落ちついた深緑に、『ザ・スコッチハウス』のロゴが映える表紙。耐久性のあるフィルム加工を施しており、毎日持ち歩ける便利でおしゃれな手帳に仕上げました。
2022年12月~2024年1月までの月別見開きカレンダーのほか、方眼のメモ、2023年と2024年分のミニカレンダーも付きます。

毎年好評をいただいている、『サライ』のスケジュール手帳。2023年版は、1839年に英国で誕生した老舗服飾ブランド『ザ・スコッチハウス』とのコラボレーション。昨年までの判型はそのままに、表紙には手触りのよい上質紙を用い、中面の紙質も向上させました。

また、便利な方眼のメモ部分を大幅に増ページ。

さらに使いやすく、さらに高級感を備えて進化した手帳を、是非ご愛用ください。

History of THE SCOTCH HOUSE

創業者のガーディナー兄弟の功績を讃たたえて、1986年に英国が与えた紋章。
創業当時の店舗。

『THE SCOTCH HOUSE』は、グラスゴー(英国、スコットランド南西部)出身のGardiner(ガーディナー)兄弟が1839年にツイードとタータンを揃えた店をロンドンに構えたことが発祥だといわれています。Gardiner兄弟は、当時民族衣装であったタータンをファッションとして普及させ、また後に世界中から評価されるようになったスコットランド素材やニットを拡げた先駆者でした。

1986年には衣料部門において、国に貢献した功績が認められ、Coat of Arms(紋章)が与えられました。この中に刻まれている “Seirbheis letreibhdhireas” とはゲール語で “誠実なサービス” という意味です。Knights bridge(ナイツブリッジ)地区にあったお店の跡地は、今でも地元の人たちに “Scotch Corner” と呼ばれています。

撮影/稲田美嗣 撮影協力/堀けいこ

『サライ』11月号の特別付録は、『ザ・スコッチハウス』スケジュール手帳。

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

※この記事は『サライ』本誌2022年11月号より転載しました。

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
12月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店