新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「私が理容師になることに不安がなかったのは、両親の仕事を見てきたからだと思います」と語るのは、栞さん(仮名・21歳)。彼女は現在、都内にある美容と理容を併設するお店で理容師として働いています。明るい茶色のショートヘアに、きめ細かい白い肌、パッチリとした瞳やゆったりとした話し方などから、可愛らしい雰囲気を感じます。

両親、祖父母ともに理容師。週末も働く両親に代わって、祖父母が面倒を見てくれていた

栞さんは千葉県出身で、両親と2つ下に弟のいる4人家族。両親はともに理容師、さらには父方の祖父母も理容師をしており、千葉には祖父母と両親のお店があったと言います。

「うちの両親は理容師の専門学校の同級生で、若い頃はよく知らないんですが、私がたしか2歳ぐらいの時には今のお店を開いていました。お店は自宅の1階にあって、2、3階が自宅といった感じです。今のお店の前にも、家から遠い場所に2人で経営していたお店があったので、今は2店舗目ですね。そして、実家から車ですぐの距離には祖父母のお店もあります。祖父母のお店も自宅兼お店で、2人ともまだ現役なので営業を続けています」

両親はともに接客業。土日はもちろん仕事で忙しくしており、小さい頃は寂しい思いをしたそう。小学校までは週末の度に祖父母の家に預けられていたと栞さんは語ります。

「最初は週末の度に、学校の友達の家に電話をかけて遊びに誘っていました。でも、ほとんどの子は親と出かけていて電話にさえ出ない。この子は親と遊んでもらっているんだなって、羨ましくて寂しかった記憶が残っています。

いつからか弟と一緒に祖父母の家に週末預けられるようになりました。祖父母も当時から仕事をしていたんですが、両親のように毎日仕事ではなく、自分たちのペースでお店をやっていたので私たちの面倒をよく見てくれていました。祖父母の家に行って、寂しい思いをしたことは一度もありませんでした」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両…
  2. 【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両…
  3. 【娘のきもち】マタハラに負けなかった責任感は母親ゆずり。今だから…
  4. 【娘のきもち】マタハラに負けなかった責任感は母親ゆずり。今だから…
  5. 【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談できなかった理由~その2~ 【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談…
PAGE TOP