新着記事

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

取材・文/柿川鮎子毎日ペットが使っているリードやキャリーケースなどには、国が定める安全性に関…

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

11月9日に開催された「特製おせち」を楽しむ会。会の様子はこちらでご報告していますが、当…

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

【サライ・インタビュー】保科正さん(ほしな・ただし、家具会社顧問、デザイナー)――家具を…

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

取材・文/坂口鈴香静岡に住む母親のトキ子さん(仮名・91)が認知症になり、上野明美さ…

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

取材・文/坂口鈴香離れて暮らしている親に介護が必要になると、「遠距離介護」の問題が大きく…

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関…

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相…

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

文/砂原浩太朗(小説家)「お手前いつの間にやら鮒(ふな)に似て参ったな。おうおうその…

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

リポート/西村覚良(岐阜県山県市在住の郷土史家)大河ドラマ『麒麟がくる』前半の舞台・美濃(岐…

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

落語世界のヒーロー、佐平次が縦横無尽に躍動する『サライ』本誌が主催する「人形町らくだ亭」。令和2…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

奈良

  1. 「茶がゆ定食」3200円。左奥から時計回りに赤出汁、小松菜のお浸し、海老サラダ、葛きりなどの箱膳、赤魚の焼き物と袱ふく紗さ 焼き(玉子 焼き)、茶粥、香の物、小芋、ひろうすの煮物、胡麻豆腐、湯葉と餅(生しようが姜風味の餡あん)。提供は7時~9時30分。外来客も注文可(予約不要)。  

    奈良は「早起き」に限る|朝めし自慢の奈良の宿5軒

         

    5組10名様 奈良のホテル・宿 宿泊券プレゼント※応募要項はこの記事の最後にあります。朝の奈良公園を散策し、香り高い茶粥で整える奈良ホテル奈良市高畑町  7:00朝食営業開始関西の迎賓…

  2.  

    サライ11月号|特集はフェルメールと秋の奈良旅、付録は特製スケジュール手帳です

         

    文/編集部サライ』2018年11月号を発売しました。今回の特集は、画家フェルメールの全作品と…

  3.  

    若き日の運慶の傑作!国宝・円成寺大日如来坐像を新緑の奈良に訪ねる

         

    春日山の原始林に覆われた柳生街道の隠れ里の古刹・円成寺。ここの国宝・大日如来坐像は、平安時代後期、運…

  4.  

    奈良・長谷寺に伝わる荘厳な宗教音楽「声明(しょうみょう)」を聴く会

         

    「声明(しょうみょう)」とは、インドに端を発する、仏典(お経)に節をつけた宗教音楽です。真言…

  5.  

    サライ1月号|特集は「日本酒」と「鮭」特別付録は北斎ブルーの万年筆です

         

    『サライ』2018年1月号は、本誌恒例「日本酒いま呑むべき30本」の大特集に、いまこそ味わい…

  6.  

    サライ12月号|特集は「ウイスキー」と「水墨画の年賀状」です。

         

    風土と歳月が醸す命の水「ウイスキー」の大特集に、誰でもカンタンにすぐ描ける「水墨画で寿ぐ年賀…

  7.  

    宿場町・五條の400年の歴史息づく街並みを歩く【暮秋の大和路散歩4】

         

    奈良は日本の原型ともいうべき古代文化が発展した地である。「まほろば」と呼ばれた豊かさが今も息づき、奈…

  8.  

    桜だけじゃない「秋の吉野」の魅力を堪能する散策路【暮秋の大和路散歩3】

         

    奈良は日本の原型ともいうべき古代文化が発展した地である。「まほろば」と呼ばれた豊かさが今も息づき、奈…

  9.  

    「日本最古の道」山辺の道を歩き古墳群を巡る【暮秋の大和路散歩2】

         

    奈良は日本の原型ともいうべき古代文化が発展した地である。「まほろば」と呼ばれた豊かさが今も息づき、奈…

  10.  

    東大寺から西大寺まで「佐保路・佐紀路」を歩く【暮秋の大和路散歩1】

         

    奈良は日本の原型ともいうべき古代文化が発展した地である。「まほろば」と呼ばれた豊かさが今も息づき、奈…

  11.  

    保存版!奈良を旅するなら泊まってみたい「町屋の宿」4軒

         

    取材・文/関屋淳子1300年という悠久たる時間が町のそこここに見え隠れする奈良。歴史ある町並…

  12.  

    サライ11月号|特集は「北斎を見よ」と「奈良〈古代史〉の旅」です。

         

    『サライ』2017年11月号は、世界が仰天した“画狂老人”ことご存知「葛飾北斎」の大特集に、…

  13.  

    天忠組シンポジウム in 東京|幕末の若き志士たちの熱き想いに触れる

         

    幕末の動乱期に、大和の地において新時代を切り開こうと命をかけた若き志士たちがいたことを、ご存…

  14.  

