新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで作る! おうちで燻製レシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで スモークチーズが作れる!カンタン「燻製」入門

写真・文/矢崎海里雨模様も多かったGWが終わり、梅雨入り前までがバーベキューのチャンスで…

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

仕事をするに際し、「モチベーション」が重要というのはよく言われることだ。「モチベーション」はよく…

日常生活に必須の「7つの力」を無理なく向上させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

加齢で衰えた「転ばない力」を回復させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

文/鈴木拓也「何もないところでつまずく」、「網棚に荷物を上げられない」、「瓶のふたが…

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

今回ご紹介するコレ、一見アクセサリーにも見えるかもしれませんが、実はがっしりと組み合わさった…

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)モーツァルトの生まれ故郷であり、サ…

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

文/鈴木拓也いまや一千万匹に届くかという、日本の飼い猫。犬よりも飼いやすいということで、…

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

ベランダにスリッパで出ようとして、いざ履こうとすると前後が逆になっている……というのはよくあ…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

編集部からのお知らせ本誌情報

  1.  

    サライ11月号|特集は「北斎を見よ」と「奈良〈古代史〉の旅」です。

         

    『サライ』2017年11月号は、世界が仰天した“画狂老人”ことご存知「葛飾北斎」の大特集に、サライ恒例の旅特集「奈良〈古代史〉の旅」、そしてサライ世代にとって切実な「老眼と賢くつきあう」の生活特集をあわせてお届けします。さら…

  2.  

    サライ11月号の付録は『アクアスキュータム』の手帳です

         

    まもなく発売となる『サライ』11月号には、特別付録として、英国の老舗服飾ブランド『アクアスキュータム…

  3.  

    サライ10月号|特集は「国宝と紅葉の京都」と「将棋界“鬼才”列伝」です。

         

    『サライ』2017年10月号は、サライ恒例「秋の京都旅」の大特集に、サライならではの人物特集…

  4.  

    サライ9月号|特集は「私のスタンダード」と「そうめん」です

         

    『サライ』2017年9月号は、45人の目利きが選んだ「これが私のスタンダード(暮らしの定番)…

  5.  

    サライ2017年8月号|特集は「くらべる日本美術」と「青春18きっぷ活用術」です

         

    『サライ』2017年8月号は、美術鑑賞の勘所を手引する「くらべる日本美術」の大特集に、「青春…

  6.  

    サライ2017年7月号|特集:奇想建築を歩く/家飲みビールを究める

         

    今号は、近代日本が生んだ驚愕の「奇想建築」の大特集に、全国のビール党に捧ぐ「家飲みビールを究…

  7.  

    サライ2017年6月号|特集:天主堂への旅/俳句入門

         

    発売中の『サライ』2017年6月号は、世界遺産登録が待たれる長崎・五島・天草「天主堂」への旅…

  8.  

    サライ2017年5月号|特集:暮らしを変える「うつわ」選び/もち麦で長生き

         

    今号は、人生をも変える力がある「うつわ」の大特集に、美味しく食べて長生きできる注目の「もち麦」と「5…

  9.  

    サライ2017年4月号|特集:桜と人の物語/出汁(だし)を知る

         

    『サライ』2017年4月号を発売しました。今号は、花に秘めた人の想いに胸打たれる「桜」の大特集に、和…

  10.  

    サライ3月号は「猫」と「レコード」の2大特集、付録は国芳の一筆箋!

         

    今号は、日本人を虜にしてきた愛しき「猫」の大特集に、懐かしの「アナログレコード」の趣味特集を…

  11.  

    サライ2月号は作家「藤沢周平」と「切手」の2大特集です

         

    今号は、ことし没後20年となる作家「藤沢周平」の人物特集に、懐かしの「切手収集」の趣味特集を…

  12.  

    サライ1月号は「日本酒」と「蟹」の2大特集+特製ショルダーバッグ!

         

    今号は年末恒例となった名物企画「日本酒」の大特集に、旬を迎えている「蟹を究める」の特集を加え…

  13.  

    サライ12月号は「まぐろ」を味わい「書」を楽しむ2つの特集に北斎カレンダー付きです!

         

    『サライ』12月号を発売しました。今号は「まぐろに幸あり」の大特集に、年賀状作りにも役立つ「…

  14.  

    【漢字クイズ】いくつ読めますか?奈良・春日大社にまつわる難読漢字クイズ!

