離婚はしてもらいたくない。でも一緒にいることを強制する権利はないと思った

離れて暮らしてから母親とは、電話で月に2~3回のペースで連絡が来ていたとのこと。母親からの内容は近況報告の他、大半は父親への愚痴だったそう。亜由美さんはほとんどを聞き流していたそうですが……。

「母親はキッチンを自分のテリトリーだと思っているところがあって、誰かが使うことを極端に嫌がります。母のことをちっとも知らない父親は、なんと料理を始めたみたいで、そのことをいつも愚痴っていました。そのくらいから、『お父さんと別れたい』と口にするようになったんです。父親は浮気するタイプでもなかったし、借金を外で作ってくるタイプでもない。とりわけひどい離婚理由があるわけじゃなかったから、母親は言いたいだけだと、聞くことしかしていませんでした」

社会人になって3年目、帰省時に母親から『離婚していい?』と聞かれたそう。

「思わず、『嫌だ』って言いました。もう反対する年でもないのに、何を言っているんだって感じですよね。でも、両親の離婚が怖かったというより、一人になったら何もできなくなる父親を、私一人で面倒を見ていかなければいけないんだっていう恐怖だったのかもしれません。そんなことを思い反対する自分が本当に勝手な人間に思えてきて、強く反対することができませんでした。

結果、両親は話し合い、ひとまず別居することになりました。最初は父親が家に残って、母親が出て行ったんですが、今は父親も実家を離れて生活をしていますね」

今も両親は別居を続け、実家は親戚に貸しているとのこと。3人で過ごす時間は増えたか聞いてみたところ、亜由美さんはやや複雑そうに「今は実家がないので、仲良く3人で待ち合わせをして、食事に行くこともあります。私が関西に帰省する時は母親の家に泊まることがほとんどですが、母親と一緒に父親の家に遊びに行ったりもしました。3人とも程よい距離を保てているからなのか、年を取っただけなのかわかりませんが、今が一番いい関係性なのかもしれません」と語ります。

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店