新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

江戸時代に花開いたカラフルなやきもの「色絵」の魅力に迫る展覧会《色絵 Japan CUTE!》

取材・文/池田充枝

色絵(いろえ)は、古九谷・柿右衛門・鍋島といった磁器や、野々村仁清・尾形乾山などによる京焼に代表される、江戸時代に花開いたカラフルなやきものです。

「色絵梅樹文水注」〔柿右衛門 江戸時代前期 出光美術館蔵〕

将軍家や御三家への贈物として、佐賀・鍋島藩で作られた特別なうつわ《鍋島》には、日本人の繊細な季節感が宿ります。一方、小袖意匠をアレンジした《古九谷》には、流行に敏感で、時に大胆なデザインを生活に取り入れる、斬新なファッション性がみられます。

仁清や乾山の《京焼》を飾る和歌・能の意匠は、豊かな文学の伝統を、遊戯性あふれる表現に仕立てたもの。そして世界の王侯貴族を魅了した《柿右衛門》と《古伊万里》は、カラフルで楽しい日本デザインに、国境を越える普遍的な魅力があることを物語っています。

このような愛らしくも絢爛な「色絵」のやきものの世界を紹介する展覧会《色絵 Japan CUTE!》 、東京の出光美術館で開かれています。(~2018年3月25日まで)

本展は、「季節を祝う、慶びを贈る」「ファッションと文学」「Japan CUTE、世界を駆ける」「かたち・色 百花繚乱」「色彩茶会(カラフル・ティーパーティ)」の5章に分けて、約180点の作品を展観し、色絵をより広く、カラフルな色彩を楽しむやきものとして紹介します。

「色絵松竹梅文大皿」〔鍋島藩窯 江戸時代中期 出光美術館蔵〕

本展の見どころを、出光美術館の学芸員、柏木麻里さんにうかがいました。

「色絵には、日本の魅力がぎゅっと詰まっています。その一つが、旧暦の繊細な季節感。のどかな春の川面に、桜の花を乗せた筏がゆらりゆらりと漂う《色絵花筏文皿(いろえはないかだもんさら)》の花筏は、3月3日に行われる曲水の宴(きょくすいのえん)にちなんだデザインです。今も京菓子の世界では、花筏は雛祭のお菓子として愛されています。

尾形乾山「色絵龍田川文透彫反鉢」〔江戸時代中期 出光美術館蔵〕

季節をうたう和歌も、色絵のデザイン・ソースになりました。尾形乾山の《色絵龍田川文透彫反鉢(いろえたつたがわもんすかしぼりそりばち)》は、和歌に詠まれた紅葉の名所、龍田川を、あでやかな紅葉と川の流れごと、そっとうつわに掬い上げたかのような懐石の食器です。

野々村仁清「色絵梅花文四方香炉」〔江戸時代前期 出光美術館蔵〕

愛くるしい形をかたどるのも、色絵の得意技。野々村仁清の《色絵梅花文四方香炉(いろえばいかもんよほうこうろ)》には、象の姿をした両耳がつき、蓋の上にはなんと、白うさぎがちょこんと乗っています。

愛らしさ満載の色絵はさらに、海をも越えてゆきました。柿右衛門の《色絵梅樹文水注(いろえばいじゅもんすいちゅう)》は、ヨーロッパの貴族に紅茶のポットとして愛用されたもの。春に向かうこの季節、ぜひ、皆様をお待ちしている可愛らしい色絵、絢爛と楽しいうつわの数々に出会いにきてください」

陶磁器を、男性目線の堅苦しいものではなく、女性目線の優しいものとしてとらえた楽しい展覧会です。気軽に足をお運びください。

【展覧会情報】
《色絵 Japan CUTE !》
会期:2018年1月12日(金)~3月25日(日)
会場:出光美術館
住所:東京都千代田区丸の内3-1-1帝劇ビル9階(出光専用エレベーター利用)
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
開館時間:10時から17時まで、金曜日は19時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし2月12日は開館)
http://idemitsu-museum.or.jp/

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  2. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
  3. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
  4. 大津絵 猫と鼠 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵 ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵― ゆ…
  5. 妖女襖絵 京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行展と…
PAGE TOP