新着記事

シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

旅に持って出たい、爽やかな着心地のサマージャケットである。凹凸になった「シアサッカー」生地で…

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

奈良

  1. 若き日の運慶の傑作!国宝・円成寺大日如来坐像を新緑の奈良に訪ねる

    春日山の原始林に覆われた柳生街道の隠れ里の古刹・円成寺。ここの国宝・大日如来坐像は、平安時代後期、運慶の最初期の作として名高い。像は昨年末、多宝塔から新しい収蔵施設にうつされ、間近に拝観できるようになった。そ…

  2. 奈良・長谷寺に伝わる荘厳な宗教音楽「声明(しょうみょう)」を聴く会

    「声明(しょうみょう)」とは、インドに端を発する、仏典(お経)に節をつけた宗教音楽です。真言…

  3. サライ1月号|特集は「日本酒」と「鮭」特別付録は北斎ブルーの万年筆です

    『サライ』2018年1月号は、本誌恒例「日本酒いま呑むべき30本」の大特集に、いまこそ味わい…

  4. サライ12月号|特集は「ウイスキー」と「水墨画の年賀状」です。

    風土と歳月が醸す命の水「ウイスキー」の大特集に、誰でもカンタンにすぐ描ける「水墨画で寿ぐ年賀…

  5. 宿場町・五條の400年の歴史息づく街並みを歩く【暮秋の大和路散歩4】

    奈良は日本の原型ともいうべき古代文化が発展した地である。「まほろば」と呼ばれた豊かさが今も息づき、奈…

  6. 桜だけじゃない「秋の吉野」の魅力を堪能する散策路【暮秋の大和路散歩3】

  7. 「日本最古の道」山辺の道を歩き古墳群を巡る【暮秋の大和路散歩2】

  8. 東大寺から西大寺まで「佐保路・佐紀路」を歩く【暮秋の大和路散歩1】

  9. 保存版!奈良を旅するなら泊まってみたい「町屋の宿」4軒

  10. サライ11月号|特集は「北斎を見よ」と「奈良〈古代史〉の旅」です。

  11. 天忠組シンポジウム in 東京|幕末の若き志士たちの熱き想いに触れる

  12. あの松明はごく一部にすぎない!奈良・東大寺「お水取り」知られざる3つの真実

  13. 奈良の歴史・文化を深く学べる!知的好奇心を刺激する文化講座「大和文化会」〈新規会員募集中〉

  14. 【漢字クイズ】いくつ読めますか?奈良・春日大社にまつわる難読漢字クイズ!

  15. ルーツは古代インド彫刻!国宝・薬師寺東塔の尖端を舞う飛天の謎を解く

  16. 中秋の奈良大和路「とっておきの花景色」5選【風景写真家・原田寛の旬景散歩】

  17. 初秋の奈良大和路「とっておきの花景色」5選【風景写真家・原田寛の旬景散歩】

  18. 見るだけで涼しくなれる!? 「涼を呼ぶ美術」展で夏の暑さをしのぐ

  19. 奈良に桜を撮りに行く【風景写真家・原田寛の旬景散歩】

  20. 今も順守されている謎めいた作法やタブーの数々! 東大寺二月堂の仏教行事「お水取り」の謎を解く(5)

  21. 燃えさかる10本の巨大な松明が参拝者を焦がす! 1250年以上続く東大寺の仏教行事「お水取り」の謎に迫る(4)

  22. なぜ燃え盛る松明をもって堂内を走り回るのか?奈良・東大寺二月堂「お水取り」の謎に迫る(3)

  23. 源流はなんと古代イランのゾロアスター教!奈良・東大寺二月堂「お水取り」の謎に迫る(2)

  24. 1250年間一度も途絶えたことのない仏教行事!奈良・東大寺二月堂「お水取り」の謎に迫る(1)

  25. 観音の聖地、奈良・長谷寺の本尊両脇侍が日本で初めて一般公開!「長谷寺の名宝と十一面観音の信仰」

  26. 752年から一度も絶えたことのない奈良・東大寺の仏教行事、その貴重な文化財が揃う「特別陳列 お水取り」

  27. 【入江泰吉が見た奈良・大和路を歩く】第4回 写真家が惚れ込んだ春日山に浮かぶ薬師寺と唐招提寺の破損仏

  28. 【入江泰吉が見た奈良・大和路を歩く】第3回 写真家が生涯追いかけた斑鳩の名塔と白い道

  29. 【入江泰吉が見た奈良・大和路を歩く】第2回 写真家の心を惹き付けてやまない東大寺の伽藍と御仏たち

  30. 【入江泰吉が見た奈良・大和路を歩く】第1回「戦火ですべてを失った写真家の心を動かした仏像との出会い」

PAGE TOP