新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)牡羊座~蟹座編

指を動かすだけで健康効果がある「指ヨガ」|『全身ポーズと同じ効果!! 指だけヨガ』

指を動かすだけで健康効果がある「指だけヨガ」のやり方

10号帆布のかぶせショルダーバッグ|ものの出し入れがしやすい、使い勝手がよく練られた帆布鞄

スタイルドライブエス|疲れやすい腰まわりをサポート。正しい運転姿勢に導く

【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調査を依頼された探偵が出した報告書の衝撃~その2~

【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調査を依頼された探偵が出した報告書の衝撃~その1~

明智光秀が松平竹千代(後の徳川家康)に食べさせた 〈美濃の干し柿〉。 取り寄せてみたら絶品だった【麒麟がくる 満喫リポート】

「もしかして白内障…?」ケアマネジャーが「白内障」の疑いがある人に眼科受診を勧める理由

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年
  2. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

長寿の戦国大名・徳川家康が隠居後に熱中した健康法とは?

家康と漢方 かつて江戸幕府の薬草園だった、東京・文京区にある『小石川植物園』。

60歳で長寿といわれた時代に、75年の人生をまっとうした徳川家康(1543~1616)。家康は生涯、焼き味噌や麦飯など粗食を好んで食し、それが長寿につながったといわれるが、老境に入ってからは漢方薬に強い興味を持つようになった。それも『和剤局方』『本草綱目』など中国から取り寄せた漢方の書物や医学書を熟読し、侍医に調合を命じたり、ときには自らが調製したりして、数々の薬をつくりだした。

風邪に効き目があったという「紫雪」(しせつ)や滋養強壮の「八味丸」(はちみがん)などの常備薬を、家康は専用の薬笥(くすりばこ)に蓄え、自ら服用するとともに大名たちにも分け与えた。家康が調合したとされる薬の入った古壺『びいどろ壺』(久能山東照宮博物館蔵)が今も残っている。

家康の薬の知識おける自信は過剰ともいえ、しばしば侍医たちの意見も無視することがあった。家康が鯛のてんぷらを食べて腹痛をおこし、それが原因で亡くなったという説はよく知られているが、このときも家康は食中毒と自己診断して、「万病円」という腹痛薬を持ってくるように指示している。

家康が、子の秀忠や幕府の医官に伝えた薬の知識は幕府の医事制度の礎となり、のちの小石川薬園(現在の『小石川植物園』)などの医療機関として結実したのだった。

文/内田和浩

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方
  2. 【ビジネスの極意】織田信長タイプのジョブズか、徳川家康タイプのクックか?|アップルに学ぶ理想のリーダーシップ 【ビジネスの極意】織田信長タイプのジョブズか、徳川家康タイプのク…
  3. 好みでシナモンかバニラエッセンスをひとふりして完成 アンチエイジング効果があると話題の「アーモンドミルク」の秘密
  4. 日本で初の「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬・断薬のすすめ」とは? 薬の9割はやめられる|日本初「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬…
  5. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
PAGE TOP