新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「ないものねだりばかりで姉妹ケンカを続け、両親には長年迷惑をかけちゃっていましたね」と語るのは、真美さん(仮名・36歳)。彼女は現在、関西の飲食店でパート勤務をしながら、1人の娘を持つ兼業主婦です。細くて小柄でかわいらしい雰囲気のある女性で、実年齢よりもかなり若く見えます。

仲良し夫婦の性格は正反対。優しく温厚な父親に、1円も細かくチェックする母親

真美さんは大阪府出身で、両親と双子の妹がいる4人家族。父親はサラリーマン、母親は専業主婦で、小さい頃は平日に父親と顔を合わせることがなかったと振り返ります。

「両親は同い年で、夫婦ケンカをしていた記憶もあまりないほど仲良しでしたね。目の前でイチャイチャされることはなかったというか、父親は仕事が忙しくて、小さい頃は平日なんてほとんど会っていませんでした。たまに夜中にトイレで起きると、深夜なのに父は決まって何かを食べていました。私に物心がついた時から父親はずっと太っていて、これが原因かと小さいながらにもしみじみ思っていましたね(笑)」

仲良しだったものの、両親の性格は正反対。その違いがよくわかるエピソードを教えてくれました。

「父親は温厚で、私たちのわがままもよく聞いてくれていました。大人になってから思うのは、週末くらいゆっくり休みたいということ。なのに私たちは、よく近所の市民プールや、ドライブなど毎週のようにどこかに連れて行けとせがんでいましたね(苦笑)。しんどかっただろうに……。

一方で母親は、まぁ細かい。私たちは母親と買い物に行くと、お菓子の金額が60円~100円くらいに決められていて、小さい頃に消費税が始まったんですが、母の基準が税込み価格で。あの時はたしか記載金額が税抜のままで、まだ自分たちで計算があまりできなかったのに少しでもオーバーしていると棚に戻されて……、容赦なかったですね(苦笑)。おかげで同級生よりも消費税の計算が早くできるようになりましたけどね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】マタハラに負けなかった責任感は母親ゆずり。今だから…
  2. 【娘のきもち】マタハラに負けなかった責任感は母親ゆずり。今だから…
  3. 【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談できなかった理由~その2~ 【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談…
  4. 【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談できなかった理由~その1~ 【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談…
  5. 【娘のきもち】母親の借金で見えた両親の絆。一人っ子が背負う「自分が支えなければ」という思い~その2~ 【娘のきもち】母親の借金で見えた両親の絆。一人っ子が背負う「自分…
PAGE TOP