サライ.jp

にっぽん歴史夜話

にっぽん歴史夜話に関する記事27

趣味・教養 徳川慶喜とは何者だったのか(後編)【にっぽん歴史夜話42】

文/砂原浩太朗(小説家) 徳川慶喜とは何者だったのか(前編) はこちら 禁門の変で活躍 将軍後見職に就いた慶喜は、おなじ…

2021/4/18
NEW
趣味・教養 徳川慶喜とは何者だったのか(前編)【にっぽん歴史夜話42】

文/砂原浩太朗(小説家) 徳川慶喜(1837~1913)は、一筋縄でゆかぬ人物である。最後の将軍として名はよく知られてい…

2021/4/18
NEW
趣味・教養 「天才」ではなかった織田信長~英雄神話の逆転(後編)【にっぽ…

文/砂原浩太朗(小説家) 「天才」ではなかった織田信長~英雄神話の逆転(前編) はこちら 比叡山焼き討ちは1年前から通告…

2021/2/21
趣味・教養 「天才」ではなかった織田信長~英雄神話の逆転(前編)【にっぽ…

文/砂原浩太朗(小説家) 織田信長(1534~82)は日本史上、最大の著名人といっていい。その名を知らぬ日本人はまずいな…

2021/2/21
趣味・教養 「渋沢栄一」とは何をした人なのか(後編)【にっぽん歴史夜話4…

文/砂原浩太朗(小説家) 「渋沢栄一」とは何をした人なのか(前編) はこちら 新政府でも活躍 渋沢栄一たちがヨーロッパへ…

2021/2/14
趣味・教養 「渋沢栄一」とは何をした人なのか(前編)【にっぽん歴史夜話4…

文/砂原浩太朗(小説家) 新紙幣の顔になることが発表されたり、ドラマの主役として取り上げられたりと、渋沢栄一(1840~…

2021/2/14
趣味・教養 「本能寺の変」の真相を追う(後編)【にっぽん歴史夜話39】

文/砂原浩太朗(小説家) 「本能寺の変」の真相を追う(前編)はこちら 正義説~信長の暴走をとめろ 本能寺の変当日、つまり…

2021/2/7
趣味・教養 「本能寺の変」の真相を追う(前編)【にっぽん歴史夜話39】

文/砂原浩太朗(小説家) 天正10(1582)年6月2日未明、京に滞在中の織田信長は、明智光秀の急襲を受け49年の生涯を…

2021/2/7
趣味・教養 細川ガラシャ~ヨーロッパにまで知られた「明智光秀の娘」【にっ…

文/砂原浩太朗(小説家) 細川ガラシャ(1563~1600)の名は、つねに悲劇的な色合いを帯びている。名門細川家の嫁とな…

2021/1/31
趣味・教養 明智光秀・丹波攻めのすべて【にっぽん歴史夜話36】

文/砂原浩太朗(小説家) 丹波の攻略は、武将としての明智光秀(?~1582)を語るうえで、外せないものの一つである。この…

2021/1/10
趣味・教養 武田信玄~「戦国最強」と呼ばれた男(後編)【にっぽん歴史夜話…

文/砂原浩太朗(小説家) 武田信玄~「戦国最強」と呼ばれた男(前編) はこちら 川中島の戦い 武田信玄のライバルとして名…

2020/12/20
趣味・教養 武田信玄~「戦国最強」と呼ばれた男(前編)【にっぽん歴史夜話…

文/砂原浩太朗(小説家) 織田信長をはじめとする「三英傑」をのぞけば、武田信玄(1521~73)こそ、戦国武将の代表格と…

2020/12/20
趣味・教養 色でしくじりゃ~女色に迷い転封された大名・井上正甫(まさもと…

文/砂原浩太朗(小説家) 近年、女性がらみの不祥事で糾弾される芸能人が目につく。窮屈な世の中になったと嘆く声もあがるが、…

2020/7/19
趣味・教養 「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽ…

文/砂原浩太朗(小説家) 「お手前いつの間にやら鮒(ふな)に似て参ったな。おうおうそのように力(りき)んだ所は鮒そのまま…

2019/12/14
趣味・教養 楠木正成~「忠臣」か「悪党」か【にっぽん歴史夜話21】

文/砂原浩太朗(小説家) 楠木正成(くすのき・まさしげ。?~1336)のイメージは、劇的な移りかわりを経ている。戦前は「…

2019/10/26
趣味・教養 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

文/砂原浩太朗(小説家) 「知る人ぞ知る」という表現を時おり耳にする。一般的な知名度は高くないが、ほかに代えがたい存在感…

2019/8/25
趣味・教養 「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】

文/砂原浩太朗(小説家) 日本史上の著名人を10人挙げよと言われれば、聖徳太子(574~622)のランクインはまず間違い…

2019/7/28
趣味・教養 「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【に…

文/砂原浩太朗(小説家) 額田王(ぬかたのおおきみ)の名は、「万葉集」随一の女流歌人として、ひろく知られている。有名な「…

2019/6/29
趣味・教養 「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【…

文/砂原浩太朗(小説家) 新元号「令和」の出典として注目を浴びた万葉集。奈良時代に成立した、現存する日本最古の歌集であり…

2019/5/26
趣味・教養 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴…

文/砂原浩太朗(小説家) 明治、大正、昭和、平成……。ふだんごく普通に使ってはいても、あらためて「元号」というものに思い…

2019/3/24
1 2

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
5月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品