新着記事

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

文/池上信次第14回ジャズ・スタンダード必聴名曲(10)「バット・ノット・フォー・ミー」…

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

               【参加費無料】   アサヒグループ食品「シュワーベギンコ イチョウ…

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

ついに暑い夏がやって来ました。ショップジャパンが、これから夏本番を迎えるにあたり『夏場のエア…

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

「コンコルド効果」という言葉をご存知だろうか? このコンコルドとは、鳥ではなく超音速旅客機コ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

写真・文/矢崎海里「食欲がないけどなにか食べないと・・・」これから暑さが本格化す…

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

リタイア後の生き方とお金のことを考える【プランニング編】安心して豊かなセカンドライフを送るた…

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

文・写真/杉﨑行恭【その1】はこちら長岡駅で久しぶりの幕の内弁当「越後長岡喜作弁当」を買…

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

文・写真/杉﨑行恭上野発の高崎行の電車で「東京深川めし」を食べる「上野発の夜行列車」はすでに…

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

文/編集部かつて写真撮影といえば、旅行や式典など特別なイベント時に行うもの。重い機材…

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

取材・文/池田充枝来年の2020年、東京で二度目となるオリンピック・パラリンピックが開かれま…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

がん

  1. AIは乳がんの見逃しを防げる? これからの乳がん画像診断の未来  

    AIは乳がんの見逃しを防げる?| 乳がん画像診断の未来

         

    文/松村むつみAI導入による診断精度向上が期待されるAIの医療への活用が近年話題になっています。特に、画像診断や病理診断の分野では、ディープラーニングによる高い精度の診断が可能になってきており、AI導入による診断精度向上が期…

  2. がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方は?|『がんが治る人 治らない人』  

    がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方|『がんが治る人 治らない人』

         

    文/鈴木拓也■がんを治すのに必要なのは「5つの力」いまや2人に1人が一生の間にかかる…

  3. 自分の身は自分で守る!|乳がん検診はどれを選ぶべき?  

    自分の身は自分で守る!|「乳がん検診」はどれを選ぶべき?

         

    文/松村むつみ女性の罹患率一位は、乳がん日本において近年、乳がんにかかる女性が増加の…

  4. 我が闘病|大島康徳  

    我が闘病|大島康徳「今や、誰もがいつ癌になってもおかしくない時代なんです」~その3~

         

    取材・文/田中周治プロ野球解説者の大島康徳さんの癌が見つかったのは、2016年のこと…

  5. 我が闘病|大島康徳  

    我が闘病|大島康徳「癌を宣告された時、真っ先に電話をした相手は、星野仙一氏だった」~その2~

         

    取材・文/田中周治プロ野球解説者の大島康徳さんの癌が見つかったのは、2016年のこと…

  6. 我が闘病|大島康徳  

    我が闘病|大島康徳「大腸癌ステージ4。放置すれば余命1年という非情な宣告だった」~その1~

         

    取材・文/田中周治プロ野球解説者の大島康徳さんの癌が見つかったのは、2016年のこと…

  7. もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい  

    もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい

         

    文/鈴木拓也■いまや「がん=死」ではない体調に異変を感じて病院に行ったら、「ガン」と…

  8.  

    我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」

         

    取材・文/田中周治58歳の時に前立腺がんが発覚した角盈男さんに、闘病生活を振り返って…

  9.  

    我が闘病|角盈男「58歳の時、健康診断で前立腺がんが見つかった」

         

    取材・文/田中周治角さんは58歳の時、知人に誘われて受けた健康診断で、前立腺がんが見つか…

  10.  

    誰もが「まさか自分が」と思っている。がんに関する意識調査 2018

         

    日本人の死因第1位である「がん」について、罹ったことのない人はどのように思っているのだろうか…

  11.  

    もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

         

    文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

  12.  

    がん治療の選択肢「代替療法」いったい何が問題なのか?

         

    文/中村康宏昨年、「代替医療、死亡リスク2.5倍」というニュースを目にした人も多いで…

  13.  

    予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

         

    文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

  14.  

    異様な細胞「がん細胞」その8つの特異的なふるまいとは

         

    文/中村康宏昨年には小林麻央さんが乳がんで、今年は星野仙一さんが膵がんで亡くなるとい…

  15.  

    がんは生活習慣病!発病リスクを下げる生活上の心得とは

         

    文/中村康宏がんは日本人の死因の第1位で、年間の死亡数は約36万人。日本人の総死亡数…

PAGE TOP