新着記事

蒸れを防ぐ秘密機構で夏場も快適な撥水帽子

『あなたへ』

降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎる日本映画 第31回】

夏の登山・ハイキング人気スポットランキング!

登山・ハイキング人気スポットランキング|「世界自然遺産」から「日本百名山」まで夏に行きたい景勝地10選

高血圧

「高血圧治療ガイドライン」改定であなたも高血圧!?|40代からは塩分量に注意が必要!

畳の香りにつつまれて極上の昼寝ができる快眠寝具セット

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

東京の伝統工芸の魅力を発信!『進化する粋 東京手仕事展』日本橋三越本店で開催中

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「私が理容師になることに不安がなかったのは、両親の仕事を見てきたからだと思います」と語るのは、栞さん(仮名・21歳)。彼女は現在、都内にある美容と理容を併設するお店で理容師として働いています。明るい茶色のショートヘアに、きめ細かい白い肌、パッチリとした瞳やゆったりとした話し方などから、可愛らしい雰囲気を感じます。

両親、祖父母ともに理容師。週末も働く両親に代わって、祖父母が面倒を見てくれていた

栞さんは千葉県出身で、両親と2つ下に弟のいる4人家族。両親はともに理容師、さらには父方の祖父母も理容師をしており、千葉には祖父母と両親のお店があったと言います。

「うちの両親は理容師の専門学校の同級生で、若い頃はよく知らないんですが、私がたしか2歳ぐらいの時には今のお店を開いていました。お店は自宅の1階にあって、2、3階が自宅といった感じです。今のお店の前にも、家から遠い場所に2人で経営していたお店があったので、今は2店舗目ですね。そして、実家から車ですぐの距離には祖父母のお店もあります。祖父母のお店も自宅兼お店で、2人ともまだ現役なので営業を続けています」

両親はともに接客業。土日はもちろん仕事で忙しくしており、小さい頃は寂しい思いをしたそう。小学校までは週末の度に祖父母の家に預けられていたと栞さんは語ります。

「最初は週末の度に、学校の友達の家に電話をかけて遊びに誘っていました。でも、ほとんどの子は親と出かけていて電話にさえ出ない。この子は親と遊んでもらっているんだなって、羨ましくて寂しかった記憶が残っています。

いつからか弟と一緒に祖父母の家に週末預けられるようになりました。祖父母も当時から仕事をしていたんですが、両親のように毎日仕事ではなく、自分たちのペースでお店をやっていたので私たちの面倒をよく見てくれていました。祖父母の家に行って、寂しい思いをしたことは一度もありませんでした」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】一緒に暮らすことを強制する権利は誰にもない。家族バラバラで生活する距離感が私たち家族には合っていた~その2~ 【娘のきもち】一緒に暮らすことを強制する権利は誰にもない。家族バ…
  2. 【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早めに帰宅するようになった時、接し方がわからなくなっていた~その1~ 【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早め…
  3. 【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親に申し訳なく思う気持ちを父親は救ってくれた~その2~ 【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親…
  4. 【娘のきもち】一家の大黒柱・父親の言うことは絶対。期待に応えるため、2人の妹を持つ姉として頑張るしかなかった~その1~ 【娘のきもち】一家の大黒柱・父親の言うことは絶対。期待に応えるた…
  5. 【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~ 【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び…
PAGE TOP