新着記事

ロドルフォ・シヴィエロの家博物館「Museo Casa Rodolfo Siviero

イタリア版007エージェント。フィレンツェに実在した伝説のスパイの邸宅を訪ねる(イタリア)

文・写真/佐藤モカ(海外書き人クラブ/イタリア在住ライター)世界遺産都市、フィレンツェ。情緒豊か…

スペリオダウン コンバーチブルジャケット|軽く暖かい高級羽毛を採用。半袖にもなるダウン

アウトドア用品で知られるモンベルは、高品質なダウンジャケットで人気のメーカー。この品もモンベ…

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

文・写真/坪井由美子(海外書き人クラブ/ドイツ在住ライター)冬のドイツの最大の楽…

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

2019年3月にモバイル社会研究所が発表したデータによると、スマホの所有率は60代は70%、70代は…

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

写真・文/矢崎海里せりは、早春の水辺に生える山菜で、1月~4月に旬を迎える山菜です。…

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

鍋をつつきながら燗酒をいただくのが楽しみな季節である。だが、酒の燗を頃合いよくつけるのは、な…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

明智光秀が初めて大河ドラマの主人公となった『麒麟がくる』。久方ぶりの王道戦国大河への期待は高く、第一…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

がん

  1. 親に寄り添い、正しく対処するために|『親ががんになったら読む本』  

    自分の親が「がん」になったら、子としてすべきこと

         

    文/鈴木拓也かつては不治の病という扱いであったが、医療の進歩により5年・10年生存率が向上したがん。生存率が向上したとはいえ、やはり3人に1人は亡くなる病気であり、多くの患者はがんの宣告を受けると「頭真っ白、目の前真…

  2. 今年のノーベル賞「低酸素応答」乳癌の検査や治療への応用は?  

    今年のノーベル賞「低酸素応答」|乳癌の検査や治療への応用は?

         

    文/松村むつみ10月にノーベル医学生理学賞の発表があり、「低酸素応答」(細胞が低酸素を感…

  3. がんに打ち克つ秘訣は、信頼のおける「正しい情報」の把握だった|『「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本』  

    手術を避け代替医療を選択すると死亡率は2.8倍!?|「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本

         

    文/鈴木拓也国立がん研究センターの統計では、がんと診断される人の数は年間約100万人…

  4. がんは他人事ではない。予防のための6つの本音|『がん外科医の本音』  

    がんを予防するための6つの方法|がん外科医の本音

         

    文/印南敦史『がん外科医の本音』(中山祐次郎著、SB新書)の著者は、医者になって…

  5. 生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意?  

    不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズムと 乳がんの関係

         

    文/松村むつみ乳がんの発症リスクには、生活習慣、ホルモン治療、マンモグラフィでの乳腺濃度…

  6. AIは乳がんの見逃しを防げる? これからの乳がん画像診断の未来  

    AIは乳がんの見逃しを防げる?| 乳がん画像診断の未来

         

    文/松村むつみAI導入による診断精度向上が期待されるAIの医療への活用が近年話題にな…

  7. がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方は?|『がんが治る人 治らない人』  

    がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方|『がんが治る人 治らない人』

         

    文/鈴木拓也■がんを治すのに必要なのは「5つの力」いまや2人に1人が一生の間にかかる…

  8. 自分の身は自分で守る!|乳がん検診はどれを選ぶべき?  

    自分の身は自分で守る!|「乳がん検診」はどれを選ぶべき?

         

    文/松村むつみ女性の罹患率一位は、乳がん日本において近年、乳がんにかかる女性が増加の…

  9. 我が闘病|大島康徳  

    我が闘病|大島康徳「今や、誰もがいつ癌になってもおかしくない時代なんです」~その3~

         

    取材・文/田中周治プロ野球解説者の大島康徳さんの癌が見つかったのは、2016年のこと…

  10. 我が闘病|大島康徳  

    我が闘病|大島康徳「癌を宣告された時、真っ先に電話をした相手は、星野仙一氏だった」~その2~

         

    取材・文/田中周治プロ野球解説者の大島康徳さんの癌が見つかったのは、2016年のこと…

  11. 我が闘病|大島康徳  

    我が闘病|大島康徳「大腸癌ステージ4。放置すれば余命1年という非情な宣告だった」~その1~

         

    取材・文/田中周治プロ野球解説者の大島康徳さんの癌が見つかったのは、2016年のこと…

  12. もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい  

    もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい

         

    文/鈴木拓也■いまや「がん=死」ではない体調に異変を感じて病院に行ったら、「ガン」と…

  13.  

    我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」

         

    取材・文/田中周治58歳の時に前立腺がんが発覚した角盈男さんに、闘病生活を振り返って…

  14.  

    我が闘病|角盈男「58歳の時、健康診断で前立腺がんが見つかった」

         

    取材・文/田中周治角さんは58歳の時、知人に誘われて受けた健康診断で、前立腺がんが見つか…

  15.  

    誰もが「まさか自分が」と思っている。がんに関する意識調査 2018

         

    日本人の死因第1位である「がん」について、罹ったことのない人はどのように思っているのだろうか…

  16.  

    もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

         

    文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

  17.  

    がん治療の選択肢「代替療法」いったい何が問題なのか?

         

    文/中村康宏昨年、「代替医療、死亡リスク2.5倍」というニュースを目にした人も多いで…

  18.  

    予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

         

    文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

  19.  

    異様な細胞「がん細胞」その8つの特異的なふるまいとは

         

    文/中村康宏昨年には小林麻央さんが乳がんで、今年は星野仙一さんが膵がんで亡くなるとい…

  20.  

    がんは生活習慣病!発病リスクを下げる生活上の心得とは

         

    文/中村康宏がんは日本人の死因の第1位で、年間の死亡数は約36万人。日本人の総死亡数…

PAGE TOP