新着記事

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

小学生の時には誰しも行ったことのある、工場見学。大人になって訪れると、より深い視点から見るこ…

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

あなたはなぜ働いているのですか? そんな問いにあなたはどう答えるのだろうか? 多くの人は「報酬」…

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

甘酒を用いて味噌床を作り魚は塩をして酒をくぐらせる東京・神宮前にある『日本料理一凛』の店主・…

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

いくつになってもスポーツに取り組むことが健康寿命延伸の秘訣とはよく言われることだ。今回、「100…

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

世界中の旅行者の34%*が「ミニマリズムは最も魅力的なインテリアデザインである」と回答し、世…

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

文/池上信次第12回ジャズ・スタンダード必聴名曲(7)「アイ・ガット・リズム」今回は…

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

人生100年時代と言われる現代。定年退職後の生活に不安を感じている人も少なくないだろう。…

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司民俗学者の柳田國男(1875~1962年)は日本人…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  旅行についての記事一覧

  1.  

    歴史を感じるリノベーション。新しくなった「南禅寺参道 菊水」へ行ってみた

         

    取材・文/末原美裕創業60年の歴史を持つ料理旅館「菊水」がリノベーションをし、食と時を味わう別邸「南禅寺参道 菊水」になったと聞き、早速うかがってみました。間口の広いエントランスを抜けると、上がり框があり、思…

  2.  

    ニッポンの近代造船のゆりかご浦賀造船所跡を訪ねる【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  3.  

    オバマ元大統領も訪れたバリ島の「聖なる泉」ティルタ・ウンプル。万病に効くという聖水を浴びると…

         

    文・写真/さいとうかずみ(インドネシア在住/海外書き人クラブ)インドネシアのバリ島に、「万病…

  4.  

    「観光列車」ランキング|乗ってみたい観光列車第1位は「くしろ湿原ノロッコ号」

         

    暑かった夏もようやく一段落、秋の行楽に最適な季節となってきた。最近では「観光列車」の人気が高…

  5.  

    知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【4】食とホテル事情

         

    取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

  6.  

    「苔」が美しい京都の寺4選

         

    取材・文/末原美裕「苔むす」という言葉もあるように、長い歳月をかけて京都に息付いてい…

  7.  

    世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

         

    写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

  8.  

    カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

         

    文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

  9.  

    知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3】インレー湖

         

    取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

  10.  

    クラフト・ジンによく合う本場スコットランドのつまみ5選

         

    文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)スコットランドでは近年、手…

  11.  

    都心の隠れ家「ホテル ザ セレスティン東京芝」に夫婦で泊まってみたら[PR]

         

    思いがけず急に2日間の休暇が取れたら、どうするだろう? 家にいるのも面白くないし、せっかくな…

  12.  

    日本人は世界一「シャワー室に落ちている髪の毛」が許せない!

         

    旅の計画を立てる時、ホテル選びは重要だ。予算や立地、料理など、各々重視する要素は違ってくるが…

  13.  

    知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【2】バガン

         

    取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

  14.  

    「ゴジラ岩」を知っていますか?夕日絶景ランキングTOP10

         

    一日の終わりを告げる夕日は、ほんの数分の間で表情が変わる。その幻想的な光景はまるで絵画のようで、いつ…

  15.  

    【参加者募集】京都・祇園の知られざる秘密をサライ編集長と探訪する特別企画を実施します

         

    文/編集部旅先で実際に「歩いてみればわかる」ことも多いけれど、普通に歩いても気付かないことっ…

  16.  

    サライ世代に聞いた「旅行の目的」ランキングTOP10

         

    文/編集部シニア世代に支持されているライフスタイル誌『サライ』の愛読者のみなさんに、…

  17.  

    ビールを片手に絵画鑑賞、クラブイベントもあり。イギリス人流、夜の博物館の楽しみ方

         

    文/塚田沙羅(海外書き人クラブ/ロンドン在住ライター)イギリスには、ロンドンの大英博物館を筆…

  18.  

    ここは日本?ロンドンの不思議な観光スポット「Kyoto Garden」を散策

         

    文/塚田沙羅(海外書き人クラブ/ロンドン在住ライター)ロンドン西部の高級住宅街として名高いケ…

  19.  

    知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【1】ヤンゴン

         

    取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

  20.  

    「姫路城」が3年連続1位!旅好きが選ぶ 日本の城ランキングベスト20

         

    日本が世界に誇る文化遺産である城。その地の歴史的なシンボルとして、人気の観光スポットとなっている。こ…

  21.  

    住んだ人がみな不幸になる「ルート66」の呪われた町。潜入取材の廃屋で見たものは…

         

    文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)アメリカはアリゾナ州に…

  22.  

    6日目《北見から美深へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

  23.  

    6日目《北見から美深へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

  24.  

    ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていない、極端に極彩色なロシアの旅(パラダイス山元の旅行コラム 最終回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

  25.  

    新幹線で食べたい!「東京駅弁」秋の最新おすすめ3選

         

    長距離列車の楽しみといえば、「駅弁」という方も多いでしょう。秋の行楽シーズンを前に、早くも秋の味覚を…

  26.  

    アルプスの渓谷を走る、ノスタルジックな狭軌道鉄道「ヘレンタール鉄道」

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)アルプスの国、オーストリアには、数…

  27.  

    江戸時代の面影を残す 絞り染めで栄えた有松【日本の古い街並み紀行 第4回】

         

    写真・文/石津祐介有松は、かつて江戸と京都を結んだ旧東海道の池鯉鮒(ちりゅう)宿と鳴…

  28.  

    スコットランド発、世界最高金賞のクラフト・ジンを訪ねて

         

    文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)スコットランドは、…

  29.  

    ならぬことはならぬもの!会津人の心意気「什の教え」と斗南藩【半島をゆく 歴史解説編 下北半島 3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  30.  

    5日目《根室から北見へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

PAGE TOP