新着記事

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

文/印南敦史きわめてニッチな一冊であると言えよう。なにしろ『名古屋の酒場』(大竹敏之…

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

毎日、出勤していても仕事が無いというケースがあります。就労していながらの「社内失業」の実態と…

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

オーナー社長の後継者は世襲制となっている会社も多いだろう。だが、その社長にリーダーシップがな…

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

生きていく上で欠かせないもののひとつが「お金」です。もちろん、お金がすべてではありませんが、…

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

近年、共働き世帯の増加によりPTA活動が大きな負担となり、PTAの必要性の議論やPTA廃止の…

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

陽光眩しい季節になりました。今年は新型コロナの影響で外出時間は減るかもしれません。それでも日焼けした…

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

文/池上信次「顔合わせ」の2回目です(前回はこちら)。ジャズは、誰とでも共演できるというのが…

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

テレビを見ていて、音がちゃんと聞き取れず、“聞き逃し”をしてストレスを感じた経験はありません…

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

休校期間が長かった学校は不利? 入試時期は変わる? 受験生の9割以上「受験に不安」、約8割受験勉…

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

写真・文/矢崎海里外国産も多く出回っているにんにくですが、5月~7月に旬を迎える野菜です。…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物展覧会/美術展

  1. 日本博  

    テーマは「日本人と自然」|日本の美を知る日本博[PR]

         

    東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とする文化プログラムが本格スタートスポーツの国際大会に併せて行なわれる文化の祭典としての「日本博」。日本人と自然をテーマに、この機会にしか体験できない豊かな催しが全国各地で始まる。「日本…

  2. 《アメリカン・ダゲレオタイプカメラ(ルイス・タイプ)》 1850年代初期 ガラス、鉄、真鍮、木  東京都写真美術館蔵  

    幕末から明治の日本の姿を伝える貴重な写真の歴史【日本初期写真史 関東編―幕末明治を撮る】

         

    取材・文/池田充枝幕末の開港とともに西欧からもたらされた写真は、侍たちに驚きをもって迎えられ…

  3.  

    絵師集団・狩野派の活躍を支えた鑑定と模写を実作で実感する【狩野派―画壇を制した眼と手】

         

    取材・文/池田充枝室町時代から江戸時代の画壇において400年もの長きにわたって中心的な役割を…

  4. アントニ・ガウディ(デザイン)、カザス・イ・バルデス工房《カザ・バッリョーの組椅子》1904-06年頃 カタルーニャ美術館蔵  (C)Museu Nacional d’Art deCatalunya,Barcelona(2019)  

    スペイン・世紀末カタルーニャの芸術を伝える展覧会【奇蹟の芸術都市バルセロナ ガウディ、ピカソ、ミロが愛したカタルーニャの熱気】

         

    取材・文/池田充枝スペイン、カタルーニャ自治州の州都バルセロナは、食文化、スポーツ、世界遺産…

  5. 国宝「毘沙門天・吉祥天・善膩師童子立像」毘沙門天・善膩師童子(平安時代・11世紀)吉祥天(大治2年:1127) 京都・鞍馬寺  

    北方を守護する毘沙門天像の優品が一堂に【特別展 毘沙門天 北方鎮護のカミ】

         

    取材・文/池田充枝須弥山の四方にいて仏教世界を守る神、四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天…

  6. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年  

    「何必館コレクション 北大路魯山人展 -和の美を問う-」で知る魯山人が追い求めた美[PR]

         

    書家、篆刻家として出発し、陶芸、書、絵画、漆芸、篆刻、金工など幅広い分野で作品を生み出したほか、それ…

  7.  

    銀座で「クイーンと遊ぼう」! 楽曲と音響技術が融合した『#013 QUEEN IN THE PARK 』の見どころ

         

    取材・文/前川亜紀1971年に結成された、英国のロックバンド・QUEEN(クイーン)…

  8. 国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)  

    出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

         

    取材・文/池田充枝令和2年(2020)は、わが国最古の正史『日本書紀』が編纂された養老4年(…

  9. 葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵  

    この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

         

    取材・文/池田充枝浮世絵の大部分を占めるのは、絵師が版下絵を描き、彫師、摺師の手を経…

  10. ソール・ライター《帽子》1960年頃、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation  

    時代を超えた伝説の写真家、創作の秘密【ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター】

         

    取材・文/池田充枝1950年代に華々しく活躍しながら、1980年代に表舞台から姿を消…

  11. 上村松園《春のよそをひ》1936(昭和11)年頃 絹本・彩色 山種美術館蔵  

    女性初の文化勲章を受章した美人画の名手【上村松園と美人画の世界】

         

    取材・文/池田充枝生涯にわたり美人画を描き続けた日本画家、上村松園(1875-1949)。…

  12. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵  

    ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐる展覧会【パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展】

         

    取材・文/藤田麻希花や装飾的な模様と女性を組み合わせた、アルフォンス・ミュシャによる優美なポ…

  13. 岡本太郎《太陽の塔》(50分の1)川崎市岡本太郎美術館蔵  

    「芸術は爆発だ!」岡本太郎の芸術世界に触れる【岡本太郎展】

         

    取材・文/池田充枝「芸術は爆発だ!」のフレーズで知られる芸術家、岡本太郎(1911-…

  14. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局  

    日本の文化の豊かさを知る催し「日本博」をご存じですか?[PR]

