新着記事

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方

文/鈴木拓也

履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方

周知のとおり、年を重ねると多くの人が「足腰の痛み」に悩まされるようになる。ここで言う「足」は、実際には変形性膝関節症といった、「脚」のトラブルをもっぱら指してきた。そして、本来の「足」を意味する、くるぶしから下の部分については、あまり関心が持たれてこなかった。

それに対し、超高齢化社会においては「足」そして「靴」にも注意すべきと唱えるのは、ノンフィクション作家の「かじやますみこ」さんだ。

かじやまさんが、足と靴に関心を持ったのは、車にはねられ1年におよぶ治療とリハビリをしていた最中のこと。事故とは関係ない足首に痛みを感じ、理学療法士に相談したところ、市販のインソールを勧められる。それを靴に敷いて歩いたところ、痛みから解放されたという。

その体験から、靴が足の健康に及ぼす影響に関心を持ち、専門家を訪ね歩いて知識を深めた。そうして得た知見をまとめたのが、新書『健康長寿は靴で決まる』だ。

本書でかじやまさんは、「人生100年時代を元気に乗り切る」には、靴選びに慎重になるべきだと述べる。そして、多くの日本人が、そうとは意識せず自分に合っていない靴を履いており、足の問題を抱えている点を指摘。特にシニア年代は、土踏まずの「アーチ」にくずれやゆがみが生じ易く、まわりまわってロコモティブシンドロームの遠因になりうるとも。特に、「やってはいけない」靴の履き方として、以下を挙げている。

・紐靴の紐をほどかずに、そのまま足を入れる。
・スポッとかかとが抜ける靴を、「ま、いいか」と思って履いてしまう。
・靴ベラを使わず、かかとを踏みつぶすようにして革靴を履く。
・「今日はいつもより歩くから、ラクな靴にしよう」と大きめの靴を履いて出かける。

いずれも、日本人が好む、歩きやすいスタイルに思われる。しかし、足の安定性をサポート(ホールド)するという靴の機能が発揮されず、トラブルを招く履き方だという。

では、具体的にどうすれば正しい靴選びができるのだろうか?

以下、本書からかいつまんで紹介しよう。

■ヒールカウンターがしっかりしている

かかとの部分を支える芯材であるヒールカウンターは、ある程度の硬さが必要。それにより足首が安定するという。

靴擦れを心配してヒールカウンターが柔らかい靴を選びたくなるが、「かかとの柔らかい靴にいい靴はありません」という。サイズが合っていれば靴擦れは回避できるので、靴店ではヒールカウンターの硬さをチェックしておこう。

■足指のつけ根でソールが曲がる

歩行の際に、足指が曲がる位置、つまりつけ根でソールが曲がる靴を選ぶ。とりわけ、女性用の厚底靴には、歩行時にソールが全く曲がらないものがあるが、これは選んではいけない靴。

また、足指の曲がる位置とソールの曲がる位置がずれているのも、自分には合っていない靴なので、これも避ける。

■紐やベルトで靴を固定できる

筋力の衰えを感じる世代が留意したいのは、脱ぎ履きが楽なスリッポンなどより、「靴紐など甲の部分を包み込んで固定できる」靴を選ぶこと。そして、1日に数回締めなおす。これで足がしっかりと安定したものとなる。

■試し履きは慎重に

靴店では、目に留まった2~3点の靴の中から自分のサイズの在庫があるものを選んで、それを購入する人が多いだろう。しかし、ここはもっと慎重になるべきだと、かじやまさんは諭す。そもそも、サイズが同じ数値であっても、メーカーによって履いたときのサイズ感は「かなり違う」そうで、「あまりあてにならない」という。

じっくり時間をかけ、納得のゆくまで何足でも試し履きをするのが肝心で、「販売員の目は気にしない」。足のサイズは歩行の最中にも微妙に変わるので、売り場の中を歩き回り、つま先立ちするなどして、これはと思う一足を決めるようアドバイスする。

*  *  *

靴選びの基準は上に掲げたものばかりでなく、詳細は本書を読んでいただければと思うが、かじやまさんは、「靴を整え、足の健康を保つことは、寝たきりを防ぎ、健康寿命を延ばすことに大いに役立ちます」と強調している。
「たかが靴」という考えを改め、新しい一足は、健康に良いものを選びたいものだ。

【今日の健康に良い1冊】
『健康長寿は靴で決まる』

https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166611881

(かじやますみこ著、本体850円+税、文藝春秋社)

『健康長寿は靴で決まる』

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 靴の手入れ方法(革靴編) 簡単! 誰でも出来る革靴の手入れ方法【快適に過ごせる靴との出会い…
  2. 春から始めるランニング! 初心者用の靴選び【快適に過ごせる靴との出会いvol.11】 春から始めるランニング|軽い靴はNG! 初心者用の靴選び【快適に…
  3. ニュートラルプロネーション ふくらはぎが張った、土踏まずが痛い|その足の痛みはプロネーション…
  4. タイトな靴 巻き爪、外反母趾・内反小趾、腰痛|「タイトな靴」による体への影響…
  5. 靴紐図2 靴紐で靴の履き心地が変わる!【快適に過ごせる靴との出会いvol.…
PAGE TOP