新着記事

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。

【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長・75歳)「研究成果は楽しい読み物で社会に伝える。ファーブルのおかげでそう決意しました」

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早めに帰宅するようになった時、接し方がわからなくなっていた~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早めに帰宅するようになった時、接し方がわからなくなっていた~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「家族でも常に一緒にいることはない。今別々に暮らしている両親を見て、心からそう思います」と語るのは、亜由美さん(仮名・37歳)。彼女は現在、東京の企業でマネジメントの仕事をしています。少し声が大きく、身振り手振りを交えながら話すところなどから、社交的で感情表現が豊かな様が見て取れました。

小さい頃の父親の記憶は皆無。週末も一緒に遊んでくれることはなかった

亜由美さんは兵庫県出身で、両親との3人家族。実家は大きな平屋の一軒家で、父方の親戚も車で数分の距離のところに集中していたと言います。

「そこまで親戚づきあいがあるわけではなかったけど、父親には3歳年下の妹がいて、父より4つ下の母親と年が近くて仲良しだったのか、よく家に遊びに来ていた記憶が残っています。叔母さんは結婚していたけどずっと子供がいなくて、私のことをすごく可愛がってくれました。祖父母よりも叔母は欲しいものをなんでも買ってくれていました」

亜由美さんの小さい頃の話を聞く中、少しも父親の話が出てきません。それほどに父親の印象が残っていないそう。

「小学生の頃ぐらいまでは私が起きているまでに帰ってきた記憶がなくて。夜中に目が覚めた時に話し声が薄っすらと聞こえてくるくらいでした。休みの日も一緒に遊んでいた思い出がまったくないんです。家族旅行も、母親と叔母さんと3人で行っていましたから。

当時父親は商社のサラリーマンだったんですが、よく海外の出張にも行っていました。どこへ行っていたのかは覚えていませんが、海外のレザーでできたキーホルダーなどをお土産にもらっていて、それをランドセルにつけていましたね。キーホルダーは魚のモチーフが多くて、ちっともかわいくなかったので、あんまり喜んでいなかったそうです(苦笑)」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】マタハラに負けなかった責任感は母親ゆずり。今だから…
  2. 【娘のきもち】マタハラに負けなかった責任感は母親ゆずり。今だから…
  3. 【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談できなかった理由~その2~ 【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談…
  4. 【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談できなかった理由~その1~ 【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談…
  5. 【娘のきもち】母親の借金で見えた両親の絆。一人っ子が背負う「自分が支えなければ」という思い~その2~ 【娘のきもち】母親の借金で見えた両親の絆。一人っ子が背負う「自分…
PAGE TOP