新着記事

【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が『野ざらし』を口演します

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部

沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとして、沖縄だけでなく全国からパン好きたちの注目を集めている、知る人ぞ知るパンの名店である。

写真:伊藤徹也

『宗像堂』では、掛け継ぎの天然酵母を使い、店主自作の石窯で、週に3日だけパンを焼く。焼きたてこそがもっとも美味いという通念に対して、焼いたその日より次の日、さらに次の日と少しずつ変化する味をこそ楽しんでもらうためだ。

シンプルながら素材の良さを最大限に引き出した、そのジワッと染み渡るような独特な旨さのパンを求めて、遠方からも多くの客が訪れる。

写真:伊藤徹也

今回はそんな知る人ぞ知る沖縄の名店『宗像堂』で人気の定番パン10種をご紹介しよう。

【No.1】
ライ麦入りカンパーニュ

納得いくサワー種に仕上げるまでに半年かかった力作。3種の酵母を使っている。食事の友として、煮込み料理にも、ワインにも非常に合うパン。

【No.2】
読谷カントリーブレッド

読谷の小麦を、もう少し食べやすくアレンジしたパンで、より柔らかいのが特徴。南城市の名店『胃袋』の料理会などでも使われている。

【No.3】
とうま100%

とうまとは、読谷で無農薬農家をしている当真嗣平さんのこと。その名前を冠してしまうくらい、力強さ、痛快さが小麦から感じられる。

【No.4】
バゲット(太)

宗像さんが自分で食べるときに選ぶのが、この太いバゲット。ぶつ切りにして、ワシワシと食べる感覚は、宗像堂のパンの理想を体現している。

【No.5】
プレーン角食

宗像堂の基本となるプレーン生地。食パンでありながら、噛むほどに味わい深い。“宗像堂らしさ”を感じさせる。毎朝食べても決して飽きない。

【No.6】
バナナ・こくるれ(小)

宗像堂の中で、常に一番人気のパン。こくれるとは、黒糖・クルミ・レーズンのこと。卵アレルギーなどでケーキが食べられないお子さんにもいい。この(小)は小サイズながら、具もたっぷりで大満足のパン。角切りバナナを織り込むと、変色して黒くなりづらい。クルミとレーズンもたっぷりと。

【No.7】
黒糖シナモンロール(小)

ほんのり、ではなく、きっちりとシナモンを効かせてある。それに合わせて甘味も塩気も、きっちりと。3つ連なったシナモンロール(大)がパーティー向けならば、スタンダードサイズのこちらは3時のおやつ向き。しっとりと食べ応えあり。

【No.8】
山原島豚ソーセージ・ベーグルロール

名護市にある『我那覇ミート』にあるソーセージをベーグル生地で包んだもの。肉の旨味、生地の旨味、どちらも噛むほどに味わい深く、相性抜群。

【No.9】
読谷チーズ

ニュージーランド産のゴーダチーズがパン生地と相まって深みを与えている。ハサミで入れた切れ目の表面の“焦げ感”も味わいのポイント。

【No.10】
黒糖チーズ

ほんのり甘じょっぱい味わいは、宗像さん曰く「食べてびっくり」の驚きのある味。溶け出たチーズがカリッとして、食感に変化を与えている。

*  *  *

以上、沖縄・宜野湾市にある知る人ぞ知るパンの名店『宗像堂』の人気パンを10種をご紹介した。どれも素朴だが、いかにも旨そうな貌をしているパンである。

写真:伊藤徹也

沖縄で丹精こめた天然酵母パン作りを続けている宗像堂、そのすべてがわかる本『酵母パン 宗像堂』が小学館より刊行された。美しい写真とともに、同店の成り立ちと思想、全てのパンの一覧リスト、そしてパンづくりのとっておきの秘訣やパンにあう特製スープのレシピまで網羅した一冊。興味あるかたはぜひ一読を。

【今日のパン好きのための一冊】
『酵母パン 宗像堂』
写真/伊藤徹也 文/村岡俊也
定価:本体2200円+税

小学館
https://www.shogakukan.co.jp/books/09310861

↑表紙画像をクリックで試し読みできます。

【宗像堂】
住所/沖縄県宜野湾市嘉数1-20-2
営業時間/10:00~18:00
定休日/水曜日
電話&FAX/098-898-1529

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP