新着記事

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

医師206名に聞いた「新型コロナウイルス」対策と予防法

白菜と春雨の中華炒め

【管理栄養士が教える減塩レシピ】甘みを感じる「旬の白菜」をたっぷり使ったご飯が進むおかず2品

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】幾つもの困難を経て生まれた8歳下の弟。母親の溺愛は日常の風景だった~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「10年離れた後にもう一度家族で暮らすようになり、両親との距離感が掴めなくなっていました。私だけでなく、両親もそうだったんじゃないかな」と語るのは、華弥子さん(仮名・38歳)。彼女は現在、大阪市内で5歳の子供を育てながら、時短勤務を行う兼業主婦です。少し早口ながらハキハキと話す姿は好印象を与え、手足の長いスラッとした容姿は年齢よりも若く見えます。

2度の流産を経て生まれた弟。母親は弟にベッタリだった

華弥子さんは大阪府出身で、両親と8歳下に弟のいる4人家族。両親ともにフルタイムで働いており、小さい頃の面倒を見てくれたのは近所に住む母方の祖母だったと言います。

「父と母は別の会社でしたが、朝からスーツをビシッと着て、一緒に出かけていく姿を覚えているんです。それが夏休みだったのか、日常だったのかは思い出せないんですが、朝から家には祖母がいて、朝ごはんの準備をしてくれていたことが薄っすらと記憶に残っています」

華弥子さんと弟は8歳違い。ある理由があり、母親は弟を溺愛していたそう。

「実は私と弟の間に母親は2度妊娠したらしいのですが、どちらも流産してしまったと聞いています。弟が生まれるまで母は気持ちの浮き沈みが激しく、体調も崩したこともあったと祖母が言っていました。

そんなこともあって、母親が最も優先するのはいつも弟。弟のほうも母がずっと働きに出ていて寂しかったのか、家で一緒にいる時は常にベタベタしていましたね。私はそんな姿にヤキモチを焼いていたわけでもなく、それが日常といった感じで慣れていました。父親も仕事人間で小さい頃はそこまで一緒にいてくれなくて、私はずっと祖母と一緒にいてもらっていました。祖母は厳しいところもあったけど、私のことを常に気にしてくれていましたから」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP