新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

健康

時間もお金もかからない「仙骨を温める」という健康法

文/鈴木拓也

「『健康マニア』と呼ばれるような健康情報に精通している人ほど、実は本当に健康な体を手に入れにくい」というのは、自治医大附属病院の招聘鍼灸師を務めるこの道26年のベテラン、中野朋儀さん。これまで約5万人の患者を診てきて確信したそうだ。

世の中には様々な健康法があり、どれも多かれ少なかれ効果はある。それなのに、「健康マニア」の人たちの多くが、健康とは言えないのは、「効果が出るまで継続することがほとんどない」せいだと、中野さんはみている。

中野さんが、患者から聞いた“続けられない理由”で一番多いのが「忙しいから」だそうで、その次に「疲れているから」と「お金がないから」となる。

そこで中野さんが、近著『仙骨を温めればすべて解決する』(SBクリエイティブ)で提唱しているのが、時間もお金もかからず、様々な不定愁訴や病気に効果があるという「仙骨」を温めること。多くの実践者がその効果を立証しているという。

仙骨とは、背骨最下部(腰椎)の直下、お尻の出っ張りのすぐ上にある手のひら大の骨。これは、骨盤の中央にあって、腹大動脈から枝分かれした多数の血管がそばを通り、最も長く太い神経である坐骨神経が走っている。さらに「八髎穴」(はちりょうけつ)といって、8つの重要な経穴つまりツボがある。

要するに、仙骨は骨格、血流、ツボの3点において重要な箇所であり、ここにトラブルが生じると様々な病気につながり、逆に癒すと症状も改善されると、中野さんは説く。そのためには、仙骨の部分を温めるのが良いという。そうすれば、血液・ホルモンの流れが良くなり、神経の働きが整えられ、ツボも適度に刺激されて、身体の調子が良くなるという。

さて、具体的にどうすればよいのだろうか? 中野さんが薦める方法を、本書からちょっとだけご紹介しよう。

■1:熱めのシャワーを当てる

まずは、熱めのシャワーを、仙骨のあるお尻の少し上に30秒間当てるという方法。水温は40度以上とし、10センチほど離した距離から当てるよう、中野さんはアドバイスする。理想は1度の入浴時に3セット行うことだそうだが、習慣化するまでは1セットでかまわないとのこと。

ちなみに「お風呂に浸かって温めれば同じ」ではないという。シャワーでピンポイントに温めるのが、血流を促し、副交感神経の機能を高めるのだそうだ。

■2:温熱シートで温める

中野さんがすすめるもう1つの方法が、40度程度の熱さの温熱シートを、仙骨の箇所に長時間貼るというもの。勤務中でもできるという利点があり、疲れや肩こりには速効的に効くという。

*  *  *

本書ではこれ以外にも、へそまわりのツボを温めてさらなる効果を生む方法や、体を温める食べ物など、「温める」をキーワードにした幾つかの手法が紹介されている。いずれもすぐに実行できて、長く続けられるものばかり。

すべて解決する、というのはやや勇み足な感あるが、これまで健康法をいろいろ試して続かなかった方は、試しにトライしてみてはどうだろうか?

【今日の健康に良い1冊】
『仙骨を温めればすべて解決する』
(中野朋儀著、本体1,300円+税、SBクリエイティブ)
http://www.sbcr.jp/products/4797391879.htm

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

【 サライ.jp の健康法関連記事】

※ 意外と生真面目!? 伊達政宗の「独眼流」健康法5つ

※ 1日25粒で体質改善!手軽でおいしく栄養たっぷり「ナッツ健康法」

※ 長寿の戦国大名・徳川家康が隠居後に熱中した健康法とは?

※ 長寿の禅僧が実践し続けた、朝一番の健康法「叩歯」とは?

長生きの秘訣!天下人・徳川家康の「長寿の極意」3か条

※ 養生法の大家・貝原益軒も「常に食べよ」と説いた大根の健康効果

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
  2. 「年のせい」とほっといてはダメ!350万人以上がかかる病気、脊柱…
  3. あなたの「舌」は大丈夫?100歳まで生きるための舌トレーニング
  4. 「足が痺れて動けなくなってしまう…」要手術の症状がストレッチで改…
  5. X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 …
PAGE TOP