新着記事

退職金・企業年金・私的年金も忘れずに。セカンドライフの収支もチェック【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後にもらえるお金はいくら!?|年金だけでなく、退職金・企業年金・私的年金の受け取れる総額を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

リタイア後の生き方とお金のことを考える【プランニング編】安心して豊かなセカンドライフを送るた…

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

「管理職」とはいったい何を「管理」するのか考えたことがあるだろうか? 「管理職」について、リ…

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

急須といえば常滑焼(愛知県常滑市)といわれるくらい、朱色の茶器はお馴染みの日用品だ。ところが…

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

構成・文/山津京子 佐世保市内に点在する、迫力満点の遺構27群2019年7月発行の『サライ8…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

学生時代の友人や恩師と会える同窓会。当時の楽しかった出来事や、淡い恋愛の思い出などがプレイバ…

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと進んだ織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三英…

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

取材・文/池田充枝日本が弥生時代といわれた、遥か1800年も昔の中国に起こった「三国志」は、…

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

綿布の感触が、素足になんとも心地よい雪駄をご案内。使われる綿布はジーンズ生地などで定評のある…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

編集部からのお知らせ本誌情報

  1.  

    みなさんのメールお待ちしております!【サライ読者サロン・駱駝倶楽部】(2017年11月号)

         

    *  *  *杉浦伝宗さん(建築家)と土井善晴さん(料理研究家)の特別対談「心地よい暮らしに必要なもの」(9月号)、とても興味深く読みました。「住まいも和食も五感で楽しむ」、まったくそのとおり。シンプル・イズ・ベストを痛感しまし…

  2.  

    サライ11月号|特集は「北斎を見よ」と「奈良〈古代史〉の旅」です。

         

    『サライ』2017年11月号は、世界が仰天した“画狂老人”ことご存知「葛飾北斎」の大特集に、…

  3.  

    サライ11月号の付録は『アクアスキュータム』の手帳です

         

    まもなく発売となる『サライ』11月号には、特別付録として、英国の老舗服飾ブランド『アクアスキュータム…

  4.  

    サライ10月号|特集は「国宝と紅葉の京都」と「将棋界“鬼才”列伝」です。

         

    『サライ』2017年10月号は、サライ恒例「秋の京都旅」の大特集に、サライならではの人物特集…

  5.  

    サライ9月号|特集は「私のスタンダード」と「そうめん」です

         

    『サライ』2017年9月号は、45人の目利きが選んだ「これが私のスタンダード(暮らしの定番)…

  6.  

    サライ2017年8月号|特集は「くらべる日本美術」と「青春18きっぷ活用術」です

         

    『サライ』2017年8月号は、美術鑑賞の勘所を手引する「くらべる日本美術」の大特集に、「青春…

  7.  

    サライ2017年7月号|特集:奇想建築を歩く/家飲みビールを究める

         

    今号は、近代日本が生んだ驚愕の「奇想建築」の大特集に、全国のビール党に捧ぐ「家飲みビールを究…

  8.  

    サライ2017年6月号|特集:天主堂への旅/俳句入門

         

    発売中の『サライ』2017年6月号は、世界遺産登録が待たれる長崎・五島・天草「天主堂」への旅…

  9.  

    サライ2017年5月号|特集:暮らしを変える「うつわ」選び/もち麦で長生き

         

    今号は、人生をも変える力がある「うつわ」の大特集に、美味しく食べて長生きできる注目の「もち麦」と「5…

  10.  

    サライ2017年4月号|特集:桜と人の物語/出汁(だし)を知る

         

    『サライ』2017年4月号を発売しました。今号は、花に秘めた人の想いに胸打たれる「桜」の大特集に、和…

  11.  

    サライ3月号は「猫」と「レコード」の2大特集、付録は国芳の一筆箋!

         

    今号は、日本人を虜にしてきた愛しき「猫」の大特集に、懐かしの「アナログレコード」の趣味特集を…

  12.  

    サライ2月号は作家「藤沢周平」と「切手」の2大特集です

         

    今号は、ことし没後20年となる作家「藤沢周平」の人物特集に、懐かしの「切手収集」の趣味特集を…

  13.  

    サライ1月号は「日本酒」と「蟹」の2大特集+特製ショルダーバッグ!

         

    今号は年末恒例となった名物企画「日本酒」の大特集に、旬を迎えている「蟹を究める」の特集を加え…

  14.  

