新着記事

作家・石牟礼道子さんが問いかけた「食」の本来あるべき姿とは

文・撮影/大沼聡子私たちは日々、食べて生きている。昔とは違い、現代の暮らしは…

性欲減少だけじゃない!「男の更年期」が起こす体の不調あれこれ

文/緒方文大「生涯若々しくありたい!」と願う人は多いでしょう。しかし、男性は50代を…

国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

取材・文/藤田麻希今からおよそ1万3000年前から約1万年つづいた縄文時代。氷期が終わり、安…

天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法 第7回】

文/山本益博夏の土用丑の日が近くなると、「鰻の蒲焼」が必ず話題に上ります。「蒲焼」の焼けるに…

あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ・オンタリオ州の旅1】キングストン市内とサウザンアイランドクルーズ

写真・文/石津祐介カナダの中東部に位置し、トロントやオタワといった主要都市を要するオンタリオ…

それでも貴方は寝ないのか?「睡眠不足」の危険すぎる悪影響5つ

文/中村康宏睡眠、足りてますか?睡眠には、身体の状態を一定に保つ(恒常性を維…

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

江戸時代に花開いたカラフルなやきもの「色絵」の魅力に迫る展覧会《色絵 Japan CUTE!》

取材・文/池田充枝

色絵(いろえ)は、古九谷・柿右衛門・鍋島といった磁器や、野々村仁清・尾形乾山などによる京焼に代表される、江戸時代に花開いたカラフルなやきものです。

「色絵梅樹文水注」〔柿右衛門 江戸時代前期 出光美術館蔵〕

将軍家や御三家への贈物として、佐賀・鍋島藩で作られた特別なうつわ《鍋島》には、日本人の繊細な季節感が宿ります。一方、小袖意匠をアレンジした《古九谷》には、流行に敏感で、時に大胆なデザインを生活に取り入れる、斬新なファッション性がみられます。

仁清や乾山の《京焼》を飾る和歌・能の意匠は、豊かな文学の伝統を、遊戯性あふれる表現に仕立てたもの。そして世界の王侯貴族を魅了した《柿右衛門》と《古伊万里》は、カラフルで楽しい日本デザインに、国境を越える普遍的な魅力があることを物語っています。

このような愛らしくも絢爛な「色絵」のやきものの世界を紹介する展覧会《色絵 Japan CUTE!》 、東京の出光美術館で開かれています。(~2018年3月25日まで)

本展は、「季節を祝う、慶びを贈る」「ファッションと文学」「Japan CUTE、世界を駆ける」「かたち・色 百花繚乱」「色彩茶会(カラフル・ティーパーティ)」の5章に分けて、約180点の作品を展観し、色絵をより広く、カラフルな色彩を楽しむやきものとして紹介します。

「色絵松竹梅文大皿」〔鍋島藩窯 江戸時代中期 出光美術館蔵〕

本展の見どころを、出光美術館の学芸員、柏木麻里さんにうかがいました。

「色絵には、日本の魅力がぎゅっと詰まっています。その一つが、旧暦の繊細な季節感。のどかな春の川面に、桜の花を乗せた筏がゆらりゆらりと漂う《色絵花筏文皿(いろえはないかだもんさら)》の花筏は、3月3日に行われる曲水の宴(きょくすいのえん)にちなんだデザインです。今も京菓子の世界では、花筏は雛祭のお菓子として愛されています。

尾形乾山「色絵龍田川文透彫反鉢」〔江戸時代中期 出光美術館蔵〕

季節をうたう和歌も、色絵のデザイン・ソースになりました。尾形乾山の《色絵龍田川文透彫反鉢(いろえたつたがわもんすかしぼりそりばち)》は、和歌に詠まれた紅葉の名所、龍田川を、あでやかな紅葉と川の流れごと、そっとうつわに掬い上げたかのような懐石の食器です。

野々村仁清「色絵梅花文四方香炉」〔江戸時代前期 出光美術館蔵〕

愛くるしい形をかたどるのも、色絵の得意技。野々村仁清の《色絵梅花文四方香炉(いろえばいかもんよほうこうろ)》には、象の姿をした両耳がつき、蓋の上にはなんと、白うさぎがちょこんと乗っています。

愛らしさ満載の色絵はさらに、海をも越えてゆきました。柿右衛門の《色絵梅樹文水注(いろえばいじゅもんすいちゅう)》は、ヨーロッパの貴族に紅茶のポットとして愛用されたもの。春に向かうこの季節、ぜひ、皆様をお待ちしている可愛らしい色絵、絢爛と楽しいうつわの数々に出会いにきてください」

陶磁器を、男性目線の堅苦しいものではなく、女性目線の優しいものとしてとらえた楽しい展覧会です。気軽に足をお運びください。

【展覧会情報】
《色絵 Japan CUTE !》
会期:2018年1月12日(金)~3月25日(日)
会場:出光美術館
住所:東京都千代田区丸の内3-1-1帝劇ビル9階(出光専用エレベーター利用)
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
開館時間:10時から17時まで、金曜日は19時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし2月12日は開館)
http://idemitsu-museum.or.jp/

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動…
  2. 国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧…
  3. 奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会
  4. ぎえー!背筋が凍るほど怖い幽霊・妖怪画で酷暑の夏に涼しさを
  5. ミステリアスな能面と能衣装の名品を一挙公開!《特別展 金剛宗家の…
PAGE TOP