新着記事

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夕刊サライ

ガラパゴス化したプロセスチーズが進化中(福澤朗の美味・料理コラム 第10回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、福澤朗さんが執筆します。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)

日本人の食卓にもチーズは欠かせない食材のひとつになりました。

チーズはナチュラルチーズとプロセスチーズの2種類があり、ワインと一緒にいただく本格派チーズは、乳を発酵させ固めてから作るナチュラルチーズ。カマンベールやモッツァレラ、ゴーダやチェダーなど熟成など作り方によって様々な種類が。今回ご紹介するのは、日本で独自に進化したであろうプロセスチーズです。プロセスチーズはナチュラルチーズに乳化剤を加え、型にはめて造ります。加熱により乳酸菌や酵素が死滅しているため、これ以上は熟成しません。こんな話を聞くと、やっぱりナチュラルチーズに手が伸びると思いきや、このプロセスチーズが最近やたら美味しいのです。

私のイチオシは雪印メグミルク「6Pチーズ コクとうまみ」。ビールにも日本酒にも合う、濃厚な味わいで、先週ご紹介した「ぬれせん」や、焼き海苔と一緒にいただくと最高です。これさえあればつまみはいらないですね。

6Pチーズを始め、ナッツ入りやブラックペッパー入り、ベビーチーズやキャンディタイプのものなど、様々なプロセスチーズがコンビニやスーパーに並び、そのレベルの高さには驚かされます。まるで日本で進化したラーメンのごとく、プロセスチーズは日本ならでは。本場のナチュラルチーズとはまったく別の美味しさがあるんです。乳化剤が入っていてもいいじゃないですか、私はこれはこれでありだと思っています。ガラパゴス化により日本人が造り出した素晴らしいチーズ文化です。

日本で進化してきたプロセスチーズの位置づけはおやつやおつまみ。子どもにとってはお母さんに叱られないおやつ。カルシウムも摂取できますしね。お父さんにとっては手軽なおつまみ。まさに家族みんなが喜ぶ万能食材ですね。より一層進化し、ガラパゴス化し、
ジャパニーズチーズとして、世界に打って出ましょう。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)
昭和38年、東京都生まれ。昭和63年、早稲田大学第一文学部を卒業し、同年、日本テレビ入社。在局中はアナウンサーとして、数々のヒット番組に出演。また「ジャストミート」「ファイヤー」等の流行語も生み出した。2005年7月、フリーアナウンサーに。趣味は、日本酒、鉄道、和菓子屋巡り。特技は卓球。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP