青天を衝け

青天を衝けに関する記事67

青天を衝け 【渋沢栄一 心のことば4】心穏やかにして、何事にも余裕を持ち…

歳を重ね、老いを感じる年齢に達しますと、若かりし頃には考えもしなかった事柄が、ふっと思い浮かび、じっと考えたりするように…

2021/7/4
青天を衝け 「353名斬首」の幕末の悲劇。天狗党の死は、敦賀でどのように…

文/敦賀市文化振興課 藤田裕介 大河ドラマ『青天を衝け』でも描かれた「天狗党の最期」。処刑の地・敦賀(福井県)では150…

2021/7/4
青天を衝け 英国軍の捕虜となった経歴も。「東の渋沢、西の五代」と称された…

薩摩藩士として幕末の動乱期をくぐり抜け、維新後は破綻しかけた大坂の経済復興に力を注いだ五代友厚(演・ディーン・フジオカ)…

2021/7/4
青天を衝け 将軍家茂20歳の死が歴史に与えた衝撃。そして、「武州の農民同…

風雲急を告げる幕末日本をテンポよく描く『青天を衝け』。第20回では、将軍家茂(演・磯村勇斗)の死から物語が始まった。 *…

2021/7/3
青天を衝け 「威儀堂々」「無双の豪傑」と評された禁裏守衛総督としての慶喜…

結果的に「最後の征夷大将軍」となった徳川慶喜。かつて歴史ファンを虜にし、全盛期には10万部を超える発行部数を誇った『歴史…

2021/6/20
青天を衝け 「尊王攘夷・天狗党」凄惨な最期と日本近代化の祖・小栗上野介“…

かつて、ともに「尊王攘夷」思想を学んだ同志・天狗党の凄惨な最期は、渋沢栄一(演・吉沢亮)にどのような影響を与えたのか?そ…

2021/6/13
青天を衝け 【渋沢栄一 心のことば3】元気と強情は、似て非なるもの

■頑固、気骨、こだわり、わがまま、どこがどう違うのか? サライ世代と呼ばれる年齢になりますと、徐々に体力、筋力の衰えを実…

2021/6/13
青天を衝け 武田耕雲斎役・津田寛治さんに聞く――烈公斉昭と藤田東湖と武田…

日本経済の父といわれる渋沢栄一を主人公に据えた大河ドラマ『青天を衝け』。渋沢が青春時代を送った幕末の動乱期には、日本各地…

2021/6/13
青天を衝け 幕末の京都で渋沢栄一と新選組の意外な接点! やり合ったのは土…

功成り名を遂げたのち、昭和を迎えた晩年の渋沢栄一が、幕末の京都で邂逅した新選組の土方歳三のことを思い出すことはあったのだ…

2021/6/12
青天を衝け 「尊王攘夷は呪いの言葉」――。猛進した天狗党。世界の現実を見…

同じ尊王攘夷を掲げながら、維新後に閥を形成するほど力を持った長州藩。一方で維新後目立った登用がなかった水戸藩。今週登場し…

2021/6/6
青天を衝け 平岡円四郎と原市之進が慶喜を支え続けていたら、幕末の歴史はど…

歴史にif を持ち込むのはタブーである。それでも考えずにはいられない。全盛期には10万部を超える発行部数を誇った『歴史読…

2021/5/30
青天を衝け 江戸幕府、将軍後継争いと平岡円四郎が書いた「慶喜推薦状」秘話…

幼いころから「英邁」との評判が高かった徳川慶喜。風雲急を告げる時勢の中で、将軍後継候補に浮上する。かつて歴史ファンを虜に…

2021/5/23
青天を衝け パリ万博使節団に加わり、資本主義の実態に触れる【渋沢栄一の生…

幕末から明治・大正・昭和の初めを生きた渋沢栄一。彼の足跡は実業界だけでなく、民間外交・教育・福祉と多方面に広がる。91年…

2021/5/22
青天を衝け 「貴人情けを知らず」か、はたまた――。徳川慶喜と平岡円四郎の…

最後の将軍徳川慶喜側近の平岡円四郎。大河ドラマ『青天を衝け』での堤真一の好演で、知名度が増している。かつて歴史ファンを虜…

2021/5/16
青天を衝け 文武両道に励み、尊王攘夷思想に傾く【渋沢栄一の生涯を知る1】

幕末から明治・大正・昭和の初めを生きた渋沢栄一。彼の足跡は実業界だけでなく、民間外交・教育・福祉と多方面に広がる。91年…

2021/5/9
青天を衝け 【渋沢栄一 心のことば2】刺激に満ち溢れた、毎日を過ごすため…

■何故に、“光陰矢の如し”となるのか? 時間に長いも短いもないはずなのですが、年を追うごとに一年の経つのがやけに早く感じ…

2021/5/8
青天を衝け 渋沢栄一。本当は「エイイチ」ではなく「ヒデカズ」だった!? …

大河ドラマの主人公・渋沢栄一。幕末から明治にかけて、名乗りを変えていたことが知られている。〈えいいち〉の名乗りも実は〈ひ…

2021/5/2
青天を衝け 渋沢栄一とは何者か?|鹿島茂さんが解説する「日本資本主義の父…

「パリでサン=シモン主義に触れ、日本に資本主義を植え付けた超人です」 明治維新による日本の近代化の成功は“奇跡”だとよく…

2021/5/1
青天を衝け 民族的自覚と覚醒を促した「劇薬」としての尊攘思想。江戸の儒学…

ペリー来航以降、一部の若者は過激な尊王攘夷思想に傾倒していく。『青天を衝け』では、下野出身の儒学者・大橋訥庵がクローズア…

2021/4/25
青天を衝け 渋沢栄一を巡る旅|生誕の地・深谷を歩く

東京・上野からJR高崎線で約1時間半。煉瓦風の外観も荘厳な深谷駅に着く。栄一生誕の地に立つ駅舎は東京駅にそっくりだ。 深…

2021/4/24
1 2 3 4

ランキング

サライ最新号
2023年
2月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店