新着記事

川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

大河ドラマ『麒麟がくる』は、天文16年(1547)から始まる。天文年間は、「THE 戦国」真っ只…

乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

既婚女性 4,700名に聞いた「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

「あかぎれ県」全国TOPは栃木県!「さかむけ県」1位は熊本県、「切りキズ県」1位は三重県に!…

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

受験シーズンの到来まであと2か月。受験生の親や教育関係者など、受験生を中心にその周辺も本番に向け…

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

取材・文/柿川鮎子毎日ペットが使っているリードやキャリーケースなどには、国が定める安全性に関…

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

11月9日に開催された「特製おせち」を楽しむ会。会の様子はこちらでご報告していますが、当…

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

【サライ・インタビュー】保科正さん(ほしな・ただし、家具会社顧問、デザイナー)――家具を…

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

取材・文/坂口鈴香静岡に住む母親のトキ子さん(仮名・91)が認知症になり、上野明美さ…

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

取材・文/坂口鈴香離れて暮らしている親に介護が必要になると、「遠距離介護」の問題が大きく…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

クラシック

  1. シューベルト:フォルテピアノによる 4手連弾作品全集 第1巻エキゾ ティシズムと対位法  

    かつて家庭やサロンで演奏されていた連弾作品の真価をフォルテピアノにて問う【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)18世紀後半、すなわち古典派の始まりから、19世紀全般、すなわちロマン派の時代にかけて、主役ともいえる楽器だったフォルテピアノ(現代のピアノと区別してそう呼称される)の多様な響きを探求する演奏家た…

  2. ドビュッシー:牧神の午後への 前奏曲  

    アルハンブラのカール5世宮殿での演奏会をDVDとCDで再現【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)1971年パリ生まれの指揮者フランソワ=グザヴィエ・ロト…

  3.  

    過激な音の乱舞!作曲家・西村朗の幻覚的で魔訶不思議な音楽【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)日本のみならずアジア全域における伝統文化、宗教、美術など…

  4.  

    マックス・リヒターの音楽|暴力に傷ついた人々への悲しみの治療行為【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)もっとも重要な音楽的出来事は、常にジャンルの境界線上で起…

  5.  

    フランス至宝の音色!歴史的チェンバロで奏でるルイ・クープランの組曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)2015年春にオープンしたフィルハーモニー・ド・パリは、…

  6.  

    安心して帰ってこられる場所のような音楽|ラーシュ・ヤンソン『ジャスト・ジス』【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)北欧の音楽は、ジャンルを問わずどうしてこれほど魅力的なの…

  7.  

    パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)森と湖の国フィンランドの作曲家シベリウスの音楽は、北国の…

  8. マーラー:交響曲第6番イ短調《悲劇的》  

    クラシック界最注目の風雲児クルレンツィス渾身の「マラ6」に聴く”闇の力”【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ギリシャ出身で西シベリアのペルミを本拠に活躍する指揮者テ…

  9.  

    ドビュッシー最晩年の傑作群を1枚に収録!没後100年企画の決定盤【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)昨年2018年は、フランス近代を代表する作曲家クロード・…

  10.  

    マリー・アントワネットの音楽教師バルバトルの知られざる作品集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ひとつの時代が終わろうとするとき、文化は爛熟に達し、もっ…

  11.  

    亡き師に捧ぐクラシック・ギター四重奏団の心に染み入る親密な響き【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)クラシック・ギターの良さのひとつに親密さがある。優しく抱…

  12.  

    名手ムターが作曲家ペンデレツキに捧げるドラマティックな演奏の花束【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ずしりと手応えのある音楽である。現代を代表するドイツのヴ…

  13.  

    歌姫チェチーリア・バルトリ20年ぶりのヴィヴァルディ オペラアリア集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ヴェネツィアで活躍したバロックの作曲家ヴィヴァルディとい…

  14.  

    子供や孫と聴きたい!楽しさいっぱいのアニメ音楽名曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)擬人化された動物が活躍する、子供向けのユーモラスなアニメ…

  15.  

    チェリビダッケ×ミュンヘン・フィルによる高純度のラヴェル名演【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)生前はクラシック音楽界の帝王カラヤンの最大のライバルとし…

  16.  

    ショパンのバラードの偉大さを雄弁に伝えるアンスネスの名演【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)あまりにも多く、軽々しく演奏されすぎているせいか、ショパ…

  17.  

    妙なる鐘の旋律を求めて!訪ねてみたい世界の著名な「カリヨンの塔」10選

         

    文・写真/内野三菜子フランドル地方では世界遺産にも登録されている、と前の記事(ヨーロッパの街…

  18.  

    サライ2015年11月号|特集は「奈良」と「クラシック音楽入門」特別付録は『運命』名演集CDです

         

    「大和は国のまほろば」――。『古事記』に記された言葉が今も息づく地、奈良。1300年の古都は、訪れる…

  19.  

    ビル・エヴァンス|繊細で大胆なピアノ・トリオの改革者【ジャズの巨人】第2巻より

         

    文/後藤雅洋ビル・エヴァンスの本名はウィリアム・ジョン・エヴァンスで、1929年(昭…

PAGE TOP