新着記事

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20世紀を代表する大指揮者であり、ミュージカル『ウェストサイド・ストーリー』で知られる作曲家であり、教育者としてもすぐれた業績を残したバーンスタインを再発見するうえで重要な新譜が出た。『バーンスタイン:ミサ曲』である。

バーンスタインは、あらゆる境界線を打破し、相手が大統領であろうと無名の小さな女の子であろうと、全く態度を変えず、差別を決してしない民主主義者・平和主義者であった。そんなバーンスタインが書いたミサ曲は、ただの純粋な祈りではなく、現代社会を反映して、迷いも混沌も含め、ありのままをさらけ出すような音楽だ。

マーチングバンドやゴスペルやロックやジャズの要素もあるカラフルな作品である。ヤニック・ネゼ=セガンの指揮は、生き生きとはちきれんばかりのエネルギーで、どんなジャンルの音楽愛好者をもきっと巻き込むに違いない。

【今日の一枚】
バーンスタイン:ミサ曲
ヤニック・ネゼ=セガン指揮 フィラデルフィア管弦楽団、他

2015年録音
発売/ユニバーサル ミュージック
電話:045・330・7213
販売価格/5000円(税込み)
>>試聴はこちらから

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年10月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ギターのクールで美しい響きを楽しめるマダガスカルの音楽【林田直樹…
  2. 現代と違う作曲当時の響きを実感できるラヴェル管弦楽集【林田直樹の…
  3. 幻の音色!サントリーホール秘蔵の歴史的ピアノを試弾してみた
  4. 若きピアニストのおそるべき才能に戦慄する1枚【林田直樹の音盤ナビ…
  5. 後期ロマン派の知られざる秘曲に浸る愉悦の1枚【林田直樹の音盤ナビ…
PAGE TOP