新着記事

ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧対応マニュアル ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧マニュアル【川口陽海の腰痛改善教室 第6回】 アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予防医療最前線】 100歳以上の百寿者 いまや約7万人!100歳以上の百寿者が身につけている生活習慣とは? コンプライアンス 【ビジネスの極意】もし、あなたの部下が「道頓堀ダイブ」したら、どうする? 日本の美術館 日本の美術館ランキング2018 トップ20 JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

ネルソンスのショスタコ4番&11番|丹念で緊密な合奏が描く2つの巨大交響曲【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

「スターリンの影の下でのショスタコーヴィチ」シリーズ第3弾となるアンドリス・ネルソンス指揮ボストン交響楽団による『ショスタコーヴィチ:交響曲第4番&第11番《1905年》』がついに出た。グラミー賞を連覇した第1弾、第2弾とも本欄でご紹介してきたが、今回も、あまりの充実した内容にやはり触れないわけにはいかない。

「第4」の冒頭から早めにきびきびと飛ばすテンポに象徴されるように、この演奏には無駄な贅肉が全くない。どちらも大編成による巨大交響曲だが、ただ力まかせに押すのではなく、細部に丹念で緊密な合奏から伝わってくるのは、あたかも独裁政治に対する告発の言葉のような音楽の真実味である。

ロシア皇帝の軍隊が民衆に発砲した「血の日曜日」事件を扱った「第11」第2楽章の後半では、請願に集まった無抵抗の人々に容赦なく銃撃を加える軍隊の描写の迫力がすさまじい。これは聴き手に人間的な感情をかき立てずにはおかない音楽である。

【今日の一枚】
『ショスタコーヴィチ:交響曲第4番&第11番《1905年》』
アンドリス・ネルソンス指揮 ボストン交響楽団

2017年(第11番)、2018年(第4番)録音
発売/ユニバーサル・ミュージック 
電話:045・330・7213
販売価格/3500円

文/林田直樹

音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年10月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP