新着記事

「桶狭間の戦い」異聞。たったひとりで出陣した信長を追った5人の側近たちの悲しきその後。【麒麟がくる 満喫リポート】

朝倉義景画像(心月寺蔵、福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館写真提供)

ユースケ・サンタマリア演じる朝倉義景は、作法・礼法にこだわり、細やかな気配りをする大大名だった!?【麒麟がくる 満喫リポート】

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その2

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その2~

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その1

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その1~

医療ジャーナリストが教える、がん治療の偽情報に惑わされないための処方箋

医療ジャーナリストが教える「やってはいけない がん治療 」

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

下がらない血圧……医者から「もうひとつ、お薬出しておきましょうか」と言われたら|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第2回】

下がらない血圧……医者から「もうひとつ、お薬出しておきましょうか」と言われたら|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第2回】
一生飲んでもその病気は「治らない」

「血圧、高めですね。お薬を出しておきましょう」と言われ、処方箋を持って薬局へ。薬剤師が薬を「忘れずに飲みましょう」と注意事項を説明しながら手渡してくれます。そしてひとこと。「一生のおつきあいですよ」。

これの意味することを、考えてみたことがありますか? 一生つきあうということは、飲みつづけても高血圧は治癒しないことを意味します。つまり降圧剤とは、高血圧を治す薬ではありません。降圧剤は基準値に近づけるため、血圧の数値を整えるに過ぎません。これは降圧剤に限りませんが、ほとんどの薬は対症薬なのです。

降圧剤を飲んでいる間は、血圧は下がるでしょう。しかし、飲むのを止めれば、また上がります。降圧剤を処方されたらそれを飲んで安心してしまってはダメ。食生活を見直すなり運動不足を解消するなり、血圧が上がった要因を潰していかないと、一生のおつきあいになってしまいます。

飲んでいる間は血管を広げるARB

最近の降圧剤の主な種類と作用を説明します。

(1)ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)
血圧を上げる働きをするアンジオテンシンIIという物質の生成を防ぎ、血管を広げて血圧を下げる。

(2)ARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)
上のACE阻害薬と同様、アンジオテンシンIIの生成を防ぐ薬だが、防ぎ方が異なる。ARBはアンジオテンシンIIが受容体に結合するのを妨げて、血管を拡張させ、血圧を下げる。

(3)カルシウム拮抗薬
カルシウムイオンが細胞内に流れ込むのを抑える薬です。血管を広げ、血圧を下げる。

(4)利尿薬
腎臓の塩分と水分を体外に排出する働きを促進する。

今、いちばんポピュラーな降圧剤は(2)のARBです。2000年ごろから使われている比較的新しい薬で、多くの医師が第一選択薬として処方しています。新しいお薬ですから、お値段も高めです。

この薬で血圧が思うように下がらなかった場合、「もうひとつ、お薬を出しておきましょうか」と、追加処方されることが多いです。ARBにカルシウム拮抗薬、さらには利尿薬と。日本は多剤処方する医師が多く、近年ポリファーマシー(多剤処方)が関心を集めるようになってきました。薬にはメリットもあればデメリットもあります。服用する薬の数は少ないに越したことはありません。

しかし、医師から「もうひとつ、お薬を……」と言われたら?

黙ってもらう人がほとんどでしょう。そして2つも3つも飲みきれないと飲まなかったり。引き出しにため込んだり……。薬とのつきあい方として、やってはいけないパターンです。

では、患者はどんな対応をすればいいでしょうか? ひとつは、「降圧剤にもいろいろあると聞いていますが、ほかの薬に替えられませんか?」と聞いてみることです。「薬の種類、増やしたくないのですが……」と率直に言ってもいいでしょう。

降圧剤の種類はたくさんあります。薬と人にも相性というものがあります。数ある薬の中から自分に合った薬を選んでもらってください。

その最高血圧値、本当に下げる必要があるか?

