新着記事

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

文/鈴木拓也レモンサワーのブームで今注目の焼酎。糖質が含まれていないため、糖分を控え…

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

「歴史は勝者がつくるもの」とは世の理。敗者の歴史は後世顧みられることもなく、闇に埋もれてしまうことも…

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

取材・文/藤田麻希北鎌倉駅を出てすぐのところにある臨済宗大本山・円覚寺。高低差をいかした伽藍…

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)森と湖の国フィンランドの作曲家シベリウスの音楽は、北国の…

さんまの梅しそ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! 「うめびしお」の作り方

写真・文/矢崎海里今年ももうすぐ梅雨の季節がやってきますね。梅雨の時期は、気温差…

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面…

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

なるほど! 腰痛・坐骨神経痛 なかなか治らない原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

文/川口陽海なかなか治らない腰痛や坐骨神経痛、本当につらいですよね。整形外科…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

がん

  1. AIは乳がんの見逃しを防げる? これからの乳がん画像診断の未来  

    AIは乳がんの見逃しを防げる?| 乳がん画像診断の未来

         

    文/松村むつみAI導入による診断精度向上が期待されるAIの医療への活用が近年話題になっています。特に、画像診断や病理診断の分野では、ディープラーニングによる高い精度の診断が可能になってきており、AI導入による診断精度向上が期…

  2. がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方は?|『がんが治る人 治らない人』  

    がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方|『がんが治る人 治らない人』

         

    文/鈴木拓也■がんを治すのに必要なのは「5つの力」いまや2人に1人が一生の間にかかる…

  3. 自分の身は自分で守る!|乳がん検診はどれを選ぶべき?  

    自分の身は自分で守る!|「乳がん検診」はどれを選ぶべき?

         

    文/松村むつみ女性の罹患率一位は、乳がん日本において近年、乳がんにかかる女性が増加の…

  4. 我が闘病|大島康徳  

    我が闘病|大島康徳「今や、誰もがいつ癌になってもおかしくない時代なんです」~その3~

         

    取材・文/田中周治プロ野球解説者の大島康徳さんの癌が見つかったのは、2016年のこと…

  5. 我が闘病|大島康徳  

    我が闘病|大島康徳「癌を宣告された時、真っ先に電話をした相手は、星野仙一氏だった」~その2~

         

    取材・文/田中周治プロ野球解説者の大島康徳さんの癌が見つかったのは、2016年のこと…

  6. 我が闘病|大島康徳  

    我が闘病|大島康徳「大腸癌ステージ4。放置すれば余命1年という非情な宣告だった」~その1~

         

    取材・文/田中周治プロ野球解説者の大島康徳さんの癌が見つかったのは、2016年のこと…

  7. もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい  

    もし「ガン」と診断されたら、手術前にこれだけはやっておきたい

         

    文/鈴木拓也■いまや「がん=死」ではない体調に異変を感じて病院に行ったら、「ガン」と…

  8.  

    我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」

         

    取材・文/田中周治58歳の時に前立腺がんが発覚した角盈男さんに、闘病生活を振り返って…

  9.  

    我が闘病|角盈男「58歳の時、健康診断で前立腺がんが見つかった」

         

    取材・文/田中周治角さんは58歳の時、知人に誘われて受けた健康診断で、前立腺がんが見つか…

  10.  

    誰もが「まさか自分が」と思っている。がんに関する意識調査 2018

         

    日本人の死因第1位である「がん」について、罹ったことのない人はどのように思っているのだろうか…

  11.  

    もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

         

    文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

  12.  

    がん治療の選択肢「代替療法」いったい何が問題なのか?

         

    文/中村康宏昨年、「代替医療、死亡リスク2.5倍」というニュースを目にした人も多いで…

  13.  

    予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

         

    文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

  14.  

    異様な細胞「がん細胞」その8つの特異的なふるまいとは

         

    文/中村康宏昨年には小林麻央さんが乳がんで、今年は星野仙一さんが膵がんで亡くなるとい…

  15.  

    がんは生活習慣病!発病リスクを下げる生活上の心得とは

         

    文/中村康宏がんは日本人の死因の第1位で、年間の死亡数は約36万人。日本人の総死亡数…

PAGE TOP