取材・文/沢木文

「女の友情はハムより薄い」などと言われている。恋愛すれば恋人を、結婚すれば夫を、出産すれば我が子を優先し、友人は二の次、三の次になることが多々あるからだろう。それに、結婚、出産、専業主婦、独身、キャリアなど環境によって価値観も変わる。ここでは、感覚がズレているのに、友人関係を維持しようとした人の話を紹介していく。

佑子さん(仮名・70歳)は、64歳からパートとして、ビル清掃会社で働いていた。5年間、友達だったと思っていた「社員さん」の秀美(仮名・59歳)さんに裏切られる形で会社を辞めた。

40年ぶりに働いたきっかけは、長男へのマイホーム購入資金援助

佑子さんは6年前に「パートのオバサン」としてビルの清掃会社の清掃スタッフになった。25歳からずっと専業主婦をしており、働くのは約40年ぶりだった。それまで働かなかったのは、「働くのは家の恥」だと思い込んでいたからだという。

「私たちの世代は、“夫の収入が低いから、それを補填するために妻が働く”という先入観があったんです。だから、働いたら主人に失礼だという思い込みもあった」

しかし、働かざるを得なくなったのは、夫の退職金の半額を、子供たちに与えてしまったから。

「主人は3歳年上なのですが、定年退職したとき退職金が5千万円ほど出たんです。年金もあるし夫婦2人悠々自適で暮らせると思っていたら、長男が“家を買うから1000万円ほど援助してくれ”と言うから、そうしたんです。そしたら次男も家を買うというので、かわいそうだから同額を援助。すると、嫁に行った末娘が“私も欲しい”というので、500万円援助。退職金が半額になったと同時に、主人がガンに。最新治療を尽くしても、あっけなく亡くなっちゃったんです」

子供たちはろくに見舞いも来なかった。

「結局、お金をくれる親が好きなんですよね。大学まで出してやったのに、何もしてくれない。その時私の手元には500万円しかなかった。お恥ずかしい話ですけれど、そのうち200万円を増やそうと思って、投資をしたら全てパーになってしまった。どうにもならなくて自治体の生活相談窓口に行ったら、“まだ若いし元気なのだから働きなさい”と言われて、清掃会社でパートをすることにしたんです」

佑子さんはそこで秀美さんに出会う。

「明るくて優しい社員さんで、研修時代から親切にしてくれた。とても声が大きくハキハキした人で、課長クラスの人なのに、研修時代から私に目をかけてくれたんです」

【パートのオバサンと、社員さんの友情が生まれたきっかけは……次のページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
6月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品