新着記事

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

朴葵姫『ハルモニア』|まろやかで濃厚な生ギターの音色に浸る喜び【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

1985年韓国生まれ、韓国と日本で育ったギタリストの朴葵姫(パク・キュヒ)の新譜『ハルモニア』がとてもいい。

セルジオ・アサド、ローラン・ディアンス、ケヴィン・カラハン、アンドリュー・ヨーク……現代を代表するギタリスト兼作曲家たちの作品が主に集められている。初めて聴く人も、1曲目から全部、きっと夢中になってしまうような素敵な曲ばかりだ。

押尾コータローと渡辺香津美へのジャンルを超えた委嘱による新曲も、自然な持ち味を生かした聴きやすい、心に響く作品だ。

朴葵姫の演奏は、清潔感がある。情に流されず、自我を出しすぎず、涼やかだが、中身が濃い。ヨークの「サンバースト」での猛スピードのパッセージなど、啞然とするくらいに巧く、リズム感も俊敏で、それが内面的な迫力へとつながっている。

しっとりと歌う作品での抒情的な歌、まろやかな音色への瞬時の変化も素晴らしい。生ギターの音色に浸る喜びを満喫させてくれる1枚である。>>こちらのサイトで試聴できます

【今日の一枚】
ハルモニア
朴葵姫=パク・キュヒ(ギター)

2017年録音
発売/日本コロムビア
問い合わせ:03・6895・9001
販売価格/3000円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年7月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. プロコフィエフ・フォー・トゥー|ギラギラとした色彩感ある音色の傑…
  2. カピュソンのバルトーク:ヴァイオリン協奏曲集|木の匂いのするよう…
  3. カニサレス《洞窟の神話》ギターの華麗さとセクシーさの極限を聴く【…
  4. アンデルシェフスキのモーツァルト:ピアノ協奏曲集|10年ぶり待望…
  5. プレスラーのドビュッシー|現役最長老94歳ピアニストの奇跡的名演…
PAGE TOP