新着記事

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

野筆セット|野外で書道を愉しめる小型・軽量の墨筆セット

発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

折りたためるオールシーズンハット|オーソドックスなスタイルで誰でも似合う“普通の帽子”

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

半島をゆく

フロイスとジュリアン、長崎県西海市内で見たふたつの像【半島をゆく 西彼杵・島原半島 特別編2】

『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイをお届けします。

文・画/北村さゆり

(スケッチと実写) 横瀬浦公園からは、八の子島がみえる。

(スケッチと実写) 横瀬浦公園からは、八の子島がみえる。

(スケッチと実写)横瀬浦公園からは、八の子島がみえる。

長崎県西海市内でふたつの像を見た。横瀬浦公園では、ルイスフロイス像。もうひとつは天正遣欧少年使節の一人中浦ジュリアンの生家跡付近に建つ中浦ジュリアン像だ。

ルイスフロイス像

ルイスフロイス像

中浦ジュリアン

中浦ジュリアン

街で見かける偉人像が、本人を目の前にして作られるケースは少ない。

歴史上の人物は写真や絵が残っていたらラッキーで、作画する場合は、参考資料として活用する。だけど大概は文献を読み込んで作者の主観で創られる。

時代考証やふさわしいポーズを決めるまでの制作過程を考えると、誰もができることではない。

制作者にとっては大きなプレッシャーではあるけど、名誉ある仕事になる。実際に出来上がった像は、末長く大切にされ街の景色になる。

実際に公園で像を見た私は、衣装を決めるのは難しかったろうなぁ〜なんて考えながらみていた。もっと素直に見るべきだったなぁ。

3本の煙突のようなスケッチは、旧海軍佐世保鎮守府の無線送信所として建設されたコンクリート製の電波塔。針尾無線塔と言い、大正11年(1922)に完成したもの。高さ・古さともに日本一。重要文化財に指定され、横瀬浦の景色には馴染んでいた。

針尾無線塔。国の重要文化財になっている。

針尾無線塔。国の重要文化財になっている。

針尾無線塔。国の重要文化財になっている。

 


文・画/北村さゆり
昭和35年、静岡県生まれ。日本画家。『利休にたずねよ』『三鬼』など小説の挿絵も担当。著書に『中世ふしぎ絵巻』など。

http://kitamurasayuri.jp/profile

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 金ケ崎城跡から望む敦賀湾 信長、秀吉、家康+光秀が従軍した戦国史跡「金ケ崎の絶景」【「半島…
  2. 往時には北前船が行き交ったかもめ島 榎本武揚・土方歳三らが蝦夷共和国の夢を託した開陽丸。精緻に復元さ…
  3. 越前産の石で造られた狛犬。 主従ではなくて平等ーー。和人とアイヌが混住していた北海道の戦国時…
  4. 広大な勝山館。必見の価値あり。 サハリン、アムール川流域とも交易をした北方の中世都市と巨大城館「…
  5. 北端の天守閣・松前城。桜の名所でもある。 シャクシャインの戦いで出兵した津軽藩侍大将は、石田三成の孫だった…
PAGE TOP