新着記事

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

文/池上信次「顔合わせ」の2回目です(前回はこちら)。ジャズは、誰とでも共演できるというのが…

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

テレビを見ていて、音がちゃんと聞き取れず、“聞き逃し”をしてストレスを感じた経験はありません…

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

休校期間が長かった学校は不利? 入試時期は変わる? 受験生の9割以上「受験に不安」、約8割受験勉…

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

写真・文/矢崎海里外国産も多く出回っているにんにくですが、5月~7月に旬を迎える野菜です。…

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

野外から日用まで使える、モンベル製の折りたたみ傘をご紹介。遮熱性能が高く、紫外線カット率99…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(11月22日~12月21日) きじとら猫今週は、…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

コンピュータが人間にとって代わる、そんな時代がすぐそこまで来ている、という説がある。AIやロ…

数において劣勢の織田信長(演・染谷将太)は、今川方にいる松平元康を取り込むべく、元康の伯父・水野信元と母・於大の説得工作を試みる。

信長危うし! ついに今川義元が攻めて来た 桶狭間前夜、策謀めぐらす〈女軍師・帰蝶〉が凄かった!【麒麟がくる 満喫リポート】

27歳の織田信長に人生の岐路が訪れた。大国駿河の領主・今川義元が本腰を入れて尾張攻略に乗り込…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

にっぽん歴史夜話

  1.  

    越前の雄・朝倉義景とその一族【にっぽん歴史夜話27】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄や上杉謙信にはおよばぬだろうが、越前(福井県)の戦国大名・朝倉義景(1533~73)の名も、意外に知られているのではないか。織田信長をあつかった小説やドラマには、かなりの頻度で登場している。た…

  2. 明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園  

    明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)織田信長を討った逆臣、という明智光秀(?~1582)のイメー…

  3. 石清水八幡宮  

    「嘉吉(かきつ)の乱」とは何か~将軍・足利義教謀殺【にっぽん歴史夜話25】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)騒乱の絶えなかった室町時代にあっても、「嘉吉(かきつ)の乱」…

  4.  

    織田信長の妻・帰蝶(濃姫)と斎藤道三~謎に満ちた父娘【にっぽん歴史夜話24】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)歴史好きなら、濃姫(のうひめ。のひめ、とも)ないし帰蝶(きち…

  5. 江戸城・松の大廊下跡  

    「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)「お手前いつの間にやら鮒(ふな)に似て参ったな。おうおうその…

  6. 足利尊氏像  

    「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)とは何か~足利尊氏・直義兄弟、骨肉の争い【にっぽん歴史夜話22】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)をご存じだろうか。高校…

  7. 楠木正成像  

    楠木正成~「忠臣」か「悪党」か【にっぽん歴史夜話21】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)楠木正成(くすのき・まさしげ。?~1336)のイメージは、劇…

  8. 「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】  

    「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)日野富子(1440~96)の名は、たいていの日本人が知ってい…

  9. 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】  

    松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)「知る人ぞ知る」という表現を時おり耳にする。一般的な知名度は…

  10. 「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】  

    「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)日本史上の著名人を10人挙げよと言われれば、聖徳太子(574…

  11. 「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】  

    「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)額田王(ぬかたのおおきみ)の名は、「万葉集」随一の女流歌人と…

  12. 「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】  

    「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)新元号「令和」の出典として注目を浴びた万葉集。奈良時代に成立…

  13. 高知城内 山内一豊の妻 銅像  

    「山内一豊の妻」伝説を検証する【にっぽん歴史夜話15】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)「内助の功」ということばがある。いや、あったというべきか。「…

  14. 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】  

    元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)明治、大正、昭和、平成……。ふだんごく普通に使ってはいても、…

  15. 本多忠勝像  

    「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)人呼んで「徳川四天王」――。家康が関ヶ原で勝利を手にする以前…

  16. 関ケ原  

    立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)立花宗茂(1567?~1642)をご存じだろうか。幕末までつ…

  17. 西郷隆盛とその一族~弟たち、子どもたち~  

    西郷隆盛とその一族~弟たち、子どもたち~【にっぽん歴史夜話11】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)英雄・偉人と呼ばれる人々も、家族にはちがった顔を見せているこ…

  18. 西郷隆盛と3人の妻たち  

    西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)西郷隆盛(1827~77)の名を知らない日本人は、まずいない…

  19.  

    「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

  20.  

    牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっぽん歴史夜話 8】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)牧野伸顕(まきの・のぶあき 1861~1949)と聞いてすぐ…

  21.  

    豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

         

     文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

  22.  

    戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

         

     文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

  23.  

    キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

         

     文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

  24.  

    “戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

  25.  

    前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

  26.  

    加賀百万石の祖・前田利家の知られざる3つの顔【にっぽん歴史夜話2】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)石川県金沢――。兼六園や武家屋敷といった古都の情感に富むいっ…

  27.  

    そして歴史が動いた!前田利家、賤ヶ岳撤退の謎【にっぽん歴史夜話1】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)織田信長の死後、羽柴秀吉と柴田勝家が後継者の座をめぐって激突…

PAGE TOP