ところで「高血圧」の診断基準はここ20年で大きく引き下げられているのをご存知でしょうか? 現在のガイドラインでは、75歳未満なら、上は140mmHg以上、下は90mmHg以上で「高血圧」と診断されます。しかしこの基準は2014年に設定されたもので、それ以前はもっと高い値でした。

高血圧の基準値の“変遷”をザッと見てみましょう。

●1999年まで:(70歳未満)最大160未満/最少95未満 (70歳以上)180未満/100未満
●2000年改定:(60歳未満)130未満/85未満  (60〜69歳)140未満/90未満 (70〜79歳)150未満/90未満 (80歳以上)160未満/90未満
●2014年改定:(75歳未満)140未満/90未満 (75歳以上)150未満/90未満
*厳密にはもっと細かい改定がありますが割愛します。(単位はmmHG)

血圧を下げることには、実はリスクも伴います。降圧剤で血管を広げれば、血圧は下がります。しかし血圧が下がるということは、血流の勢いが下がるということです。血液が身体の隅々まで行き渡らなくなるリスクが生じます。血流が悪くなれば肩が凝ったり、だるくなったり、頭がボーッとしたり。さまざまな症状が出て来ます。

近年、降圧剤の副作用として脳に十分な血液が行き渡らないことによる認知症やうつ状態の促進、脳の血管が詰まる脳梗塞を引き起こすリスクが指摘されています。

私は人それぞれに「ちょうどいい血圧」があると思っています。自分が健康に暮らしている時の血圧が、自分にとっての正常値なのではないでしょうか。血圧計は病院の待合室やスポーツジムなどにも置かれていますので、気がついたときに計測しておくといいかもしれませんね。

構成・文/佐藤恵菜

宇多川久美子(うだがわ・くみこ)

薬剤師、栄養学博士。一般社団法人国際感食協会理事長。健康オンラインサロン「豆の木クラブ」主宰。薬剤師として医療現場に立つ中で、薬の処方や飲み方に疑問を感じ、「薬を使わない薬剤師」をめざす。薬漬けだった自らも健康を取り戻した。現在は、栄養学や運動生理学の知識も生かし、感じて食べる「感食」、楽しく歩く「ハッピーウォーク」を中心に薬に頼らない健康法をイベントや講座で多くの人に伝えている。近著に『薬は減らせる!』(青春出版社)。

  1. マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

    マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

  2. 市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

    市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

  3. ちょっと待って! 「薬をやめてサプリメントに」の勘違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第24回】

    テレワークで便秘に悩む人が増加中。どんな薬が効くのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第25回】

  4. ちょっと待って! 「薬をやめてサプリメントに」の勘違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第24回】

    ちょっと待って! 「薬をやめてサプリメントに」の勘違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第24回】

  5. 処方薬より市販薬のほうが“効果的”な場合もあります|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第23回】

    処方薬より市販薬のほうが“効果的”な場合もあります|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第23回】

  6. 市販薬「ガスター10」を飲んでいいとき、悪いとき|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第22回】

    市販薬「ガスター10」を飲んでいいとき、悪いとき|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第22回】

  7. 今こそ知っておくべき。処方薬と市販薬の違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第21回】

    今こそ知っておくべき。処方薬と市販薬の違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第21回】

  8. 新型コロナウイルスのワクチンができるのはいつ?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第20回】

    新型コロナウイルスのワクチンができるのはいつ?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第20回】

  9. 花粉症は薬を飲みつづけていれば治るのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第19回】

    花粉症は薬を飲みつづけていれば治るのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第19回】

  10. ドラッグストアで買える「抗ヒスタミン薬」の効果は?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第18回】

    ドラッグストアで買える“花粉症の薬”「抗ヒスタミン薬」の効果は?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第18回】

  11. 「お薬手帳」を有効に使っていますか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第17回】

    「お薬手帳」を有効に使っていますか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第17回】

  12. 高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

    高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

  13. 薬と耐性菌のいたちごっこが生み出す「スーパーバグ」|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第15回】

    薬と耐性菌のいたちごっこが生み出す「スーパーバグ」|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第15回】

  14. インフルエンザに「抗生物質をください」のなぞ|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第14回】

    インフルエンザに「抗生物質をください」のなぞ|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第14回】

  15. インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

    インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

  16. 睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】

    睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】 マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべ…
  2. 市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】 市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない…
  3. ちょっと待って! 「薬をやめてサプリメントに」の勘違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第24回】 テレワークで便秘に悩む人が増加中。どんな薬が効くのか?|薬を使わ…
  4. ちょっと待って! 「薬をやめてサプリメントに」の勘違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第24回】 ちょっと待って! 「薬をやめてサプリメントに」の勘違い|薬を使わ…
  5. 処方薬より市販薬のほうが“効果的”な場合もあります|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第23回】 処方薬より市販薬のほうが“効果的”な場合もあります|薬を使わない…
PAGE TOP