    サライ12月号は「まぐろ」を味わい「書」を楽しむ2つの特集に北斎カレンダー付きです!

         

    『サライ』12月号を発売しました。今号は「まぐろに幸あり」の大特集に、年賀状作りにも役立つ「…

  15.  

    【漢字クイズ】いくつ読めますか?奈良・春日大社にまつわる難読漢字クイズ!

         

    発売中の『サライ』11月号は「奈良」の大特集号です。その本誌記事から、今年20年ぶりの大改修…

  16.  

    サライ11月号の特集は「秋の奈良」と「もり蕎麦」です

         

    『サライ』11月号を発売しました。今号は本誌恒例の「秋の奈良」の大特集に「もり蕎麦」の特集を…

  17.  

    サライ10月号の特集は「秋の京都」と「日本ワイン」です

         

    『サライ』10月号を発売しました。今号は本誌恒例の「秋の京都」の大特集に「日本ワイン」の特集…

  18.  

    サライ2016年9月号|特集は「メイド・イン・ニッポン」と「花森安治」です

         

    『サライ』9月号を発売しました。今号は、世界にかがやく「メイド・イン・ニッポン」の大特集と、…

  19.  

    サライ2016年8月号|特集は「聖地への旅」と「鰻を味わう」です。

         

    『サライ』8月号を発売しました。今号は、心の塵をはらう「聖地への旅」と、襟を正して味わいたい「鰻」の…

  20.  

    サライ2016年7月号|特集は「東京」「伊勢志摩」「寝具の手入れ」です

         

    『サライ』7月号を発売しました。今号は、歩いて楽しい「東京」の大特集です。さらに、サミット開催で一躍…

  21.  

    新説!《雨ニモマケズ》は登山装備メモだったかもしれない!?【サライ6月号「宮沢賢治」特集より】

         

    いま発売中の雑誌『サライ』6月号「宮沢賢治特集」の取材でお会いした賢治ファンの方々が、異口同…

  22.  

    サライ2016年6月号|特集は「宮沢賢治」と「肉で長生き」です。

         

    『サライ』6月号を発売しました。今号は、ことし生誕120年を迎えた「宮沢賢治」の大特集です。さらに、…

  23.  

    作曲家・冨田勲さんが最後に語った宮沢賢治への思い

         

    大人のライフスタイル誌『サライ』6月号(5月10日発売)で、5月5日に逝去した世界的なシンセ…

  24.  

    サライ2015年6月号|特集は「産業遺産を歩く」「玉子かけご飯」「本当に旨い日本茶」です

         

    今から約150年前、われわれの先達たちは、西洋列強に肩を並べんと、熱情をもってそれぞれの任務に励みま…

  25.  

    サライ2015年5月号|特集は「いま、行くべき名城」「コンテナでつくる夏野菜」別冊付録は「風薫る奈良 仏像図鑑」です

         

    約5年におよんだ平成の大修復を追え、築城当時の美しさを取り戻した姫路城。そして各地に残る歴史の舞…

  26.  

    花の都の中でも屈指の観桜処「平野神社」~『サライ』4月号別冊付録「春の京都 桜の古社寺案内」から

         

    京都の春は、花見好きには堪えられない季節。洛中洛外至る所に多彩な樹種がほころび、約1か月半にわたって…

  27.  

    樹齢1500年といわれる淡墨桜と樽見鉄道~『サライ』4月号特集「ローカル線で花見旅」から

         

    『サライ』4月号の巻頭特集では、ローカル線に乗っての花見旅を提案しています。車窓から、里山や…

  28.  

    400年の時を経て日の目を見ることになった浅井長政の供養塔~『サライ』4月号特集「空海と高野山」から

         

    弘法大師空海の御廟のある奥之院へ向かう約2㎞の参道には、30万基ともいわれる供養塔が肩を寄せ合っ…

  29.  

    サライ2015年4月号|特集は「空海と高野山」と「ローカル線で花見旅」別冊付録は「春の京都 桜の古社寺案内」です

         

    日増しに寒さが緩み、桜の開花が待ち遠しくなるこの季節。今年の春は、日本各地の名桜を求めて旅に出て…

  30.  

    喉ごしの香川、つけ汁の埼玉、出汁の大阪、味噌の愛知~『サライ』3月号特集「うどん東西」から

         

    平成21年に農林水産省が行なった都道府県別の「うどん用小麦粉消費量」調査では、1位・香川県、2位・埼…

PAGE TOP