新着記事

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その1~

勉強ができた私と、まったくできなかった弟。弟を教える役目を背負わされ、成績が悪いと怒られるのは私だった

華弥子さんの勉強の出来は上の下。特に塾などに行かなくても成績は優秀だったそうですが、一方弟は落ちこぼれていたとか。何度教えても理解してくれず、そのことで母親から怒られたこともあったと言います。

「私はそこまで勉強をしたこともないし、親からうるさく言われた記憶もありません。いつも普通よりはできたので、勉強についてそこまで苦手意識もなくて。塾なども行っていなかったし、強要されたことがなかったからでしょうか。でも、弟は本当にサッパリできなくて。両親ともそれなりに勉強はできたと聞いていたので、誰に似たのか、小学校の分数や小数点からつまずいていました。

私が高校に進学した後は、母親から頼まれて弟の勉強を見ていたんです。家庭教師のつもりで少しお小遣いをもらっていたこともあり、成績が悪いと弟じゃなく私が母親から怒られることもありました。数か月で私のほうからやめたいとお願いして、その後ちゃんとした家庭教師に見てもらっていましたね」

華弥子さんが話す両親の話にはいつも弟が登場しています。実際弟との仲はどうだったのでしょうか。

「不仲ということはありませんでした。ケンカ相手というより、子供みたいな感情ですよ。でも、小さい頃から祖母が面倒を見に来てくれていたので、私が弟の面倒を見ることはあまりありませんでした。8歳も歳が離れた子と何を話していたのか、覚えていなんですよね」

高校では反抗期に入り、家族との会話はほぼない状態に。母親と電話でよくケンカをしていたことを覚えていると語ります。

「高校生の時にPHSや携帯が登場し始め、私も持っていました。その前はポケベルで、母親はメッセージをうまく打てなかったから一度外出してしまったら私と連絡を取ることができなくなっていたんですが、携帯はそうはいきません。何の連絡もなしに帰りが遅くなるといつもよく電話がかかってきていました。そこで大概は言い合いになって、側で聞いていた友人から『母親と仲が悪すぎる』と指摘されていたことを覚えています。当時は言葉を交わすだけでもイライラしちゃっていましたね。

でも、不仲は大学の時に一度落ち着いて、離れて暮らすようになって、仲良くなった時もありました。そして30歳を超えて、再び実家で過ごす時期があったんですが、その時には親との距離感がまったくわからないようになっていました」

就職を機に一人暮らしを開始。その後結婚を前提とした男性と一緒に暮らし始めますが、うまくいかず破局してしまいます。そして、再度実家で暮らし始めるものの、干渉してくる親に辛くあたってしまい、罪悪感に襲われる毎日で……。

~その2~に続きます。】

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

  1. 【娘のきもち】毒親からの歪んだ愛情。家族が歪みに気づくまで20年必要だった原因とは~その2~

  2. 【娘のきもち】毒親からの歪んだ愛情。家族が歪みに気づくまで20年必要だった原因とは~その1~

  3. 【娘のきもち】甘え下手な姉と両親の間にできた長年の確執。和解のきっかけは私への嫉妬だった~その2~

  4. 【娘のきもち】甘え下手な姉と両親の間にできた長年の確執。和解のきっかけは私への嫉妬だった~その1~

  5. 【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を解放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

  6. 【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を解放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

  7. 【娘のきもち】マタハラに負けなかった責任感は母親ゆずり。今だからわかる親の強さ~その2~

  8. 【娘のきもち】マタハラに負けなかった責任感は母親ゆずり。今だからわかる親の強さ~その1~

  9. 【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談できなかった理由~その2~

    【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談できなかった理由~その2~

  10. 【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談できなかった理由~その1~

    【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談できなかった理由~その1~

  11. 【娘のきもち】母親の借金で見えた両親の絆。一人っ子が背負う「自分が支えなければ」という思い~その2~

    【娘のきもち】母親の借金で見えた両親の絆。一人っ子が背負う「自分が支えなければ」という思い~その2~

  12. 【娘のきもち】母親の借金で見えた両親の絆。一人っ子が背負う「自分が支えなければ」という思い~その1~

    【娘のきもち】母親の借金で見えた両親の絆。一人っ子が背負う「自分が支えなければ」という思い~その1~

  13. 【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

    【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

  14. 【娘のきもち】幾つもの困難を経て生まれた8歳下の弟。母親の溺愛は日常の風景だった~その1~

    【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その1~

  15. 【娘のきもち】両親に大きな庭付きの一軒家をプレゼント。今までもこれからも実家が安らぐ場所になるように~その2~

    【娘のきもち】両親に大きな庭付きの一軒家をプレゼント。今までもこれからも実家が安らぐ場所になるように~その2~

  16. 【娘のきもち配は過剰にしても、何かを押しつけたりは絶対にしない。小さい頃一度も寂しい思いをすることもなかった~その1~

    【娘のきもち】心配は過剰にしても、何かを押しつけたりは絶対にしない。小さい頃一度も寂しい思いをすることもなかった~その1~

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】毒親からの歪んだ愛情。家族が歪みに気づくまで20年…
  2. 【娘のきもち】毒親からの歪んだ愛情。家族が歪みに気づくまで20年…
  3. 【娘のきもち】甘え下手な姉と両親の間にできた長年の確執。和解のき…
  4. 【娘のきもち】甘え下手な姉と両親の間にできた長年の確執。和解のき…
  5. 【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を解放してほしい」と両…
PAGE TOP