新着記事

酒倉染とコルクの3WAYバッグ|味わいのある帆布とコルクで作った、使い勝手のいいバッグ

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの鮮魚卸「ふじわら」

医学部受験合格者1,031人に聞きました! 勉強法から精神面、身体面まで受験直前対策を一挙紹介!!

勉強法から精神面まで、医学部受験合格者に聞いた「受験直前対策」 

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その1~

金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。

信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞台となった金ヶ崎城に秘められた歴史があった

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

半島をゆく

フロイスとジュリアン、長崎県西海市内で見たふたつの像【半島をゆく 西彼杵・島原半島 特別編2】

『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイをお届けします。

文・画/北村さゆり

(スケッチと実写) 横瀬浦公園からは、八の子島がみえる。

(スケッチと実写) 横瀬浦公園からは、八の子島がみえる。

(スケッチと実写)横瀬浦公園からは、八の子島がみえる。

長崎県西海市内でふたつの像を見た。横瀬浦公園では、ルイスフロイス像。もうひとつは天正遣欧少年使節の一人中浦ジュリアンの生家跡付近に建つ中浦ジュリアン像だ。

ルイスフロイス像

ルイスフロイス像

中浦ジュリアン

中浦ジュリアン

街で見かける偉人像が、本人を目の前にして作られるケースは少ない。

歴史上の人物は写真や絵が残っていたらラッキーで、作画する場合は、参考資料として活用する。だけど大概は文献を読み込んで作者の主観で創られる。

時代考証やふさわしいポーズを決めるまでの制作過程を考えると、誰もができることではない。

制作者にとっては大きなプレッシャーではあるけど、名誉ある仕事になる。実際に出来上がった像は、末長く大切にされ街の景色になる。

実際に公園で像を見た私は、衣装を決めるのは難しかったろうなぁ〜なんて考えながらみていた。もっと素直に見るべきだったなぁ。

3本の煙突のようなスケッチは、旧海軍佐世保鎮守府の無線送信所として建設されたコンクリート製の電波塔。針尾無線塔と言い、大正11年(1922)に完成したもの。高さ・古さともに日本一。重要文化財に指定され、横瀬浦の景色には馴染んでいた。

針尾無線塔。国の重要文化財になっている。

針尾無線塔。国の重要文化財になっている。

針尾無線塔。国の重要文化財になっている。

 


文・画/北村さゆり
昭和35年、静岡県生まれ。日本画家。『利休にたずねよ』『三鬼』など小説の挿絵も担当。著書に『中世ふしぎ絵巻』など。

http://kitamurasayuri.jp/profile

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. (スケッチと実写の八の子島) 船上から見た八の子島。山頂の十字架が往時の雰囲気を醸し出す。 佐世保湾に浮かぶ十字架を頂いた神秘の小島をスケッチ【半島をゆく …
  2. 本丸跡にたつ天草四郎像。 天草・島原のキリシタン一揆はなぜ原古城に籠もったのか?【半島をゆ…
  3. 横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。 なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく …
  4. イエズス会の巡察使として来日したヴァリニャーノ(南島原市口之津公園にある銅像) 「バテレン追放」|日本の植民地化危機を救った秀吉の決断【半島をゆ…
  5. キリシタンのまほろば|佐世保湾歴史クルージング【半島をゆく 歴史…
PAGE TOP