新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

写真・文/矢崎海里さんまに新米、きのこやさつまいもなど、秋は特に旬の食材が豊富ですが…

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー

「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』【面白すぎる日本映画 第34回・特別編】

文・絵/牧野良幸映画俳優のピーター・フォンダがこの8月に亡くなった。享年79歳。また…

資産形成

ビジネスパーソンの預貯金平均額は20代452万円、30代682万円、40代952万円!|老後資金の資産運用、何してる?

2019年6月に金融庁の報告書によって公表された試算結果によると、公的年金だけでは、65歳か…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

文/印南敦史『口がきれいだと、健康で長生きできる』(古舘 健 著、KADOKAWA)の著者の…

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

七福神の「大黒様」と「恵比須様」の朗らかな笑顔に癒やされる錫の球。一見、置物に見えるが、実は…

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

「起業」することが身近な時代になりました。freee株式会社が、20~69歳の有職者男女90…

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド…

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは?

取材・文/渡辺陽(わたなべ・よう)大手製薬企業や大学病院が研究開発にチャレンジしては…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

がん

  1. がんに打ち克つ秘訣は、信頼のおける「正しい情報」の把握だった|『「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本』  

    手術を避け代替医療を選択すると死亡率は2.8倍!?|「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本

         

    文/鈴木拓也国立がん研究センターの統計では、がんと診断される人の数は年間約100万人。社会の高齢化が進むにつれて、さらに増加することが予想されている。これに合わせるかのように増えているのが、がん治療に関する情報。医師…

  2. がんは他人事ではない。予防のための6つの本音|『がん外科医の本音』  

    がんを予防するための6つの方法|がん外科医の本音

         

    文/印南敦史『がん外科医の本音』(中山祐次郎著、SB新書)の著者は、医者になって…

  3. 生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意?  

    不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズムと 乳がんの関係

         

    文/松村むつみ乳がんの発症リスクには、生活習慣、ホルモン治療、マンモグラフィでの乳腺濃度…

  4. AIは乳がんの見逃しを防げる? これからの乳がん画像診断の未来  

    AIは乳がんの見逃しを防げる?| 乳がん画像診断の未来

         

    文/松村むつみAI導入による診断精度向上が期待されるAIの医療への活用が近年話題にな…

  5. がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方は?|『がんが治る人 治らない人』  

    がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方|『がんが治る人 治らない人』

         

    文/鈴木拓也■がんを治すのに必要なのは「5つの力」いまや2人に1人が一生の間にかかる…

  6. 自分の身は自分で守る!|乳がん検診はどれを選ぶべき?  

    自分の身は自分で守る!|「乳がん検診」はどれを選ぶべき?

         

    文/松村むつみ女性の罹患率一位は、乳がん日本において近年、乳がんにかかる女性が増加の…

  7. 我が闘病|大島康徳  

    我が闘病|大島康徳「今や、誰もがいつ癌になってもおかしくない時代なんです」~その3~

         

    取材・文/田中周治プロ野球解説者の大島康徳さんの癌が見つかったのは、2016年のこと…

  8. 我が闘病|大島康徳  

    我が闘病|大島康徳「癌を宣告された時、真っ先に電話をした相手は、星野仙一氏だった」~その2~

         

    取材・文/田中周治プロ野球解説者の大島康徳さんの癌が見つかったのは、2016年のこと…

  9. 我が闘病|大島康徳  

    我が闘病|大島康徳「大腸癌ステージ4。放置すれば余命1年という非情な宣告だった」~その1~

         

    取材・文/田中周治プロ野球解説者の大島康徳さんの癌が見つかったのは、2016年のこと…

  10. もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい  

    もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい

         

    文/鈴木拓也■いまや「がん=死」ではない体調に異変を感じて病院に行ったら、「ガン」と…

  11.  

    我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」

         

    取材・文/田中周治58歳の時に前立腺がんが発覚した角盈男さんに、闘病生活を振り返って…

  12.  

    我が闘病|角盈男「58歳の時、健康診断で前立腺がんが見つかった」

         

    取材・文/田中周治角さんは58歳の時、知人に誘われて受けた健康診断で、前立腺がんが見つか…

  13.  

    誰もが「まさか自分が」と思っている。がんに関する意識調査 2018

         

    日本人の死因第1位である「がん」について、罹ったことのない人はどのように思っているのだろうか…

  14.  

    もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

         

    文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

  15.  

    がん治療の選択肢「代替療法」いったい何が問題なのか?

         

    文/中村康宏昨年、「代替医療、死亡リスク2.5倍」というニュースを目にした人も多いで…

  16.  

    予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

         

    文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

  17.  

    異様な細胞「がん細胞」その8つの特異的なふるまいとは

         

    文/中村康宏昨年には小林麻央さんが乳がんで、今年は星野仙一さんが膵がんで亡くなるとい…

  18.  

    がんは生活習慣病!発病リスクを下げる生活上の心得とは

         

    文/中村康宏がんは日本人の死因の第1位で、年間の死亡数は約36万人。日本人の総死亡数…

PAGE TOP