西郷隆盛が犬との散歩を欠かさなかった理由【西郷隆盛よもやま話1】


文/内田和浩

維新の英傑として知られる西郷隆盛(さいごう・たかもり、1828-1877)は、上野や鹿児島に立つ銅像からもわかるように、相当な巨漢だった。

現存する西郷着用の軍服のサイズから割り出された西郷の身長は178cm、体重は108kgという。

そんな西郷は若い頃から、アウトドア派だった。西郷の趣味のひとつがイカ釣りで、名人の域に達していたという。しかし明治新政府に出仕するようになると、多忙もあって西郷の肥満は進んだ。

ドイツ人医師のホフマンから「このままでは命にかかわる」と減量をすすめられた西郷は、犬を連れて山野で狩猟をし、つとめてよく歩くようになった。1877年(明治10)に、西郷は西南戦争を起こすが、戦地でもつねに犬を連れ、時間があれば散歩や狩猟をしていたという。

後年、上野の銅像の除幕式の際、西郷の糸子夫人は「うちの人はこんな人じゃなかった」と不満をもらしたというが、これは容貌ではなく、絣の着流しで犬を連れている姿が気に入らなかったようだ。

夫人の本音としては、陸軍元帥にふさわしい瀟洒な姿にしてほしかった、ということだったのかもしれない。

文/内田和浩
1962年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経てフリーランスの編集者・ライターとして独立。日本史や仏教美術関連を中心に執筆。著書に『坂東三十三カ所めぐり』『ふるさとの仏像を見る』など。

※本記事は「まいにちサライ」2010年12月10日配信分を転載したものです。

【お知らせ】
『サライ』2018年2月号は「西郷隆盛」の大特集です。「命もいらず名もいらず、官位も金もいらぬ」と言い「敬天愛人」を貫いた維新の巨星「西郷(せご)どん」の数奇な生涯を辿り、「謎」を解き明かします。

詳細は画像をクリック!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で