新着記事

退職金・企業年金・私的年金も忘れずに。セカンドライフの収支もチェック【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後にもらえるお金はいくら!?|年金だけでなく、退職金・企業年金・私的年金の受け取れる総額を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

リタイア後の生き方とお金のことを考える【プランニング編】安心して豊かなセカンドライフを送るた…

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

「管理職」とはいったい何を「管理」するのか考えたことがあるだろうか? 「管理職」について、リ…

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

急須といえば常滑焼(愛知県常滑市)といわれるくらい、朱色の茶器はお馴染みの日用品だ。ところが…

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

構成・文/山津京子 佐世保市内に点在する、迫力満点の遺構27群2019年7月発行の『サライ8…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

学生時代の友人や恩師と会える同窓会。当時の楽しかった出来事や、淡い恋愛の思い出などがプレイバ…

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと進んだ織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三英…

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

取材・文/池田充枝日本が弥生時代といわれた、遥か1800年も昔の中国に起こった「三国志」は、…

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

綿布の感触が、素足になんとも心地よい雪駄をご案内。使われる綿布はジーンズ生地などで定評のある…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物展覧会/美術展

  1. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵  

    「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

         

    取材・文/池田充枝日本が弥生時代といわれた、遥か1800年も昔の中国に起こった「三国志」は、いまだに関心がもたれています。天下に比類なき大帝国であった漢王朝が、王朝内部の政争によって弱体化した2世紀末、その混迷に端を発し、各地の…

  2. 「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)  

    江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

         

    取材・文/池田充枝来年の2020年、東京で二度目となるオリンピック・パラリンピックが開かれま…

  3. 「平成狸合戦ぽんぽこ」セル付き背景画  (C) 1994 畑事務所・Studio Ghibli・NH  

    「アルプスの少女ハイジ」「平成狸合戦ぽんぽこ」日本アニメ革新者の業績を辿る【高畑勲展―日本のアニメーションに遺したもの】

         

    取材・文/池田充枝誰もが知っている「…

  4. 松方幸次郎 写真提供:川崎重工業株式会社  

    この男がいなければ国立西洋美術館はなかった!? 松方コレクションの流転の歴史を解き明かす【国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展】

         

    取材・文/藤田麻希上野にある国立西洋美術館が、松方幸次郎(1866-1950)という一人の人…

  5.  

    中国陶磁を代表する唐三彩の名品【唐三彩―シルクロードの至宝】

         

    取材・文/池田充枝20世紀初頭の中国で鉄道敷設工事中に発見され、その存在が知られるようになっ…

  6. 国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義  

    大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

         

    取材・文/池田充枝かつてヤマト政権が都をおいた土地として伝承され「国中(くになか)」とも呼ば…

  7. 源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵  

    知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

         

    取材・文/藤田麻希昨今の日本美術ブームで、美術館に出かけるかたは多いのではないでしょうか。何…

  8. 手塚治虫全集『鉄腕アトム』第1巻 表紙絵(1979年)(C)手塚プロダクション  

    “マンガの神様”手塚作品の魅力【生誕90周年記念 手塚治虫展】

         

    取材・文/池田充枝“マンガの神様”と称される手塚治虫(1928-89)。マンガ家であ…

  9. 重要美術品 藤原定信筆《石山切 (貫之集巻下断簡)》平安時代 12世紀 泉屋博古館蔵  

    かな文字がつくり出す美の世界【企画展 日本の書―和歌と詩のかたち】

         

    取材・文/池田充枝日本の詩を代表する和歌は、平安貴族の繊細な美意識により完成された「かな」に…

  10. 本来の屏風は和室で座って眺めるもの。あえて低い位置に展示されているので、お座敷にいる気分で作品の鑑賞ができます。  

    80代になっても進化し続けた「若冲の美」|商人時代に描いた絵から最晩年の美の極みに至るまで

         

    取材・文/末原美裕江戸時代絵画を代表する絵師として多くの人を魅了する伊藤若冲(1716—18…

  11. 《白紅梅織地朝顔麻葉模様浴衣》昭和時代 20世紀前半 東京都江戸東京博物館蔵 前期展示  

    ゆかた今昔物語【特別展 ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデザイン、いまむかし】

         

    取材・文/池田充枝和装離れが進む現代においても、ファンを増やしているのが夏の涼衣、ゆかたです…

  12. 重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺  

    師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

         

    取材・文/藤田麻希北鎌倉駅を出てすぐのところにある臨済宗大本山・円覚寺。高低差をいかした伽藍…

  13. 死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①  

    有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

         

    取材・文/池田充枝死絵(しにえ)とは、江戸時代後期に盛んになった浮世絵の一分野で、人気の歌舞…

  14. 唐獅子図屛風 狩野永徳筆 六曲一双のうち右隻 安土桃山時代・16世紀 宮内庁三の丸尚蔵館蔵  

    「紡ぐプロジェクト」が発信する日本美術の至宝展【美を紡ぐ 日本美術の名品―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―】

         