    あの松明はごく一部にすぎない!奈良・東大寺「お水取り」知られざる3つの真実

         

    文/田中昭三「お水取り」とは、奈良・東大寺の二月堂で行なわれる仏教行事。本来は旧暦二…

  15.  

    奈良の歴史・文化を深く学べる!知的好奇心を刺激する文化講座「大和文化会」〈新規会員募集中〉

         

    国のまほろば、たたなづく青垣――。サライ世代にとって「奈良」は歴史ロマンあふれる特別な場所だ…

  16.  

    【漢字クイズ】いくつ読めますか?奈良・春日大社にまつわる難読漢字クイズ!

         

    発売中の『サライ』11月号は「奈良」の大特集号です。その本誌記事から、今年20年ぶりの大改修…

  17.  

    ルーツは古代インド彫刻!国宝・薬師寺東塔の尖端を舞う飛天の謎を解く

         

    奈良市西ノ京(にしのきょう)町にある薬師寺の国宝・東塔(とうとう)。その塔の上部を飾る水煙(…

  18.  

    中秋の奈良大和路「とっておきの花景色」5選【風景写真家・原田寛の旬景散歩】

         

    ハギやヒガンバナの季節が過ぎると、のびやかな奈良の草原ではススキが秋風に花穂を揺らし、あちこちでコス…

  19.  

    初秋の奈良大和路「とっておきの花景色」5選【風景写真家・原田寛の旬景散歩】

         

    暑さも一段落して、吹く風にも秋の気配が漂いはじめる初秋の奈良は、古代人の息吹を肌で感じる絶好の季節。…

  20.  

    見るだけで涼しくなれる!? 「涼を呼ぶ美術」展で夏の暑さをしのぐ

         

    四季のはっきりした日本では、梅雨が明けると暑い夏がやってきます。古来、人々は夏の暑さをしのぐ…

  21.  

    奈良に桜を撮りに行く【風景写真家・原田寛の旬景散歩】

         

    【古都の旬景散歩】第2回~奈良のサクラはGWまで楽しめる4月上旬に今年3度目の奈良へ出かける予定であ…

  22.  

    今も順守されている謎めいた作法やタブーの数々! 東大寺二月堂の仏教行事「お水取り」の謎を解く(5)

         

    文/田中昭三奈良の東大寺二月堂で3月1日から2週間にわたって行なわれる、1250余年という長…

  23.  

    燃えさかる10本の巨大な松明が参拝者を焦がす! 1250年以上続く東大寺の仏教行事「お水取り」の謎に迫る(4)

         

    文/田中昭三奈良の東大寺二月堂で3月1日から2週間にわたって行なわれる、1250余年という長…

  24.  

    なぜ燃え盛る松明をもって堂内を走り回るのか?奈良・東大寺二月堂「お水取り」の謎に迫る(3)

         

    文/田中昭三奈良の東大寺二月堂で3月1日から2週間にわたって行なわれる、1250余年という長…

  25.  

    源流はなんと古代イランのゾロアスター教!奈良・東大寺二月堂「お水取り」の謎に迫る(2)

         

    文/田中昭三奈良の東大寺二月堂で3月1日から2週間にわたって行なわれる、1250余年という長…

  26.  

    1250年間一度も途絶えたことのない仏教行事!奈良・東大寺二月堂「お水取り」の謎に迫る(1)

         

    文/田中昭三奈良の東大寺二月堂で3月1日から2週間にわたって行なわれる、1250余年という長…

  27.  

    観音の聖地、奈良・長谷寺の本尊両脇侍が日本で初めて一般公開!「長谷寺の名宝と十一面観音の信仰」

         

    長谷寺(奈良・桜井市)は、朱鳥元年(686)、道明上人が天武天皇のために千体釈迦像(銅板法華説法図、…

  28.  

    752年から一度も絶えたことのない奈良・東大寺の仏教行事、その貴重な文化財が揃う「特別陳列 お水取り」

         

    3月1日(火)から14日間にわたって奈良・東大寺二月堂で行なわれる仏教行事「お水取り」(正式名称は修…

  29.  

    【入江泰吉が見た奈良・大和路を歩く】第4回 写真家が惚れ込んだ春日山に浮かぶ薬師寺と唐招提寺の破損仏

         

    戦後、ひたすら奈良・大和路の風景、仏像、行事などを撮り続けた写真家、入江泰吉(いりえ・たいきち 19…

  30.  

    【入江泰吉が見た奈良・大和路を歩く】第3回 写真家が生涯追いかけた斑鳩の名塔と白い道

         

    戦後、ひたすら奈良・大和路の風景、仏像、行事などを撮り続けた写真家、入江泰吉(いりえ・たいきち 19…

PAGE TOP