新着記事

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

高齢ドライバーのための安全運転のコツ3つ

文/鈴木拓也

「運転中にヒヤリとすることが多くなった」というサライ世代は少なくないだろう。感覚や判断力の衰えを自覚して、免許証の自主返納を考える方もいらっしゃるかもしれない。

今や運転免許保有者の約2割(約1,800万人)が65歳以上となり、日本の車社会も確実に高齢化が進んでいる。それを受け、2017年には道路交通法が改正され、一定の違反行為があれば認知機能検査を受けさせるなど、運転技能のチェック体制が厳格になりつつある。

そんな中、シニア世代が運転を続けるための情報や対策を盛り込んだ書籍『運転を続けるための認知症予防』(JAFメディアワークス)を上梓したのが、日本認知症予防学会理事長で鳥取大学医学部教授の浦上克哉氏だ。

『運転を続けるための認知症予防』(JAFメディアワークス)

本書で浦上教授は、「より一層、安全に気をつける必要があります」と前置きしながら、仮に軽度認知障害(MCI)であってもできる、安全運転のコツを多数載せている。

今回は、そのうち幾つかを紹介しよう。

■コツ1:出発前に目的地への道順を思い描く

軽度認知障害(MCI)になると、目的地や道順を忘れたり、間違えることがある。それを防止するには、出発する際に、どこへ向かい、何をするのか、道順を頭に描いて確認しておくとよいという。また、同乗者がいる場合、事前に確認し合うのも有効だ。

『運転を続けるための認知症予防』より引用

■コツ2:車間距離とキープレフトをしっかり意識する

軽度認知障害(MCI)で衰える機能の1つに、自分との距離を測る空間認知機能がある。これが衰えると、車間距離や走行車線を保てなくなることがあるという。

そこで、区画線などを参考に、車間距離と走行車線を保持するよう意識するとよいそうだ。

『運転を続けるための認知症予防』より引用

■コツ3:足の関節や筋肉を鍛えておく

高齢になると、関節・筋肉が硬くなる。これにMCIによる判断の遅れが加わって、アクセル/ブレーキの動作がどうしても遅くなる。

そこで、ふだんからイスを使った以下のようなトレーニングをしておくとよいという。

(1)椅子に座って爪先を上げる。

(2)次ぎにかかとを上げる。これを繰り返す。

椅子に座り(1)つま先を上げる(背屈)→(2)かかとを上げる(底屈)※『運転を続けるための認知症予防』より引用

また、新車の購入を考えているのであれば、衝突被害軽減ブレーキ、ペダル踏み間違い防止装置などの先進安全技術が導入された車種の検討がオススメだという。補助金を出してくれる自治体もあるというから、ぜひ調べておきたい。

前方衝突や車線逸脱といった危険事象を知らせる安全運転支援機能搭載のドライブレコーダーも市販されている。自分の運転が危険なものになっていないかを後でチェックできるなど、多機能化されているので、クルマの買い替えと合わせて検討に値するだろう。

*  *  *

車の運転は、注意力や判断力といった様々な能力を鍛え、外出やリフレッシュの機会を増やすことで、認知能力の低下を抑える効果もあるという。本書には、高齢者が知っておきたい運転のコツだけでなく、自分がMCIであるかの判定・対処方法、認知症への進行を防ぐためのメソッドなども豊富に解説されている。末永く安全運転を続けたい方には、ぜひお勧めしたい1冊である。

【今日の健康に良い1冊】
『運転を続けるための認知症予防』
(浦上克哉著、本体2,300円+税、JAFメディアワークス)

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

イラスト/伊東ぢゅん子(http://itojunko.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。 アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠し…
  2. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  3. 高齢ドライバーに多発するブレーキとアクセルの踏み間違いは予防できる|『【図解】「ペダルの踏み間違い」はこれで防ぐ』 ブレーキとアクセルの踏み間違いは予防できる!?|高齢ドライバーに…
  4. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
  5. 認知症の高齢者の増加とともに深刻化しているゴミ屋敷問題! 最悪の事態を招く前にすべき対策とは… 認知症の高齢者の増加とともに深刻化している「ゴミ屋敷」問題|対処…
PAGE TOP