可憐な花鳥画を描いた日本画家、榊原紫峰(さかきばら・しほう1887-1971)。

京都に生まれ、京都市立絵画専門学校などで学んだ紫峰は、大正7年(1928)に自由な制作の場を求めて土田麦僊や村上華岳らと国画創作協会(国展)を結成。国展を舞台に革新的な作品を発表し、画壇に新風を吹き込みました。

昭和3年(1928)の国展解散後は、画壇からはなれ、孤高の生活のなかで自身の芸術を追求しました。

榊原紫峰《菊花》昭和15年(1940)頃 足立美術館蔵

花鳥画を一途に追求した日本画家、榊原紫峰の足跡を辿る展覧会が開かれています。(5月31日まで 会場:足立美術館)

本展の見どころを、足立美術館の主任学芸員、織奥かおりさんにうかがいました。

「榊原紫峰は、幼い頃から花や鳥、動物たちに深い愛情を寄せ、画家となってからは生涯花鳥画を描き続けました。

榊原紫峰《青梅》大正7年(1918)足立美術館

長い画業の中で、画風は大きく3期に分かれます。《青梅》は、西洋絵画の写実性や琳派の装飾性を研究していた前期の作品で、鮮やかな色彩と力強さを持っています。その後、徐々に内面的な深さを求めるようになると、色彩や強さからは離れていき、《菊花》《牡丹大和鵲》といった、細やかな視点と筆遣いで自然をとらえた作品を描いています。

榊原紫峰《牡丹大和鵲》昭和28年(1953)頃 足立美術館蔵

晩年になると《墨梅》などの水墨画が多くなります。厳しくも味わい深い水墨画の世界は、紫峰芸術がたどり着いた境地といえるでしょう。画風は変化しても、真摯な制作姿勢は一貫しており、生き生きとした鳥や植物からは、自然の美を見つめる紫峰の温かなまなざしも感じられます。

榊原紫峰《墨梅》昭和41年(1966)頃 足立美術館蔵

本展では初期から晩年までの作品を展示しています。清澄な花鳥画の世界をお楽しみください」

繊細でありながら力強くリアリティある紫峰の花鳥!! 会場でじっくりご堪能ください。

榊原紫峰《白鷺図》大正15年(1926)頃 足立美術館蔵

【開催要項】
没後50年 榊原紫峰 花鳥の美に魅せられた日本画家
会期:2021年3月1日(月)~5月31日(月)
会場:足立美術館
住所:島根県安来市古川町320
電話:0854・28・7111
開館時間:冬季(10月~3月)9時から17時まで
     夏季(4月~9月)9時から17時30分まで
     (新館の入館は閉館15分前まで)
休館日:年中無休
https://www.adachi-museum.or.jp
料金:HP参照
アクセス:HP参照

取材・文/池田充枝

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品