         

    発売中の『サライ』11月号は「奈良」の大特集号です。その本誌記事から、今年20年ぶりの大改修…

  15.  

    サライ11月号の特集は「秋の奈良」と「もり蕎麦」です

         

    『サライ』11月号を発売しました。今号は本誌恒例の「秋の奈良」の大特集に「もり蕎麦」の特集を…

  16.  

    サライ10月号の特集は「秋の京都」と「日本ワイン」です

         

    『サライ』10月号を発売しました。今号は本誌恒例の「秋の京都」の大特集に「日本ワイン」の特集…

  17.  

    サライ2016年9月号|特集は「メイド・イン・ニッポン」と「花森安治」です

         

    『サライ』9月号を発売しました。今号は、世界にかがやく「メイド・イン・ニッポン」の大特集と、…

  18.  

    サライ2016年8月号|特集は「聖地への旅」と「鰻を味わう」です。

         

    『サライ』8月号を発売しました。今号は、心の塵をはらう「聖地への旅」と、襟を正して味わいたい「鰻」の…

  19.  

    サライ2016年7月号|特集は「東京」「伊勢志摩」「寝具の手入れ」です

         

    『サライ』7月号を発売しました。今号は、歩いて楽しい「東京」の大特集です。さらに、サミット開催で一躍…

  20.  

    新説!《雨ニモマケズ》は登山装備メモだったかもしれない!?【サライ6月号「宮沢賢治」特集より】

         

    いま発売中の雑誌『サライ』6月号「宮沢賢治特集」の取材でお会いした賢治ファンの方々が、異口同…

  21.  

    サライ2016年6月号|特集は「宮沢賢治」と「肉で長生き」です。

         

    『サライ』6月号を発売しました。今号は、ことし生誕120年を迎えた「宮沢賢治」の大特集です。さらに、…

  22.  

    作曲家・冨田勲さんが最後に語った宮沢賢治への思い

         

    大人のライフスタイル誌『サライ』6月号(5月10日発売)で、5月5日に逝去した世界的なシンセ…

  23.  

    サライ2015年6月号|特集は「産業遺産を歩く」「玉子かけご飯」「本当に旨い日本茶」です

         

    今から約150年前、われわれの先達たちは、西洋列強に肩を並べんと、熱情をもってそれぞれの任務に励みま…

  24.  

    サライ2015年5月号|特集は「いま、行くべき名城」「コンテナでつくる夏野菜」別冊付録は「風薫る奈良 仏像図鑑」です

         

    約5年におよんだ平成の大修復を追え、築城当時の美しさを取り戻した姫路城。そして各地に残る歴史の舞…

  25.  

    花の都の中でも屈指の観桜処「平野神社」~『サライ』4月号別冊付録「春の京都 桜の古社寺案内」から

         

    京都の春は、花見好きには堪えられない季節。洛中洛外至る所に多彩な樹種がほころび、約1か月半にわたって…

  26.  

    樹齢1500年といわれる淡墨桜と樽見鉄道~『サライ』4月号特集「ローカル線で花見旅」から

         

    『サライ』4月号の巻頭特集では、ローカル線に乗っての花見旅を提案しています。車窓から、里山や…

  27.  

    400年の時を経て日の目を見ることになった浅井長政の供養塔~『サライ』4月号特集「空海と高野山」から

         

    弘法大師空海の御廟のある奥之院へ向かう約2㎞の参道には、30万基ともいわれる供養塔が肩を寄せ合っ…

  28.  

    サライ2015年4月号|特集は「空海と高野山」と「ローカル線で花見旅」別冊付録は「春の京都 桜の古社寺案内」です

         

    日増しに寒さが緩み、桜の開花が待ち遠しくなるこの季節。今年の春は、日本各地の名桜を求めて旅に出て…

  29.  

    喉ごしの香川、つけ汁の埼玉、出汁の大阪、味噌の愛知~『サライ』3月号特集「うどん東西」から

         

    平成21年に農林水産省が行なった都道府県別の「うどん用小麦粉消費量」調査では、1位・香川県、2位・埼…

  30.  

    サライ2015年3月号|特集は「謎解き古代史」と「うどん東西」です。

         

    「倭国」と呼ばれた3世紀から7世紀の日本は、私たちが想像する以上に、能動的で、開明的だった――。…

PAGE TOP