新着記事

【娘のきもち】夫の借金とギャンブル依存に悩んでいたとき、寄り添ってくれたのは父だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】「人がする仕事じゃない」初めての就職先に向けられた父親の言葉。その偏った考え方が大嫌いだった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|舌平目のポワレ プロヴァンス風

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

ネルソンスのショスタコ4番&11番|丹念で緊密な合奏が描く2つの巨大交響曲【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)「スターリンの影の下でのショスタコーヴィチ」シリーズ第3…

ウォッシュコットンハンチング|風合いの変化が楽しめる職人手作りの帽子

自然な素材感のコットン生地を使った、落ち着いた色合いのハンチングだ。帽子職人は、この道40年…

5.7キロの空中散歩!スリル満点の香港はいかが?

文・写真/りんみゆき(海外書き人クラブ/香港在住ライター)風水を日常生活の一部として取り入れ…

喪黒福造に「ドーン!!!」される!藤子不二雄(A)展レポート

取材・文/池田充枝漫画家デビューして67年、御年84歳にしていまだ現役の藤子不二雄(…

テニスボールで腰ほぐれる!5分でできる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第4回】

文/川口陽海こんにちは!腰痛トレーニング研究所の川口陽海です。腰…

今年はここに! 紅葉絶景ランキングベスト10

山々や木々が色づく、紅葉の季節がやってくる。そろそろ今年の紅葉狩りはどこへ行くか、計画を立て始める頃…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

実力派シャンソン歌手の明晰なる美唱に惚れる1枚【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

「シャンソンとはこのように歌われるべき」とジュリエット・グレコが賞賛し、フランスのジャーナリストたちが「詩人の代弁者」と呼ぶ歌手クレール・エルジエール(1971年パリ生まれ)が、シャンソンとフレンチポップの名曲を歌った最新録音『パリ、愛の歌』が素晴らしい。

フランス語が母語ではない聴き手にもはっきりとわかるのは、この歌は言葉の響きを完全に明瞭に伝えているということである。かつての昭和の歌謡曲が、歌詞の意味をきちんと伝えてくれる歌であったのと同じように。そこには、言葉とメロディが深く結びつくことによって何倍もの力を発揮する、詩と音楽の芸術の原点がある。

エルジエールの歌は、さりげなく、全く媚びがない。日常のなかの出来事を淡々と、しかし深い想いを託しながら、共感へといざなってくれる。女性ならではのしなやかな感触は、一度接したら忘れようもないほど、魅力的である。(>>試聴はこちらから

【今日の一枚】
『パリ、愛の歌』
クレール・エルジエール(歌)

2018年録音
発売/リスペクトレコード
電話:03・3746・2503
販売価格/2700円
https://www.claireelziere.com/

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年8月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ネルソンスのショスタコ4番&11番|丹念で緊密な合奏が描く2つの…
  2. ギターのクールで美しい響きを楽しめるマダガスカルの音楽【林田直樹…
  3. 現代と違う作曲当時の響きを実感できるラヴェル管弦楽集【林田直樹の…
  4. 大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田…
  5. 幻の音色!サントリーホール秘蔵の歴史的ピアノを試弾してみた
PAGE TOP