新着記事

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「金銭的には絶対苦しい時期もあったと思うんです。でも両親はその姿を一切私には見せず、アルバイトさえさせてくれませんでした」と語るのは、沙織さん(仮名・38歳)。彼女は現在、都内の病院で歯科医として働いています。鎖骨まである長い髪は毛先がふんわりと巻かれており、笑顔からは白く整った歯をのぞかせています。話し方は柔らかく、丁寧にゆっくり受け答えしてくれる姿は育ちの良さを感じさせます。

心配性の母親はいつでもどこに行くのも一緒。それが普通だった

沙織さんは神奈川県の横浜市出身で、両親と2歳上に兄のいる4人家族。父親は銀行員、母親は専業主婦で、父方の祖父母と同居していたと言います。

「母親も若い頃は父親と同じ銀行に勤めており、2人は元同僚だったそうです。祖父母とは2人が亡くなるまで一緒に住んでいました。家族仲も良かったし、そこまで躾に厳しくもなかったです。それによく勘違いされることが多いんですが、医者一家ではないし、そこまで裕福でもありません。それに両親ともに勉強を強要されることは全くなかったです。どちらかというと成績は悪いほうでしたから」

躾は厳しくなかったものの母親は少し過保護だったと、沙織さんは当時のあるエピソードを教えてくれました。

「過保護というか、とにかく心配性で、小さい頃から友人と出かける時は場所を言わないといけなかった。そしてその場所が母親の中で少しでも心配要素があるとダメだと言われたり、その場所に一緒に付いてくることもありました。さらには私が中学生の時に関西で大きな震災があったことで、横浜から東京ぐらいの距離でも、今は危ないからと注意されていました。中学、高校になっても心配性は続き、少しの遠出はいつも母親と一緒でしたね。それに心配性は母親だけではなく祖母も。大学の入学式は2人して付いてきましたから。でも当時はそれが普通だと思っていたので違和感はありませんでした」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親。ガンが見つかったことで人生にある目標ができた~その2~ 【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親…
  2. 【娘のきもち】男女関係なく「ここ(田舎)に残っていても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~ 【娘のきもち】「ここ(田舎)にいても仕事はない。外に出て行け」と…
  3. 【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~ 【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたい…
  4. 【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~ 【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中…
  5. 【娘の気持ち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあったものの、子供にお金の苦労は一度もかけることはなかった~その2~ 【娘のきもち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあった…
PAGE TOP