新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

長生きの秘訣!天下人・徳川家康の「長寿の極意」3か条

 

医療や漢方薬の研究に熱心だった徳川家康(大阪城天守閣蔵)。隠居後も健康への飽くなき追求は続き、鯛の天麩羅にあたった後は、誤診をしたとして御 典医 を追放している。

医療や漢方薬の研究に熱心だった徳川家康(写真/大阪城天守閣蔵)。隠居後も健康への飽くなき追求は続き、鯛の天麩羅にあたった後は、誤診をしたとして御 典医 を追放している。

現代のわれわれが想像する以上に、自らの体調に留意していた戦国武将。健康を害することは「お家の一大事」である。現代医療から見ても理にかなった彼らの健康術を紹介する。

戦国乱世に終止符を打った徳川家康(1543~1616)が、忍耐の末の天下獲得を成就させたのは「長寿」だった。織田信長49歳、豊臣秀吉62歳に対して、家康はなんと75歳(ともに数え)。仮に秀吉があと5年長命であったなら、歴史は大きく転換したであろう。

家康の長寿を支えたのは何か。医道史を専門とする國學院大学講師の宮本義己さんが語る。

「戦国武将は自身の健康に対して並々ならぬ関心を抱き、さまざまな健康術を実践していました」

戦国時代、健康を損なえば自身はもとより一族の命運は尽きてしまう。そんな過酷な時代にあって、自身の健康に配慮することは、武将として至極当然のことだったと宮本さんはいう。特に家康は、44歳の時に背中に腫瘍ができる大病を患ったことをきっかけに、健康志向が強くなったようだ。

「家康の健康術で目を引くのは、薬になる植物などを研究する本草学に基づく調薬です」(宮本さん)

曲直瀬道三(まなせどうさん)など当代一流の医師が記した医術の書物や、中国から取り寄せた漢方の書物などから本草学を学び、学者顔負けの知識を持っていた家康は、自ら薬研(やげん)と呼ばれる薬になる植物などをひくための道具を操り、薬を調合して服用していた。家康の薬の入った古壺が今も残されている。

そして、粗食である。八丁味噌の産地である三河(愛知県)生まれの家康は、豆味噌を丸めて焼いた焼き味噌や麦飯などの粗食を好んで食したと伝えられている。

『長篠篠合戦図屏風』(犬山城白帝文庫)に描かれた徳川家康軍。過酷なストレスに身をさらした戦国武将にとって健康であることは重大な命題だった。

『長篠合戦図屏風』に描かれた徳川家康軍。過酷なストレスに身をさらした戦国武将にとって健康であることは重大な命題だった(写真/犬山城白帝文庫蔵)。

■鷹狩りは一石二鳥の健康術

北里大学名誉教授の塩谷信幸さんはこう語る。

「麦飯を粗食といいますが、じつは白米の方が粗食。栄養学的には、麦飯や雑穀米の方が優れています。発酵食品の味噌は腸内で善玉菌を増やして消化吸収を促しますし、漬物や鮒鮨(ふなずし)など、当時食べていた保存食には、やはり整腸作用のある乳酸菌が含まれています。食生活に気を遣うのは、当時も今も理にかなった方法といえます」

鷹狩りもまた、家康の健康術のひとつ。ストレス解消になり、鷹とのコミュニケーションの妙もあり、心身ともに磨きをかけることで一石二鳥であった。

駿府(すんぷ/現在の静岡市)に引退してからも、医師たちを集めては、たびたび本草学の勉強会を催していたという家康。その生への執念が、260年も続いた泰平の世を生み出したといっても過言ではない。

<家康の健康法 >
1.麦飯、豆味噌の粗食に徹する
2.自ら薬研を操り薬を調合
3.鷹狩りで日頃の運動不足とストレスを解消

取材・文/平松温子

(本記事はサライ2014年12月号に掲載されたものです)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 50代男性ヘルニア患者の腰痛の原因「トリガーポイント」はどこ?【…
  2. 歳だから…とあきらめない!専門医が教える「ひざ痛」解消運動
  3. 北欧発のスポーツ「ノルディック・ウォーク」健康効果と上達のコツ
  4. 認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞…
  5. ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口…
PAGE TOP