新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

時間もお金もかからない「仙骨を温める」という健康法

文/鈴木拓也

「『健康マニア』と呼ばれるような健康情報に精通している人ほど、実は本当に健康な体を手に入れにくい」というのは、自治医大附属病院の招聘鍼灸師を務めるこの道26年のベテラン、中野朋儀さん。これまで約5万人の患者を診てきて確信したそうだ。

世の中には様々な健康法があり、どれも多かれ少なかれ効果はある。それなのに、「健康マニア」の人たちの多くが、健康とは言えないのは、「効果が出るまで継続することがほとんどない」せいだと、中野さんはみている。

中野さんが、患者から聞いた“続けられない理由”で一番多いのが「忙しいから」だそうで、その次に「疲れているから」と「お金がないから」となる。

そこで中野さんが、近著『仙骨を温めればすべて解決する』(SBクリエイティブ)で提唱しているのが、時間もお金もかからず、様々な不定愁訴や病気に効果があるという「仙骨」を温めること。多くの実践者がその効果を立証しているという。

仙骨とは、背骨最下部(腰椎)の直下、お尻の出っ張りのすぐ上にある手のひら大の骨。これは、骨盤の中央にあって、腹大動脈から枝分かれした多数の血管がそばを通り、最も長く太い神経である坐骨神経が走っている。さらに「八髎穴」(はちりょうけつ)といって、8つの重要な経穴つまりツボがある。

要するに、仙骨は骨格、血流、ツボの3点において重要な箇所であり、ここにトラブルが生じると様々な病気につながり、逆に癒すと症状も改善されると、中野さんは説く。そのためには、仙骨の部分を温めるのが良いという。そうすれば、血液・ホルモンの流れが良くなり、神経の働きが整えられ、ツボも適度に刺激されて、身体の調子が良くなるという。

さて、具体的にどうすればよいのだろうか? 中野さんが薦める方法を、本書からちょっとだけご紹介しよう。

■1:熱めのシャワーを当てる

まずは、熱めのシャワーを、仙骨のあるお尻の少し上に30秒間当てるという方法。水温は40度以上とし、10センチほど離した距離から当てるよう、中野さんはアドバイスする。理想は1度の入浴時に3セット行うことだそうだが、習慣化するまでは1セットでかまわないとのこと。

ちなみに「お風呂に浸かって温めれば同じ」ではないという。シャワーでピンポイントに温めるのが、血流を促し、副交感神経の機能を高めるのだそうだ。

■2:温熱シートで温める

中野さんがすすめるもう1つの方法が、40度程度の熱さの温熱シートを、仙骨の箇所に長時間貼るというもの。勤務中でもできるという利点があり、疲れや肩こりには速効的に効くという。

*  *  *

本書ではこれ以外にも、へそまわりのツボを温めてさらなる効果を生む方法や、体を温める食べ物など、「温める」をキーワードにした幾つかの手法が紹介されている。いずれもすぐに実行できて、長く続けられるものばかり。

すべて解決する、というのはやや勇み足な感あるが、これまで健康法をいろいろ試して続かなかった方は、試しにトライしてみてはどうだろうか?

【今日の健康に良い1冊】
『仙骨を温めればすべて解決する』
(中野朋儀著、本体1,300円+税、SBクリエイティブ)
http://www.sbcr.jp/products/4797391879.htm

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

【 サライ.jp の健康法関連記事】

※ 意外と生真面目!? 伊達政宗の「独眼流」健康法5つ

※ 1日25粒で体質改善!手軽でおいしく栄養たっぷり「ナッツ健康法」

※ 長寿の戦国大名・徳川家康が隠居後に熱中した健康法とは?

※ 長寿の禅僧が実践し続けた、朝一番の健康法「叩歯」とは?

長生きの秘訣!天下人・徳川家康の「長寿の極意」3か条

※ 養生法の大家・貝原益軒も「常に食べよ」と説いた大根の健康効果

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方
  2. 好みでシナモンかバニラエッセンスをひとふりして完成 アンチエイジング効果があると話題の「アーモンドミルク」の秘密
  3. 日本で初の「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬・断薬のすすめ」とは? 薬の9割はやめられる|日本初「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬…
  4. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
  5. 「年のせい」とほっといてはダメ!350万人以上がかかる病気、脊柱…
PAGE TOP