『サライ』7月号の特別付録は日本が世界に誇る特撮ヒーロー・ウルトラマンシリーズを日本画で描いた作品のポストカードブック。日本画家の村上裕二さんが制作した背景や付録にした作品の見どころを解説します。

およそ2畳分の大きさ。サーガとは画面中央から右のウルトラヒーロー。
『ウルトラマン、セブン、そしてサーガへ』 2012年 171×364cm
(C)MURAKAMI YUJI (C)Tsuburaya Productions

村上裕二さん(日本画家・58歳)

昭和39年、東京生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科(日本画)博士後期課程満期退学。日本美術院展日本美術院賞(大観賞)、同内閣総理大臣賞などを受賞。画集に『ゴジラの世界』『ウルトラマンの世界』など。

画面狭しと躍動するウルトラマンや怪獣たち。特撮が生んだヒーローを、日本画として描いたのが、画家の村上裕二さんだ。なぜウルトラマンを描いたのか。

「20年くらい前でしょうか。画家として描きたいものと、描いてほしいと頼まれるものが、乖離(かいり)してしまったのです」

村上さんは、若くして認められた日本画家だ。芸術家の兄(村上隆)の背を追い、進学した東京藝術大学美術学部で、本格的に日本画を学び始める。

国内最大級の日本画の公募展に公益財団法人日本美術院が主催する「院展」があるが、この院展で、村上さんは日本美術院賞(大観賞)を33歳と35歳の2度、受賞する。また、現代の日本画壇を代表する作家たちの称号「同人(どうにん)」に30 代半ばで早くも推挙され、院展の審査をする側に回った。

傍から見れば順風満帆のようだが、本当に描きたいものが徐々に見えなくなっていったという。

村上さんは平成20年、突如、画家の活動を停止。得度し、山門での修行に入る。

「丸2年ほど周囲との交信も一切断ち、修行に励みました。制作を再開してからは筆の動くまま、ひたすら下図を2000枚以上描きました。その中に、描きたいものの形が現れてきたんです」

アトリエにて。取材時、村上さんは6月の個展に向けて『ゴジラ』の大作に挑んでいた。

日本画の構図・画材・伝統技法を駆使

村上さんはウルトラマンの姿形に造形物としての美しさを感じるという。
『スペシウム光線発射』 2012年 40.7×40.7cm
(C)MURAKAMI YUJI (C)Tsuburaya Productions
頭部をよく見ると、数色の絵の具で黒色を描いているのが分かる。

得度後、制作を再開し、描き続けた下図2000枚の中から現れてきた姿形は、まるでウルトラマンのようだった。

「自分が本当に描きたいものを再認識できたと思いました」

昭和39年生まれの村上裕二さんにとって、ウルトラマンは常にヒーローの象徴だった。

「子どもの頃って、日が暮れ始めると無闇に寂しくなりますよね。家の外も、中も、だんだんと薄暗くなっていく様子が、無性に悲しかったのでしょう。そういう寂しさや不安を解消してくれる存在が、ウルトラマンだったのです」

そうやって誕生したのが、今号の特別付録のポストカードにもなった、ウルトラマンシリーズを題材にした作品だ。日本画の伝統的な技法や構図、画材と村上さんの手により、ウルトラマンは新しい命を吹き込まれた。

江戸時代、浮世絵師が歌舞伎役者の頭部を描いた「大首絵」の構図と同じ。
『セブン』2012年 40.8×40.8cm
(C)MURAKAMI YUJI (C)Tsuburaya Productions
日本画の顔料は、鉱石を粉にした岩絵の具を膠(にかわ)で溶いて作る。
『侵略者対ウルトラマン』 2012年 52.8×52.8cm
(C)MURAKAMI YUJI (C)Tsuburaya Productions
近くで見ると岩絵の具による宝石のような輝きが表れる。
特撮のヒーローと怪獣の戦いが、村上さんの手により幻想的な世界へ転じた。
『エレキング対ウルトラセブン』 2012年 40.8×40.8cm 
(C)MURAKAMI YUJI (C)Tsuburaya Productions
点の集合で表現する点描(てんびょう)の手法で描かれた怪獣エレキング。

取材・文/角山祥道 撮影/吉場正和(人物) 画像提供/求龍堂

【特別付録】村上裕二「ウルトラマンシリーズ日本画ポストカードブック」のご案内

村上さんの画集『ウルトラマンの世界』より8作品を厳選。

気鋭の日本画家・村上裕二さんが描くウルトラマンやウルトラセブン、バルタン星人などの日本画作品をポストカードに配しました。
ポストカードは12.0×18.6cmの大判サイズ。
8枚ひと組で、様々な図柄をお楽しみいただけます。

富士山、夕陽、月夜……。日本画の伝統的な画題や技法とウルトラマンを組み合わせて描いた日本画に注目が集まっています。
作者は、日本画公募展「院展」を主催する日本美術院の審査員で、気鋭の画家・村上裕二さん。金泥や岩絵の具、点描技法により独自の想像力で描きあげた大作の数々をポストカードとしてお届けします。
『サライ』7月号の特別付録は村上裕二「ウルトラマンシリーズ日本画ポストカードブック」

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

※この記事は『サライ』本誌2023年7月号より転載しました。

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店