新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)牡羊座~蟹座編

指を動かすだけで健康効果がある「指ヨガ」|『全身ポーズと同じ効果!! 指だけヨガ』

指を動かすだけで健康効果がある「指だけヨガ」のやり方

10号帆布のかぶせショルダーバッグ|ものの出し入れがしやすい、使い勝手がよく練られた帆布鞄

スタイルドライブエス|疲れやすい腰まわりをサポート。正しい運転姿勢に導く

【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調査を依頼された探偵が出した報告書の衝撃~その2~

【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調査を依頼された探偵が出した報告書の衝撃~その1~

明智光秀が松平竹千代(後の徳川家康)に食べさせた 〈美濃の干し柿〉。 取り寄せてみたら絶品だった【麒麟がくる 満喫リポート】

「もしかして白内障…?」ケアマネジャーが「白内障」の疑いがある人に眼科受診を勧める理由

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年
  2. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その1~

勉強ができた私と、まったくできなかった弟。弟を教える役目を背負わされ、成績が悪いと怒られるのは私だった

華弥子さんの勉強の出来は上の下。特に塾などに行かなくても成績は優秀だったそうですが、一方弟は落ちこぼれていたとか。何度教えても理解してくれず、そのことで母親から怒られたこともあったと言います。

「私はそこまで勉強をしたこともないし、親からうるさく言われた記憶もありません。いつも普通よりはできたので、勉強についてそこまで苦手意識もなくて。塾なども行っていなかったし、強要されたことがなかったからでしょうか。でも、弟は本当にサッパリできなくて。両親ともそれなりに勉強はできたと聞いていたので、誰に似たのか、小学校の分数や小数点からつまずいていました。

私が高校に進学した後は、母親から頼まれて弟の勉強を見ていたんです。家庭教師のつもりで少しお小遣いをもらっていたこともあり、成績が悪いと弟じゃなく私が母親から怒られることもありました。数か月で私のほうからやめたいとお願いして、その後ちゃんとした家庭教師に見てもらっていましたね」

華弥子さんが話す両親の話にはいつも弟が登場しています。実際弟との仲はどうだったのでしょうか。

「不仲ということはありませんでした。ケンカ相手というより、子供みたいな感情ですよ。でも、小さい頃から祖母が面倒を見に来てくれていたので、私が弟の面倒を見ることはあまりありませんでした。8歳も歳が離れた子と何を話していたのか、覚えていなんですよね」

高校では反抗期に入り、家族との会話はほぼない状態に。母親と電話でよくケンカをしていたことを覚えていると語ります。

「高校生の時にPHSや携帯が登場し始め、私も持っていました。その前はポケベルで、母親はメッセージをうまく打てなかったから一度外出してしまったら私と連絡を取ることができなくなっていたんですが、携帯はそうはいきません。何の連絡もなしに帰りが遅くなるといつもよく電話がかかってきていました。そこで大概は言い合いになって、側で聞いていた友人から『母親と仲が悪すぎる』と指摘されていたことを覚えています。当時は言葉を交わすだけでもイライラしちゃっていましたね。

でも、不仲は大学の時に一度落ち着いて、離れて暮らすようになって、仲良くなった時もありました。そして30歳を超えて、再び実家で過ごす時期があったんですが、その時には親との距離感がまったくわからないようになっていました」

就職を機に一人暮らしを開始。その後結婚を前提とした男性と一緒に暮らし始めますが、うまくいかず破局してしまいます。そして、再度実家で暮らし始めるものの、干渉してくる親に辛くあたってしまい、罪悪感に襲われる毎日で……。

~その2~に続きます。】

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってくれたSNSからの応援~その2~

  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってくれたSNSからの応援~その1~

  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシングルマザーを選択した理由~その2~

  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシングルマザーを選択した理由~その1~

  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの。それは親ではなく我が子だった~その2~

  6. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの。それは親ではなく我が子だった~その1~

  7. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親に本音はぶつけられない~その2~

  8. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親に本音はぶつけられない~その1~

  9. 【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その2~

  10. 【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その1~

  11. 【娘のきもち】ずっと心にあった「親じゃないくせに」。隣で暮らす伯母との近すぎる関係が招いたもの~その2~

  12. 【娘のきもち】ずっと心にあった「親じゃないくせに」。隣で暮らす伯母との近すぎる関係が招いたもの~その1~

  13. 【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消のきっかけは親族の借金だった~その2~

  14. 【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消のきっかけは親族の借金だった~その1~

  15. 【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その2~

  16. 【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP