新着記事

ゴルフで仕事がうまくいった人は6割! 会社員500名のゴルフ事情

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

巨大な名峰『立川談志山』登頂のためのガイドブック|『談志語辞典』

自分の欲望をカネで解決するのを、恥ずかしいこととしてやらないのが「江戸っ子の品」|弟子だからこそ知っている「談志のことば」

【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは?

車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身

お母さんが1番大変だと感じる「朝ごはんの準備」どう乗り切っている?

ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

人間関係が幸せの道すじ【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

人間は人間関係の中でしか、自分の存在や価値を見出せない【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

429人にアンケート調査!|子どもが医学部受験をしたことのある母親へ質問しました! 当時お子様のために何をしていましたか? 医学部受験のコツとは…!?

子どもが医学部受験をしたことのある母親429人に聞いた「医学部合格のコツ」

海苔の佃煮

【管理栄養士が教える減塩レシピ】新海苔の季節!旨味たっぷり海苔を使った佃煮&おかずレシピ

今年のノーベル賞「低酸素応答」乳癌の検査や治療への応用は?

今年のノーベル賞「低酸素応答」|乳癌の検査や治療への応用は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】受精卵の異常で流産に。父は自身の病気のせいだと自分を責めて、彼に謝り続けた~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】受精卵の異常で流産に。父は自分の病気のせいだと自分を責めて、彼に謝り続けた~その2~

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、東京の通信機器を扱うメーカーで事務の仕事をしている桃子さん(仮名・40歳)。山梨県出身で、両親と4歳上に姉のいる4人家族。桃子さんが“気分屋”という父親が大学生の時に入院しますが、一度もお見舞いに行かず、その行為により両親との不仲が浮き彫りになります。

「父親が入院したのは、勉強を必死に頑張って、都内の大学で一人暮らしを始めていた時で、父のお見舞いだけではなく、帰省もほぼしていませんでした。帰省していたのは親族が集まるお正月休みくらい。あの時はとにかく家を出られた解放感でいっぱいで、もう二度と戻りたくないって、強く思っていました。私がお見舞いに行かなかったことを父がどう思っていたかなんて、まったく考えていませんでしたね」

母親からの定型文メールは、父の体調報告メールへ。親族の集まりの度に親が小さく見えていった

そこから父親は入退院を繰り返すようになったそうですが、母親との連絡は相変わらずメールのみ。電話にはわざと出なかったと言います。

「母親は逐一私に父親の様子をメールしてきました。正式には、一度着信を残して、しばらくしてからメールという流れです。私は一度も母親からの電話を取ることはありませんでした。母親はきっと父の言葉を代弁してくるだろうと思ったし、それに弱音を吐かれたら同情してしまうんじゃないかって。家族といると自分ではコントロールできないいろんな感情に支配されてしまうから、関わり合いになりたくなかったというのが本音でした」

そのメールだけの連絡は社会人になってからも続き、家族とはその間も親族の不幸や、法事などで顔を合わせるだけ。常に一緒にいない分、親の老いをとても強く感じたそう。

「両親は少しずつ小さくなっていった気がしたというか、弱々しく感じてしまうことが増えました。それに、親族で会うと席が決められていないのに、食事などでは家族ごとに固まって座るんですが、そこで父親が私にビールを注ぐようになりました。いつも自分自分だった人が。私ももう大人で、周りの目もあるから避けたりはしませんが、『今さら』ってずっと思っていました。

そんな関係を何度も姉から戒められましたね。でも、そのことでさえ、なぜ私が注意を受けなければいけないんだとイライラしちゃって。姉から『大人になりなさい』と言われる度に、私が子供だった時に大人な振る舞いをしてこなかったのは両親のほうと聞く耳を持たず。もう意地になっていたんだと思います」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP