新着記事

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

サラエヴォ市民の命をつないだ「希望のトンネル」|ボスニア・ヘルツェゴヴィナ民族紛争を振り返る

文・写真/晏生莉衣1990年代前半、壮絶な民族紛争が繰り広げられたボスニア・ヘルツェゴヴィナ…

美味しいものを美味しく食べたい|味覚障害と唾液の深い関係(前編)

味覚障害はなぜおこる?|味覚障害と唾液の深い関係

味覚障害についておいしく味わって食べることは人生の大きな喜びですね。そのためには丈夫な歯と顎、そ…

【ビジネスの極意】できる人のフリをする迷惑な人たち

【ビジネスの極意】できる人のフリをする迷惑な人たち

「仕事ができる人」と「仕事ができない人」は社内に確実に存在する。問題なのは「仕事ができない人」が自分…

クールビズでもノータイはちょっと…という人にリンクルカラーを推す理由

近年はクールビズが浸透し、夏場のノーネクタイが定着した感もありますが、シャツだけでは首元が淋…

世界中からプレスやソムリエなどが集まり、現在のシャンパーニュの最新の流れや傾向を知るため試飲を繰り返す。

小さな農家の生産者が造るオリジナルのシャンパーニュ|シャンパンの新潮流を味わう(フランス・ランス)

取材・文/鳥海美奈子フランスのシャンパーニュ地方では毎年、4月になると約1週間にわたり、「L…

姫路城

「日本の城」ランキング|名古屋城、松江城、犬山城が躍進!

日本国内に数多くある城。最近では城マニアも多く、城を訪れる人も多くなっている。そんな日本の城…

中高年のセカンドライフに関する意識調査

【私の理想のセカンドライフ】女性は「時間を気にせずゆっくりすごしたい」

新しい時代「令和」が幕を開けた。昭和、平成を生き抜いてきた中高年は、人生の後半(65歳以降)…

プロっぽい純銅製の玉子焼きで玉子焼き職人を目指すのだ!

日本料理店の厨房にしばしば常備されるのが、こんな銅製の玉子焼き器です。とはいえプロ専用と躊躇…

『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル)

マイケル・ジャクソンも歌ったジャズ名曲「オール・ザ・シングス・ユー・アー」の秘密|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道7】

第7回ジャズ・スタンダード必聴名曲(4)「オール・ザ・シングス・ユー・アー」文/池上信次今回…

『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』

1000駅走破した達人が推奨する「道の駅めぐり」という愉しみ|『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』

文/印南敦史文字どおり大型の10連休が終わり、しばらく祝日はおあずけとなる。次の連休が7…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  催し物についての記事一覧

  1.  

    稀少な「高麗仏画」の優品をまとめて拝見できる!「高麗仏画 香りたつ装飾美」展

         

    取材・文/藤田麻希朝鮮半島で470年間続いた高麗王朝時代は、仏教が国教と定められ、仏教文化が華開きました。特に13世紀なかばから14世紀を中心に制作された仏画は「高麗仏画」と呼ばれ、珍重されています。現在「高麗仏画」は世界中…

  2.  

    美しくも妖しきベルギーの「奇想の画家」の傑作が勢揃い!「ベルギー 奇想の系譜」展

         

    取材・文/池田充枝18世紀にかけて、自然科学の発達とともに啓蒙思想がヨーロッパを席巻…

  3.  

    圧倒的迫力でヨーロッパ絵画の歴史を一望!ロシアの至宝「大エルミタージュ美術館」展

         

    取材・文/池田充枝1712年から1914年のロシア革命まで、帝政ロシアの都として栄えたサンク…

  4.  

    春の季節にふさわしい華やかな万能ワイン!シャトー・メルシャンの「ロゼワイン」4種飲み比べてみた

         

    取材・文/編集部いま海外のワイナリーやワイン愛好家が注目しているワインのカテゴリーと…

  5.  

    世界が認めたおそるべき画力!世界屈指の「河鍋暁斎コレクション」が英国から東京・渋谷に里帰り中

         

    幕末から明治時代にかけて活躍した絵師・河鍋暁斎(かわなべきょうさい/1831~89)は、日本…

  6.  

    初摺(しょずり)ならではの濃密な色彩に感動!至高の浮世絵を堪能できる「広重ビビッド」展 

         

    浮世絵は、絵師が描いた下絵をもとに、彫師が版木に図柄を彫り、摺師が版木をもとに色付けして完成する分業…

  7.  

    これが幕末男たちの面構え!日本写真史の夜明けを貴重な写真でひもとく展覧会

         

    1839年、フランス人のダゲールが銀板を用いた初の写真法を発表。そのわずか4年後には、オラン…

  8.  

    当代人気の噺家4人が集結!第9回「COREDO落語会」が4月8日(土)に開催

         

    当サイト『サライ.jp』に「ひと皿の歳時記」を連載していた山本益博さんプロデュースによる落語イベント…

  9.  

    兵庫県を代表する二大名窯の名品が集結!「丹波焼と三田焼の粋を集めて」展

         

    平安末期(12世紀後半)に丹波国(現・篠山市今田)で創製された丹波焼。当初は壺・甕(かめ)・…

  10.  