    取材・文/池田充枝昨年11月、皇室所縁の名品や国宝、重要文化財など貴重な美術品を広く国内外へ…

  15. 国宝 《一遍聖絵》(巻2、部分) 円伊筆、鎌倉時代、神奈川・清浄光寺(遊行寺)蔵、通期(巻替あり)*この場面は前期(4/13~5/12)展示  

    国宝『一遍聖絵』が全巻一挙公開! 時宗を総合的に紹介する京都初の展示【国宝 一遍聖絵と時宗の名宝】

         

    取材・文/藤田麻希日本史の授業で、必ずと言ってよいほど教わる鎌倉新仏教(浄土宗、臨済宗、浄土…

  16. グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》1901年  ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館  (C)Belvedere,Vienna,Photo:Jonannes Stoll  

    東京で約30年ぶりに開催! 過去最多のクリムト作品が一堂に会す展覧会【クリムト展 ウィーンと日本 1900】

         

    取材・文/池田充枝世紀末ウィーンを代表する画家、グスタフ・クリムト(1862-191…

  17. 小淵沢町(現・北杜市)、山梨県 (C) Mitsuaki Iwago  

    にゃんともカワイイ!! にゃんだか癒される!! 猫の写真がいっぱい!!【岩合光昭写真展 ねこづくし】

         

    取材・文/池田充枝岩合光昭(いわごう・みつあき)は動物写真で広く知られている写真家です。19…

  18. 仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵  

    空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

         

    取材・文/藤田麻希京都の玄関口として馴染み深い東寺(正式名称は教王護国寺)。五重塔が見えると…

  19. 歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵  

    猫、猫、猫。江戸時代の「猫ブーム」を垣間見る【特別展 いつだって猫展】

         

    取材・文/池田充枝昨今の猫人気は、なにも今はじまったことではなく、江戸時代にも「猫ブーム」は…

  20. 徳川家光 《兎図》 個人蔵  

    夏目漱石、伊藤若冲、徳川家光が描いた脱力系の問題作を見よ!【へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで】

         

    取材・文/藤田麻希昨今、「ゆるい」「脱力系」と表現されるような、決して上手く描かれたわけでは…

  21. 黒糸巻柄突兵拵(長船真長小太刀付属) 明治時代(19世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵  

    高綱・行光の古備前刀工から一文字・長船など各流派まで|「刀剣王国」備前の在銘作32振コレクション【日本刀の華 備前刀】

         

    取材・文/池田充枝日本刀の主要製作地(山城・大和・備前・相模・美濃)のうち、備前(岡山県南東…

  22. 『幻の花 ブルーポピー』2001年  

    日本画家・堀文子さんの創作の軌跡を辿る|京都と東京で「生誕100年 堀文子追悼展─旅人の記憶─」開催

         

    2月5日、100歳で亡くなった日本画家・堀文子さん。とどまることのなかった創作の軌跡を辿ることができ…

  23. トーベ・ヤンソン《イースターカード原画》1950年代 ムーミンキャラクターズ社蔵  

    家族そろってムーミンに会いに行こう【ムーミン展】

         

    取材・文/池田充枝フィンランドの芸術家、トーベ・ヤンソン(1914-2001)が生み…

  24. 《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵  

    トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美】

         

    取材・文/池田充枝オスマン帝国(1299年頃~1922年)の第7代スルタン、メフメト…

  25. 伊藤若冲 《紫陽花双鶏図》 絹本着色 一幅 139.4×85.1cm 米国・エツコ&ジョー・プライスコレクション  

    好評開催中の「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」|若冲以外のイチオシ絵師は岩佐又兵衛と狩野山雪

         

    取材・文/藤田麻希2016年に東京都美術館で開催された「若冲展」に、約45万人もの人が来場し…

  26. 高村光雲作「養蚕天女」大正13年(1924)宮内庁三の丸尚蔵館蔵 ※展示期間:3月5日(火)~31日(日)  

    御即位30年記念「両陛下と文化交流―日本美を伝える―」

         

    取材・文/池田充枝2019年4月30日、天皇陛下が御退位されます。御即位から30年、この記念…

  27. 横山大観《蓬萊山》昭和23年(1948)足立美術館蔵  

    横山大観と日本画の錚々たる巨匠の作品を一堂に【日本画家のつながり 横山大観をめぐる人物相関図】

         

    取材・文/池田充枝近代の日本画家たちは、画塾だけでなく、美術学校などでも多くの画家と親交を深…

  28. 「皇居のタヌキ」(写真提供:宮内庁)  

    天皇陛下御即位三十年記念展示 企画展「天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち」

         

    取材・文/池田充枝天皇陛下による生物学のご研究は広く知られています。特にお若いころか…

  29. ル・コルビュジエ「サヴォワ邸」(1928-31年)  

    国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

         

    取材・文/池田充枝2016年、国立西洋美術館がユネスコ世界文化遺産に登録されました。…

  30. 「プーとコブタが、狩りに出て…」『クマのプーさん』第3章、E.H.シェパード、ペン画、1926年、V&A所蔵 (C)The Shepard Trust  

    世界で一番有名なクマ【クマのプーさん展】

         

    取材・文/池田充枝食いしん坊でおっちょこちょい、今では誰もが知る世界で一番有名なクマである「…

PAGE TOP