新着記事

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方

文/鈴木拓也

履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方

周知のとおり、年を重ねると多くの人が「足腰の痛み」に悩まされるようになる。ここで言う「足」は、実際には変形性膝関節症といった、「脚」のトラブルをもっぱら指してきた。そして、本来の「足」を意味する、くるぶしから下の部分については、あまり関心が持たれてこなかった。

それに対し、超高齢化社会においては「足」そして「靴」にも注意すべきと唱えるのは、ノンフィクション作家の「かじやますみこ」さんだ。

かじやまさんが、足と靴に関心を持ったのは、車にはねられ1年におよぶ治療とリハビリをしていた最中のこと。事故とは関係ない足首に痛みを感じ、理学療法士に相談したところ、市販のインソールを勧められる。それを靴に敷いて歩いたところ、痛みから解放されたという。

その体験から、靴が足の健康に及ぼす影響に関心を持ち、専門家を訪ね歩いて知識を深めた。そうして得た知見をまとめたのが、新書『健康長寿は靴で決まる』だ。

本書でかじやまさんは、「人生100年時代を元気に乗り切る」には、靴選びに慎重になるべきだと述べる。そして、多くの日本人が、そうとは意識せず自分に合っていない靴を履いており、足の問題を抱えている点を指摘。特にシニア年代は、土踏まずの「アーチ」にくずれやゆがみが生じ易く、まわりまわってロコモティブシンドロームの遠因になりうるとも。特に、「やってはいけない」靴の履き方として、以下を挙げている。

・紐靴の紐をほどかずに、そのまま足を入れる。
・スポッとかかとが抜ける靴を、「ま、いいか」と思って履いてしまう。
・靴ベラを使わず、かかとを踏みつぶすようにして革靴を履く。
・「今日はいつもより歩くから、ラクな靴にしよう」と大きめの靴を履いて出かける。

いずれも、日本人が好む、歩きやすいスタイルに思われる。しかし、足の安定性をサポート(ホールド)するという靴の機能が発揮されず、トラブルを招く履き方だという。

では、具体的にどうすれば正しい靴選びができるのだろうか?

以下、本書からかいつまんで紹介しよう。

■ヒールカウンターがしっかりしている

かかとの部分を支える芯材であるヒールカウンターは、ある程度の硬さが必要。それにより足首が安定するという。

靴擦れを心配してヒールカウンターが柔らかい靴を選びたくなるが、「かかとの柔らかい靴にいい靴はありません」という。サイズが合っていれば靴擦れは回避できるので、靴店ではヒールカウンターの硬さをチェックしておこう。

■足指のつけ根でソールが曲がる

歩行の際に、足指が曲がる位置、つまりつけ根でソールが曲がる靴を選ぶ。とりわけ、女性用の厚底靴には、歩行時にソールが全く曲がらないものがあるが、これは選んではいけない靴。

また、足指の曲がる位置とソールの曲がる位置がずれているのも、自分には合っていない靴なので、これも避ける。

■紐やベルトで靴を固定できる

筋力の衰えを感じる世代が留意したいのは、脱ぎ履きが楽なスリッポンなどより、「靴紐など甲の部分を包み込んで固定できる」靴を選ぶこと。そして、1日に数回締めなおす。これで足がしっかりと安定したものとなる。

■試し履きは慎重に

靴店では、目に留まった2~3点の靴の中から自分のサイズの在庫があるものを選んで、それを購入する人が多いだろう。しかし、ここはもっと慎重になるべきだと、かじやまさんは諭す。そもそも、サイズが同じ数値であっても、メーカーによって履いたときのサイズ感は「かなり違う」そうで、「あまりあてにならない」という。

じっくり時間をかけ、納得のゆくまで何足でも試し履きをするのが肝心で、「販売員の目は気にしない」。足のサイズは歩行の最中にも微妙に変わるので、売り場の中を歩き回り、つま先立ちするなどして、これはと思う一足を決めるようアドバイスする。

*  *  *

靴選びの基準は上に掲げたものばかりでなく、詳細は本書を読んでいただければと思うが、かじやまさんは、「靴を整え、足の健康を保つことは、寝たきりを防ぎ、健康寿命を延ばすことに大いに役立ちます」と強調している。
「たかが靴」という考えを改め、新しい一足は、健康に良いものを選びたいものだ。

【今日の健康に良い1冊】
『健康長寿は靴で決まる』

https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166611881

(かじやますみこ著、本体850円+税、文藝春秋社)

『健康長寿は靴で決まる』

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 靴の手入れ方法(革靴編) 簡単! 誰でも出来る革靴の手入れ方法【快適に過ごせる靴との出会い…
  2. 春から始めるランニング! 初心者用の靴選び【快適に過ごせる靴との出会いvol.11】 春から始めるランニング|軽い靴はNG! 初心者用の靴選び【快適に…
  3. ニュートラルプロネーション ふくらはぎが張った、土踏まずが痛い|その足の痛みはプロネーション…
  4. タイトな靴 巻き爪、外反母趾・内反小趾、腰痛|「タイトな靴」による体への影響…
  5. 靴紐図2 靴紐で靴の履き心地が変わる!【快適に過ごせる靴との出会いvol.…
PAGE TOP