         

    スポーツの国際大会などをきっかけに、外国人との触れ合う機会が増えている。こうしたなかで、自らの文化の…

  15. 坂田一男《コンポジション》1936年 個人蔵  

    抽象絵画の先駆者・突出した前衛画家の謎を解く【坂田一男 捲土重来】

         

    取材・文/池田充枝キュビスム以降の抽象絵画の展開を核心で理解し、その可能性を究極まで推し進め…

  16. 奈良原一高《フィエスタ セビーリャまたはマラガ》<スペイン 偉大なる午後>より 1963-65年 (C)Ikko Narahara  

    写真集『スペイン 偉大なる午後』がニュープリントでよみがえる【奈良原一高のスペイン――約束の旅】

         

    取材・文/池田充枝1950年代後半、極限状態での生を見つめる<人間の土地>や<王国>などのシ…

  17. 東洲斎写楽「市川蝦蔵の竹村定之進」江戸時代/寛政6年(1794)頃 大判錦絵 ボストン美術館蔵 Photograph (c)2019 Museum of Fine Arts, Boston 展示期間2019年12月7日~2020年1月19日(東京会場)  

    日本が世界に誇る浮世絵の大傑作が集結!【大浮世絵展―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演】

         

    取材・文/池田充枝先の東京オリンピックに合わせて1964年10月、「オリンピック東京大会組織…

  18. 現在の東京駅丸の内駅舎(北口)(c)Yanagi Shinobu  

    東京駅の設計者、日本の第一世代の建築家・辰野金吾【辰野金吾と美術のはなし 没後100年特別小企画展】

         

    取材・文/池田充枝明治から大正にかけて日本の第一世代の建築家として活躍した辰野金吾(1854…

  19. 鏑木清方《築地明石町》1927(昭和2)年 絹本彩色・軸装 東京国立近代美術館蔵 (C)Nemoto Akio  

    美人画の鏑木清方、幻の名作を44年ぶりに公開【特集展示 鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開】

         

    取材・文/池田充枝東京・神田に生まれ、挿絵画家として画業をスタートさせた鏑木清方(1878-…

  20. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】  

    空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] 流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美】

         

    取材・文/藤田麻希「佐竹本三十六歌仙絵」という絵をご存知でしょうか。藤原公任(ふじわ…

  21. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈)  

    昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶】

         

    取材・文/藤田麻希美濃焼とは、岐阜県南部の美濃で焼かれたやきもの総称です。とくに桃山時代に隆…

  22. 国宝 海磯鏡 唐または奈良時代・8世紀 東京国立博物館(法隆寺献納宝物)(通期展示)  

    正倉院宝物と法隆寺献納宝物が一堂に【御即位記念特別展 正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―】

         

    取材・文/池田充枝正倉院宝物は、光明皇后が聖武天皇の御遺愛品をはじめとした品々を東大…

  23. アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum  

    “ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

         

    取材・文/池田充枝19世紀ロマン主義音楽を代表する作曲家、ピアニストとして広く知られ…

  24. フィンセント・ファン・ゴッホ《糸杉》1889年6月 メトロポリタン美術館 Image copyright (C)The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY  

    過去最大級の27か所からゴッホの作品が集合! 本邦初公開の『パリの屋根』も観られる!【ゴッホ展】

         

    取材・文/池田充枝強烈な色彩で人々を魅了し続ける画家、フィンセント・ファン・ゴッホ(…

  25. 大堰川対岸の桜越しに望む福田美術館  

    京都・嵯峨嵐山に和モダンの美術館誕生!!【開館記念 福美コレクション展】

         

    取材・文/池田充枝2019年10月1日、京都・嵐山の地に新しい美術館がオープンしました。…

  26.  

    1970年代以降のカルティエの現代作品が集合【カルティエ、時の結晶】

         

    取材・文/池田充枝1847年にルイ=フランソワ・カルティエがパリで宝飾店を創業し、2…

  27. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館  

    制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90年記念 岸田劉生展】

         

    取材・文/藤田麻希この二つの麗子像をご覧ください。どちらも画家の岸田劉生(1…

  28. 『冨嶽三十六景 凱風快晴(藍摺版)』茂木本家美術館蔵。(いずれも2019年9月10日から10月6日まで、「茂木本家美術館の北斎名品展」で展示)  

    北斎の裏名作「青富士」と、あの「躍るような波」は、いかにして生まれたのか?

         

    今年2019年は、葛飾北斎(1760-1849)が浅草聖天町遍照院境内の住まいで亡くなってから、ちょ…

  29. ジャン=ミシェル・バスキア Untitld,1982 Yusaku Maezawa Collection,Chiba Artwork (C) Estate of Jean-Michel Basquiat. Licensed by Artestar,New York  

    約130点の作品からバスキアと日本の関係を振り返る【バスキア展 メイド・イン・ジャパン】

         

    取材・文/池田充枝1980年代のアートシーンに彗星のごとく現れたジャン=ミシェル・バ…

  30.  

    150年経つ今も世界中で愛されるルイス・キャロルの世界的ベストセラーの魅力【不思議の国のアリス展】

         

    取材・文/池田充枝1865年の初版出版以来、170を超える言語に翻訳され、発行総部数1億部と…

PAGE TOP