新着記事

はきやすく便利!大人気「らくあきパンツ」にコーデュロイ版登場 昭和歌謡は終わらない 個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』 【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人の競演会です ミゼットにブルーバード ミゼットにブルーバードに小松崎茂の原画も!|松戸郊外でみつけた懐かしヴィークルのワンダーランド『昭和の杜博物館』 東・西日本で異なる“おにぎり事情”|日本人なら皆んな知っている「おにぎり」ってどんな形? 東・西で形が違う?|日本人なら知っておきたい“おにぎり”の話 常備したい冬の定番「味の浜藤」のおでんセット【サライのお取り寄せ】 オタワからキングストンまでを結ぶ202kmの運河 カナダ最大のアツモリソウ群生地と世界遺産リドー運河の終着地・首都オタワ 【カナダ・オンタリオ州の旅3】 顎関節症はこうして改善!|原因と予防・対策 スマホの使いすぎ、ストレス過多は要注意!|顎関節症の原因と対策 トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】 マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夕刊サライ

ガラパゴス化したプロセスチーズが進化中(福澤朗の美味・料理コラム 第10回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、福澤朗さんが執筆します。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)

日本人の食卓にもチーズは欠かせない食材のひとつになりました。

チーズはナチュラルチーズとプロセスチーズの2種類があり、ワインと一緒にいただく本格派チーズは、乳を発酵させ固めてから作るナチュラルチーズ。カマンベールやモッツァレラ、ゴーダやチェダーなど熟成など作り方によって様々な種類が。今回ご紹介するのは、日本で独自に進化したであろうプロセスチーズです。プロセスチーズはナチュラルチーズに乳化剤を加え、型にはめて造ります。加熱により乳酸菌や酵素が死滅しているため、これ以上は熟成しません。こんな話を聞くと、やっぱりナチュラルチーズに手が伸びると思いきや、このプロセスチーズが最近やたら美味しいのです。

私のイチオシは雪印メグミルク「6Pチーズ コクとうまみ」。ビールにも日本酒にも合う、濃厚な味わいで、先週ご紹介した「ぬれせん」や、焼き海苔と一緒にいただくと最高です。これさえあればつまみはいらないですね。

6Pチーズを始め、ナッツ入りやブラックペッパー入り、ベビーチーズやキャンディタイプのものなど、様々なプロセスチーズがコンビニやスーパーに並び、そのレベルの高さには驚かされます。まるで日本で進化したラーメンのごとく、プロセスチーズは日本ならでは。本場のナチュラルチーズとはまったく別の美味しさがあるんです。乳化剤が入っていてもいいじゃないですか、私はこれはこれでありだと思っています。ガラパゴス化により日本人が造り出した素晴らしいチーズ文化です。

日本で進化してきたプロセスチーズの位置づけはおやつやおつまみ。子どもにとってはお母さんに叱られないおやつ。カルシウムも摂取できますしね。お父さんにとっては手軽なおつまみ。まさに家族みんなが喜ぶ万能食材ですね。より一層進化し、ガラパゴス化し、
ジャパニーズチーズとして、世界に打って出ましょう。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)
昭和38年、東京都生まれ。昭和63年、早稲田大学第一文学部を卒業し、同年、日本テレビ入社。在局中はアナウンサーとして、数々のヒット番組に出演。また「ジャストミート」「ファイヤー」等の流行語も生み出した。2005年7月、フリーアナウンサーに。趣味は、日本酒、鉄道、和菓子屋巡り。特技は卓球。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP