新着記事

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部

沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとして、沖縄だけでなく全国からパン好きたちの注目を集めている、知る人ぞ知るパンの名店である。

写真:伊藤徹也

『宗像堂』では、掛け継ぎの天然酵母を使い、店主自作の石窯で、週に3日だけパンを焼く。焼きたてこそがもっとも美味いという通念に対して、焼いたその日より次の日、さらに次の日と少しずつ変化する味をこそ楽しんでもらうためだ。

シンプルながら素材の良さを最大限に引き出した、そのジワッと染み渡るような独特な旨さのパンを求めて、遠方からも多くの客が訪れる。

写真:伊藤徹也

今回はそんな知る人ぞ知る沖縄の名店『宗像堂』で人気の定番パン10種をご紹介しよう。

【No.1】
ライ麦入りカンパーニュ

納得いくサワー種に仕上げるまでに半年かかった力作。3種の酵母を使っている。食事の友として、煮込み料理にも、ワインにも非常に合うパン。

【No.2】
読谷カントリーブレッド

読谷の小麦を、もう少し食べやすくアレンジしたパンで、より柔らかいのが特徴。南城市の名店『胃袋』の料理会などでも使われている。

【No.3】
とうま100%

とうまとは、読谷で無農薬農家をしている当真嗣平さんのこと。その名前を冠してしまうくらい、力強さ、痛快さが小麦から感じられる。

【No.4】
バゲット(太)

宗像さんが自分で食べるときに選ぶのが、この太いバゲット。ぶつ切りにして、ワシワシと食べる感覚は、宗像堂のパンの理想を体現している。

【No.5】
プレーン角食

宗像堂の基本となるプレーン生地。食パンでありながら、噛むほどに味わい深い。“宗像堂らしさ”を感じさせる。毎朝食べても決して飽きない。

【No.6】
バナナ・こくるれ(小)

宗像堂の中で、常に一番人気のパン。こくれるとは、黒糖・クルミ・レーズンのこと。卵アレルギーなどでケーキが食べられないお子さんにもいい。この(小)は小サイズながら、具もたっぷりで大満足のパン。角切りバナナを織り込むと、変色して黒くなりづらい。クルミとレーズンもたっぷりと。

【No.7】
黒糖シナモンロール(小)

ほんのり、ではなく、きっちりとシナモンを効かせてある。それに合わせて甘味も塩気も、きっちりと。3つ連なったシナモンロール(大)がパーティー向けならば、スタンダードサイズのこちらは3時のおやつ向き。しっとりと食べ応えあり。

【No.8】
山原島豚ソーセージ・ベーグルロール

名護市にある『我那覇ミート』にあるソーセージをベーグル生地で包んだもの。肉の旨味、生地の旨味、どちらも噛むほどに味わい深く、相性抜群。

【No.9】
読谷チーズ

ニュージーランド産のゴーダチーズがパン生地と相まって深みを与えている。ハサミで入れた切れ目の表面の“焦げ感”も味わいのポイント。

【No.10】
黒糖チーズ

ほんのり甘じょっぱい味わいは、宗像さん曰く「食べてびっくり」の驚きのある味。溶け出たチーズがカリッとして、食感に変化を与えている。

*  *  *

以上、沖縄・宜野湾市にある知る人ぞ知るパンの名店『宗像堂』の人気パンを10種をご紹介した。どれも素朴だが、いかにも旨そうな貌をしているパンである。

写真:伊藤徹也

沖縄で丹精こめた天然酵母パン作りを続けている宗像堂、そのすべてがわかる本『酵母パン 宗像堂』が小学館より刊行された。美しい写真とともに、同店の成り立ちと思想、全てのパンの一覧リスト、そしてパンづくりのとっておきの秘訣やパンにあう特製スープのレシピまで網羅した一冊。興味あるかたはぜひ一読を。

【今日のパン好きのための一冊】
『酵母パン 宗像堂』
写真/伊藤徹也 文/村岡俊也
定価:本体2200円+税

小学館
https://www.shogakukan.co.jp/books/09310861

↑表紙画像をクリックで試し読みできます。

【宗像堂】
住所/沖縄県宜野湾市嘉数1-20-2
営業時間/10:00~18:00
定休日/水曜日
電話&FAX/098-898-1529

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP