新着記事

作家・石牟礼道子さんが問いかけた「食」の本来あるべき姿とは

文・撮影/大沼聡子私たちは日々、食べて生きている。昔とは違い、現代の暮らしは…

性欲減少だけじゃない!「男の更年期」が起こす体の不調あれこれ

文/緒方文大「生涯若々しくありたい!」と願う人は多いでしょう。しかし、男性は50代を…

国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

取材・文/藤田麻希今からおよそ1万3000年前から約1万年つづいた縄文時代。氷期が終わり、安…

天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法 第7回】

文/山本益博夏の土用丑の日が近くなると、「鰻の蒲焼」が必ず話題に上ります。「蒲焼」の焼けるに…

あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ・オンタリオ州の旅1】キングストン市内とサウザンアイランドクルーズ

写真・文/石津祐介カナダの中東部に位置し、トロントやオタワといった主要都市を要するオンタリオ…

それでも貴方は寝ないのか?「睡眠不足」の危険すぎる悪影響5つ

文/中村康宏睡眠、足りてますか?睡眠には、身体の状態を一定に保つ(恒常性を維…

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康食

  1. 美味しくて体にやさしい料理!藤春シェフの「ケアリングフード」入門講座&試食会を行いました(講師『エピキュール』藤春幸治シェフ)【PR】

    取材・文/小野寺佑子“体に良くて、しかも美味しい”を両立させる新しい料理術「ケアリングフード」を学ぶ料理サロン【エピキュール藤春幸治シェフの「ケアリングフード」入門講座】(サライ×ショップジャパン共催)が、2017年2月26…

  2. 味噌選びは「塩」選び!塩分摂取を抑えて美味しく仕上げる発酵調味料の知恵【エピキュール藤春シェフのケアリングフード講座 第5回】

    塩分は控えなければならないというのに、味噌など塩をたっぷり使った発酵調味料は体にいいと推奨さ…

  3. 美味なる健康食「ケアリングフード」入門講座&試食会のご案内(講師『エピキュール』藤春幸治シェフ)

    『サライ.jp』でも記事を連載中の、レストラン『エピキュール』藤春幸治シェフから、健康食の新…

  4. ロコモやサルコペニア対策にも!ケアリングフード的「たんぱく質の上手な摂り方」とは?【エピキュール藤春シェフのケアリングフード講座 第4回】

    お肉は肥満の原因になる、血液をドロドロにするなど、体に悪いイメージがあり、特にサライ世代では…

  5. 知っておきたい!「食用油」の上手な摂り方・使い方の秘訣【エピキュール藤春シェフのケアリングフード講座 第3回】

    オリーブオイル、ココナッツオイル、アマニ油……、ここ数年、健康志向のオイルブームが続いていま…

  6. お米は悪者じゃない!知っておきたい糖質コントロールの極意【エピキュール藤春シェフのケアリングフード講座 第2回】

  7. 常識を覆す美味なる健康食!「ケアリングフード」とはいったい何か【エピキュール藤春シェフのケアリングフード講座 第1回】

  8. 若々しい身体を取り戻す!50歳をすぎたら毎日食べたい食べ物&メニュー

  9. 1杯0.5gも減塩できる!具だくさんなのに簡単な「安心みそ汁」の基本

  10. 10年後には700万人に!急増中の認知症は「みそ汁」で予防できる

  11. 夏こそ「朝トマト」で元気に!リコピン吸収率は朝と昼で大きく違うと判明

  12. 沖縄の夏を乗り切る食の知恵!ゴーヤーは「味噌煮」で食すべし【沖縄ぬちぐすい紀行9】

  13. 健康長寿世界一!香港人の元気を支える「基本のチキンスープ」の作り方

  14. 沖縄伝統の「島野菜」を使った手軽な琉球料理レシピ【沖縄ぬちぐすい紀行2】

  15. 琉球料理は命の薬(ぬちぐすい)!キャベツを使った「タマナーチャンプルー」の作り方【沖縄ぬちぐすい紀行1】

  16. 74歳で天下獲得をはたした徳川家康、その長寿を支えた健康術とは?

  17. 94歳まで長生きした日本植物学の父・牧野富太郎の長寿を支えた健康法とは?

  18. 1日25粒で体質改善!手軽でおいしく栄養たっぷり「ナッツ健康法」

PAGE TOP