新着記事

アルパカストール|なめらかな肌ざわりで暖かい上質な襟巻き 猫を2匹以上飼うなら子猫のうちからがいい? 多頭飼いのウソホント|猫を2匹以上飼うなら子猫のうちからがいい? 世界的権威が絶賛するジャパニーズウイスキーの至宝「あかし2015」限定発売 シニアの再就職|再就職の際、最も苦労したことは「年齢制限の壁」 シニアの再就職|立ちはだかる「年齢制限の壁」と「スキル・経験不足」 「カロリーゼロ」は救世主?! その副作用に要注意!!【予防医療最前線】 「カロリーゼロ」には副作用がある【予防医療最前線】 久留米織りの作務衣|先染め織りで仕立てた風合い豊かな万能着 宇津ノ谷明治トンネルの入り口 「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅力とは? ウィーダはロケットペンダントに大好きな犬の写真を入れて身に着けていました 『フランダースの犬』は死んでいない?| 原作者ウィーダ女史の数奇な人生 定年後も安心! 桐谷さんの株主優待生活 夢の株主優待生活!?|『定年後も安心! 桐谷さんの株主優待生活 50歳から始めてこれだけおトク』 けやきの茶入れ|山中漆器の工房から生まれた愉快な茶入れ

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)

かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になってもセダンを求める人は多い。初代の登場から60年を経て今なお改良を重ねる日産の4ドアセダン、スカイラインの魅力を探る。

ヘッドライトとクロームメッキのグリルが迫力を演出。グリル中央には日産が海外で展開している高級車ブランド「インフィニティ」のエンブレムがあしらわれている。

近年、新たに登場する車は多人数が乗れるミニバンやSUV(多目的スポーツ車)が圧倒的に多い。かつては、ふたり乗りのスポーツカーやGTと呼ばれるスポーツ仕様のセダンを各社が揃えていた。

それらは評判が高く名車と謳れることもあったが、販売不振などを理由に車名を変えたり、生産中止になってしまった車種も多い。

そんな中、発売以来、車名はもちろん車の性格も変えずに半世紀以上も支持されている車がある。

1957年に初代がデビュー、今年で61年目を迎える日産スカイラインである。日本市場では4ドアセダンの人気が低迷しているが、昨年、13代目がマイナーチェンジ(小規模改良)された。

久しぶりに試乗したスカイラインは性能やデザインに磨きがかかり、“技術の日産、スポーツセダンの王者”という名声を感じさせる高性能な車に仕上がっている。

前傾姿勢を強調したスポーツセダンらしい躍動感あふれるスタイル。長めのボンネットと短めのトランク部分はスカイラインの伝統的な形状。低重心設計によって優れた走行性を発揮する。

ハンドル操作の安定感は秀逸

特筆すべきはその先進性だ。安全性能はもちろん、走行性能も最新の技術が実用化されている。

 

高級感が漂う洗練されたデザインの運転席回り。中央にふたつのタッチ式画面を備え、上画面に地図を表示、下画面でエアコンなどを操作する。

走り始めて感じるのは、安定感のあるハンドルの動き。荒れた路面でも突き上げ感はなく、不快な振動も伝わってこない。直進性を維持するので操舵がじつに楽だ。交差点での右左折も、ハンドルの動きに遅れることなくタイヤは方向を変え、小気味よく旋回する。

これはハンドルの動きを電気信号に置き換えてタイヤの動きを制御するという、量産車としては世界初となる装置によるもの。ハンドルの動きに“遊び”は少ないが、スポーツセダンならではのキビキビとした動きは、スカイラインの大きな魅力である。

体をしっかり支える前席。座面の前後移動や背もたれの角度は電動で調節可能。上級車種は素材に本革を採用し、シートヒーターが付く。

後席の着座位置はやや高め。座面が大きくて座り心地はいいが、頭上空間にさほど余裕はない。ハイブリッド車の背もたれは固定されている。

後席を倒すことのできないハイブリッド車の荷室でも、ゴルフバッグは4つ入る。ゴルフバッグの収納方法は荷室奥のプレートに記されている。

一時停止や信号をうっかり見落とす可能性があると、予め注意を促す

車体後部はフェンダーなどの張り出しを強調しているが、曲線を多用しており柔らかな印象を与える。ボディカラーは全9色を用意。

車の安全装備の進化は目覚ましく、自動ブレーキや全方位運転支援システムという言葉をよく耳にするようになった。それらを備えた車は車載カメラやレーダーなどで周囲の車の動きを検知し、衝突の危険があると車が判断すると警告灯やブザーなどで運転者に衝突回避の操作を促す。それでも運転者が減速できない時は自動でブレーキが作動し、衝突を回避したり、衝突時の被害を軽減させる。

日産は、前方車両のさらに前の車、つまり2台前の車の動きをレーダーでとらえて、減速したり警告を発する装置を開発。それを最新のスカイラインに搭載した。これも世界初となる技術である。

さらに、運転者の不注意で一時停止や信号を見落とす可能性があると車が判断すると、音声ガイドや画面表示で注意を促すという最先端の装備も用意する。これは通信によって取得した路上や交差点の情報を利用して行なわれる。

今回試乗した車種は、3.5L、V6ガソリンエンジンとモーターを備えるハイブリッド車。ほかに
4気筒2Lターボ付きのガソリン車もある。4輪駆動と後輪駆動を選べるが、前者はハイブリッド車のみの設定となっている。

ハイブリッド車のエンジンルーム。横置きされた306馬力のV6、3.5Lガソリンエンジンと電動モーターが収まっている。

 

【日産/スカイライン 350GT ハイブリッド タイプSP】

全長× 全幅× 全高:4815×1820×1440㎜
ホイールベース:2850㎜
車両重量:1810㎏
エンジン/モーター:V型6気筒DOHC/3498㏄:交流同期電動機
最高出力:306PS/6800rpm:68PS
最大トルク:35.7㎏ -m/5000rpm:29.6kg-m
駆動方式:後輪駆動
燃料消費率:17.8㎞/ℓ(JC08モード)
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン 70L
ミッション:マニュアルモード付き7速自動変速機/span>
サスペンション:前:ダブルウィッシュボーン 後:マルチリンク
ブレーキ形式:前・後:ベンチレーテッドディスク
乗車定員:5名
車両価格:555万9840円(消費税込み)
問い合わせ:お客様相談室 0120・315・232


文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2018年8月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 三菱エクリプス クロスで美味と絶景の南房総を旅してみた【石川真禧…
  2. 5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?
  3. ジャガー Eペイス|英国の名門ジャガーらしさが光る小型SUV【石…
  4. ダイハツの予防安全機能「スマアシⅢ」を体感! 驚くべき進化を遂げ…
  5. トヨタ クラウン|新たな輝きを放つ伝統の4ドアセダン【石川真禧照…
PAGE TOP