    時代を超越したグラフィックデザインの先駆者!「杉浦非水~開花するモダンデザイン~」展

         

    文/藤田麻希明治から大正時代にかけて、百貨店は今とは比べものにならないほど、ハイカラで最先端…

  11.  

    古今亭志ん輔師匠がトリで『愛宕山』を口演! 「第71回人形町らくだ亭」4月17日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。2017年4月の公演では古今亭志ん輔が主任(トリ)を勤…

  12.  

    アウトサイダーアートの巨匠による壮大な異世界の叙事詩!「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」展

         

    美術の制度の外側にある人たち、すなわち独学者や子どもたちによって生み出された美術表現を「アウトサイダ…

  13.  

    イタリア・オペラの最高峰『オテロ』@新国立劇場【ご招待あり】

         

    名作オペラには文豪の作品を原作にしたものが数多くあるが、オペラ化された作品が多い文豪といえば…

  14.  

    俗世を離れて隠れ住む!憧れの隠遁生活をテーマにした「楽しい隠遁 山水に遊ぶ」展

         

    隠遁(いんとん)という言葉の語彙を引くと「俗世間を逃れて隠れ住むこと。遁世。庵を結び隠遁する…

  15.  

    日本画と洋画、二つの大河の流れを秘蔵の名品から感じる「絵画の潮流展」

         

    江戸時代の長い鎖国が解けて、西洋との交流がはじまった明治初期。日本でも西洋美術の手法で絵を描…

  16.  

    日本画の巨匠たちによる「理想的人物像」の饗宴!「HUMAN-ヒューマン-日本画にみる理想の人物表現」展

         

    「人」は、古今東西の画家たちを魅了してやまないモチーフです。近代の日本画においても、女性の端…

  17.  

    駆け抜けた才能、香り立つエキゾチズム!知られざる天才画家シャセリオーの大回顧展

         

    37歳で早逝した、フランス・ロマン主義を代表する画家に数えられるテオドール・シャセリオー(1819-…

  18.  

    これぞ暁斎ワールド!ロンドンから来た世界屈指の暁斎コレクションに酔いしれる展覧会

         

    時代が大きく揺れ動いた幕末から明治を生きた絵師、河鍋暁斎(1831—1889)は、幼いころに歌川国芳…

  19.  

    新生『MOA美術館』が仕掛ける美のたくらみとは【ご招待あり】

         

    尾形光琳、岩佐又兵衛の作品など、日本美術の重要な作品を所蔵している熱海の『MOA美術館』が、…

  20.  

    『暮しの手帖』に込めた美意識と情熱!「花森安治の仕事 ― デザインする手、編集長の眼」

         

    1948年、一冊の雑誌が創刊されました。今でも多くのファンを抱える『暮しの手帖』です。洋裁の…

  21.  

    華麗にして斬新!戦後日本画の旗手・加山又造の画業をたどる大回顧展

         

    戦後日本画の革新を担う旗手として活躍した加山又造(1927-2004)は、その功績で1997…

  22.  

    ニーナ・シモンの再来!注目の女性歌手「ブイカ」の来日公演【@ブルーノート東京】

         

    誰にでも、心の中には音楽の抽斗(ひきだし)がある。たとえば、ふと立ち寄ったカフェで、店内に流…

  23.  

    選りすぐりの名刀約30振がそろい踏み!「超・日本刀入門」展(静嘉堂文庫美術館)

         

    武士の魂“日本刀”は、千年におよぶ歴史のなかで、武器として武人を鼓舞するだけでなく、美術品と…

  24.  

    18世紀の二大都市「江戸」と「北京」を徹底比較!「江戸と北京 18世紀の都市と暮らし」展

         

    江戸の人口が100万人を超え、都市として著しい発達を遂げた18世紀は、中国では北京が清朝の首…

  25.  

    日本初公開の展示品が目白押し!英国で生まれ世界中で愛される「ピーターラビット」の大展覧会

         

    英国女性ビアトリクス・ポターによって生み出され、今や世界中で愛されているピーターラビット。『ピーター…

  26.  

    工芸=KOGEI の世界を体験できる「あたらしい工芸 KOGEI Future Forward」展が日本橋三越本店で開催

         

    もともと「工芸」は、明治黎明期に英語の「craft」の訳語として作られた言葉ですが、時代の変…

  27.  

    百花繚乱のバロック絵画が一堂に会する!「ブリューゲル、レンブラント、ルーべンス バロックの巨匠たち」展

         

    16世紀末から18世紀初めにかけてヨーロッパの広汎な地域に現れた美術様式を「バロック」と総称しますが…

  28.  

    ゴーギャンの影響受けた美の一派!評価高まる「ナビ派」初の本格展覧会「オルセーのナビ派」展

         

    1880年代末のパリ、ゴーガンの美学から影響を受けて自らを新たな美の「ナビ(ヘブライ語で“預言者”の…

  29.  

    ロシアの美貌の歌姫が「狂乱の場」を歌う!名作オペラ『ルチア』が新国立劇場で上演

         

    喜劇、悲劇、英雄伝説、歴史物語など、時代を超えて人々を惹きつけてきたオペラの物語のスタイルは…

  30.  

    交わした手紙を読んで実感!画家マティスとルオーの熱い友情と2人だけの秘密

         

    フランス近代絵画の巨匠、アンリ・マティス(1869-1954)とジョルジュ・ルオー(1871…

PAGE TOP