新着記事

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

医師206名に聞いた「新型コロナウイルス」対策と予防法

白菜と春雨の中華炒め

【管理栄養士が教える減塩レシピ】甘みを感じる「旬の白菜」をたっぷり使ったご飯が進むおかず2品

ドクターエルCC|骨盤を立たせて疲労軽減。ほどよい硬さが心地よい

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

養生法の大家・貝原益軒も「常に食べよ」と説いた大根の健康効果

 トリミング大根

大根は様々な効能から「食べる万能薬」ともいわれる

貝原益軒(かいばら・えきけん、1630~1714)は江戸時代の儒学者で医者である。筑前(福岡)の黒田藩士の家に生まれ、京都で朱子学、本草学などを学んだ。40代の頃より執筆活動に入り、医学書、教育書、思想書など多くの著作を残し、中でも平易な文体で長生きするための様々な健康法を説いた『養生訓』は特に有名である。 

益軒が『養生訓』全8巻を完成させたのは、亡くなる前年の84歳のとき。彼が養生を勧める根拠は明快だ。「人間には天命があり、身体を大切にせずに自ら天命を縮めることは生命を与えてくれた父母に対する最大の不孝」という。

そして長生きをすれば、「日々新しい知識を得ることができ、今までできなかったことも実現できる」と説く。

長寿の秘訣は食欲、色欲、睡眠を適度に抑えることがもっとも肝要で、その理由をこと細かに論じている。飲食については2巻を割いて詳述しているが、益軒が「野菜の中でもっとも上等で常に食べるのがよい」と勧めているのが大根である。

 大根には、でんぷんの消化酵素であるジアスターゼが多く含まれ、胃酸過多、胃もたれ、胸やけなどに効果があるといわれる。また、ジアスターゼには焼き物の料理の焦げた部分に含まれる発癌物質の解消や、高い解毒作用もあるという。さんまの塩焼きに大根おろしは、理に適った食べ方なのである。さらに、大根の辛味成分であるアリル化合物にも、胃液の分泌を高めて消化を促進する働きや、せき止め、炎症を抑える殺菌作用などが認められている。大根はまさに「食べる万能薬」ともいえる食材である。

 ちなみに、芝居の下手な役者「大根役者」の言葉の由来には諸説あるが、そのひとつが、大根を食べても滅多に食あたりしないことに「当たらない役者」をかけたという説である。

文/内田和浩

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方
  2. 好みでシナモンかバニラエッセンスをひとふりして完成 アンチエイジング効果があると話題の「アーモンドミルク」の秘密
  3. 日本で初の「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬・断薬のすすめ」とは? 薬の9割はやめられる|日本初「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬…
  4. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
  5. 「年のせい」とほっといてはダメ!350万人以上がかかる病気、脊柱…
PAGE TOP