新着記事

膝や腰の痛み、原因は足の形かも 甲高や扁平だと、なぜひざや腰に負担がかかるのか?|「足の形」が原因の膝や腰の痛み メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】 日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品 今もっともアツい動物行動学者、入交眞巳先生の新刊は愛猫家必読のバイブル【にゃんこサライ特別編】 レクサス車の顔として定着した、台形をふたつ合わせたようなスピンドルグリルが印象的。ヘッドライトは小型LED3眼を採用。 レクサスES|12年ぶりに国内販売を再開した上級4ドアセダンの革新性【石川真禧照の名車を利く】 【ビジネスの極意】なぜ、有望な新人を適材適所に配置できないのか? 【ビジネスの極意】なぜ、有望な新人を適材適所に配置できないのか? 鉄瓶 観月アラレ|まろやかな湯が沸く使い勝手のよいサイズの鉄瓶

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「金銭的には絶対苦しい時期もあったと思うんです。でも両親はその姿を一切私には見せず、アルバイトさえさせてくれませんでした」と語るのは、沙織さん(仮名・38歳)。彼女は現在、都内の病院で歯科医として働いています。鎖骨まである長い髪は毛先がふんわりと巻かれており、笑顔からは白く整った歯をのぞかせています。話し方は柔らかく、丁寧にゆっくり受け答えしてくれる姿は育ちの良さを感じさせます。

心配性の母親はいつでもどこに行くのも一緒。それが普通だった

沙織さんは神奈川県の横浜市出身で、両親と2歳上に兄のいる4人家族。父親は銀行員、母親は専業主婦で、父方の祖父母と同居していたと言います。

「母親も若い頃は父親と同じ銀行に勤めており、2人は元同僚だったそうです。祖父母とは2人が亡くなるまで一緒に住んでいました。家族仲も良かったし、そこまで躾に厳しくもなかったです。それによく勘違いされることが多いんですが、医者一家ではないし、そこまで裕福でもありません。それに両親ともに勉強を強要されることは全くなかったです。どちらかというと成績は悪いほうでしたから」

躾は厳しくなかったものの母親は少し過保護だったと、沙織さんは当時のあるエピソードを教えてくれました。

「過保護というか、とにかく心配性で、小さい頃から友人と出かける時は場所を言わないといけなかった。そしてその場所が母親の中で少しでも心配要素があるとダメだと言われたり、その場所に一緒に付いてくることもありました。さらには私が中学生の時に関西で大きな震災があったことで、横浜から東京ぐらいの距離でも、今は危ないからと注意されていました。中学、高校になっても心配性は続き、少しの遠出はいつも母親と一緒でしたね。それに心配性は母親だけではなく祖母も。大学の入学式は2人して付いてきましたから。でも当時はそれが普通だと思っていたので違和感はありませんでした」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘の気持ち】兄の失業に、自身の流産。2度の辛い場面を乗り越えられたのは、一度は遠ざけた両親からの愛情だった~その2~ 【娘の気持ち】兄の失業に、自身の流産。二度の辛い場面を乗り越えら…
  2. 【娘のきもち】アクティブな両親と落ち着いた兄。休日の度に家族で行くキャンプが大好きだった~その1~ 【娘のきもち】二度とこんな思いをしたくないと妊娠を怖がった。その…
  3. 【娘の気持ち】祖母が倒れた時に仕事人間の父が離職。祖母の介護を「したいこと」と言った父のようになりたいと思った~その2~ 【娘の気持ち】祖母が倒れた時に仕事人間の父が離職。祖母の介護を「…
  4. 【娘のきもち】両親はともに小学校教諭。教育者の子供として、しっかりしなくてはという思いが小さい頃からあった~その1~ 【娘のきもち】両親はともに小学校教諭。教育者の子供として、しっか…
  5. 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになっ…
PAGE TOP