03・3945・2333
販売価格/3000円

文/林田直樹

音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年12月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP