新着記事

ナット・キング・コール『ザ・クリスマス・ソング』

「クリスマス・ジャズ」はなぜこんなに楽しいのか【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道33】

玉の輿婚

「玉の輿」に乗った女性たち、出会いの場はどこ?|3位は学校、2位は職場、1位は?

大賞と各部門賞の選考を終え、記念のカメラに収まる審査員のみなさん。「あったらいいな」の視点から、議論を戦わせた。

第18回 2019年 「サライ大賞」発表|読者が選んだ「サライ世代に優しい商品」

退職時・退職後の税金の申告は?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

会社員でも要注意! 退職時・退職後に税金の申告が必要になる場合とは?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

鶏肉とじゃがいものローズマリーグリル

【管理栄養士が教える減塩レシピ】春だけじゃない!秋も旬のじゃがいもを使った料理2品

副業

年収800万円以上のビジネスマンの約2割が副業している!|副業での年収は「100万円以上~499万円以下」が最多

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、大阪市内で5歳の子供を育てながら時短勤務を行う、兼業主婦の華弥子さん(仮名・38歳)。大阪府出身で、両親と8歳下に弟のいる4人家族。華弥子さんは共働きの両親の下で育ち、小さい頃の面倒は母方の祖母が見てくれていました。家に居る時の母親は8歳下の弟にベッタリ。高校生では反抗期もあり、家族との会話はほぼ無くなっていたようで……。

「反抗期が始まる前は特に不仲ということはなく、両親とも仕事人間だったんですが、学校のことなどを報告する家族との時間はありました。反抗期は高校生から。当時は携帯が出たばかりの頃で買い与えてもらっていたにも関わらず、家からの着信があるだけでもイライラしてしまっていました」

一人暮らしをして、親が今までしてくれていたことが当たり前じゃないと知った

華弥子さんは大学進学後も実家から通い、その後は反抗期も落ち着いてきたとか。しかしその頃には家族で出かけることもなくなっていたそうです。

「同じ家で暮らしているだけ、といった状態でした。両親と弟の3人だけでご飯を食べに行くこともありました。でも、それについて何かを思っていたわけではなくて。強制されるほうがきっとしんどかったんじゃないかな。最初の頃は母からメールで一度は『一緒に行く?』と聞かれていたんですが、断り続けると誘われなくなりましたね(苦笑)。でもよくお持ち帰りで私の分を買って帰ってきてくれていました」

大学卒業後は府内の建築関係の企業へ就職。実家から通うには通勤時間がかかり過ぎるということで、祖母の援助もあり一人暮らしがスタートします。

「一人暮らしを始めて、親のありがたみが本当によくわかりました。実家だと冷蔵庫を開けると何かしらの食べ物は入っているけど、一人暮らしは当たり前なんですが、自分が買って来ないと入っていない。洗濯物もたまっていく一方だし、部屋もどんどん汚れていく。それに、実家では最初に帰宅することなんてなかったから、真っ暗な家というのがこんなにも孤独を感じるものなんだなって気づいたり。一人暮らしを初めてから両親との関係も良好になった気がします。たまにしか会わないからお互いにケンカモードにならないんですよね」

母親の干渉が鬱陶しくてキツくあたってしまうことも……

27歳の時に結婚を前提に付き合っていた男性と同棲を開始します。しかし、31歳の時に破談となり、実家に戻ることに……。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  2. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  3. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
  4. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
  5. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親…
PAGE TOP