新着記事

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】リフォームで再び作られた娘の部屋。地元に戻りたい気持ちを救ってくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】リフォームで再び作られた娘の部屋。地元に戻りたい気持ちをすくってくれた~その2~

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、神奈川県で小学生になる子供を育てながら、飲食店で働いている愛さん(仮名・42歳)。長野県出身で、両親と2歳上に姉のいる4人家族。小さい頃からぽっちゃり体型で内気だったこともあり、中学時代はいじめに遭いますが、1日も学校を休むことなく卒業。いじめに遭いながらも学校に行き続けた理由は親に心配をかけたくなかったから。その後は友人に恵まれ、母親の影響から製菓の専門学校へ進学して、パティシエになります。働き出してからも実家を出ることを一度も考えたことがなかった愛さんでしたが、25歳の時に初めての彼氏ができ……。

「彼は高校の同級生で、卒業してから共通の友人を通じて再会して恋愛関係になりました。学生時代は同じクラスにもなったことはないし、数回しか話したことしかないような子で学生時代は全然好きじゃなかったですよ。でも、連絡先を交換して、2人で遊ぶようになって付き合うことになりました。初めての彼氏で、のめり込んでしまいましたね。振り返ると本当に若気の至りです……」

初めての彼氏は生活の中心に。嘘で固めた理由で両親に上京を説得してしまい

地元で付き合っている時はお互い実家だったこともあり、どちらかの家に入り浸るような関係にはならなかったそう。しかし、彼が転勤で東京に行くことになった時に離れたくなかった愛さんは一緒に上京することを決意したと言います。

「彼は商社で働いていて、東京に転勤になったんです。こっちにいる時は週に2度くらいのペースで会えていたのが、月に1回会えるかどうかになるなんて考えられなかった。当時は仕事より、家族より、彼でしたね。彼について来てほしいなんてまったく言われていないのに、誰にも相談なくお店に辞めることを伝えて、上京の準備を着々と進めていました」

親への報告は仕事を辞めるタイミングで行い、嘘で固めた理由で両親を説得。先に上京していた彼の家の近くで新生活をスタートさせたそうです。

「親には絶対反対されると思っていたので、どうしても働きたいお店があると嘘をつきました。一度自分の腕を試してみたいって。両親は笑顔で納得してくれました。それに一人暮らしで必要な家具も自分で揃えると言ったのに、冷蔵庫やオーブンレンジを買ってくれたんですよ。『家で練習することもあるだろう』と言われて、さすがに罪悪感がありましたね。でも、本当に東京ではそこそこ大きなお店で働き始めることができたんです。でも、そこの人間関係がうまくいかずにすぐに辞めてしまって……。さらには彼氏に好きな人ができて振られてしまいました」

地元に帰りたい思いに気づいてくれた父から送られた1枚の写メールには

上京後に就職した職場を半年も経たずに辞めてしまった愛さん。その後テレアポや日雇いの仕事でつなぐことに。周りに知人がいないこともあり、彼への依存が強くなってしまった影響で振られてしまったと言います。

「カフェレストランのキッチンとして採用されたんですけど、地元のようなアットホームさがなく、テキパキと作業をこなす上の人のイライラをぶつけられ続けました。少しのミスがあると大声で怒られたり、作業を一切ふってもらえなくて一日皿洗いや掃除をさせられてたり……。仕事に向かおうとするとお腹を下すようになってしまって、辞めることにしました。

私はそんな辛さから彼に依存してしまって。彼も新しい仕事で悩んでいたことなんてちっとも気付かずで、振られるまで彼の気持ちの変化にさえ気づきませんでしたね」

彼にも振られ、やりたい仕事も続けられず、東京に知り合いもいない。しかし嘘をついて上京した後ろめたさもあり、両親に帰りたいとは言えなかったそう。上京して3年目に差し掛かった頃に一度父親が別の用事で上京。そこでも弱音は吐けなかったそうですが。

「父親と大人になってから初めて2人で食事をしたんですが、会話が途切れないように必死でしゃべりましたね。仕事も、東京の生活も楽しいと言ってしまいました。でも、父親はそんな嘘に気づいていたんですよね。その数か月後に実家のリフォームをするという内容でメールと1枚の画像が届きました。そこには私の部屋もあって、帰ってきていいんだって言われているような気がしました」

その後、愛さんは母親からの言葉もあり、地元に戻ることを決意。地元での再就職にも成功し、リフォーム後の部屋で生活を続けます。そして、20代後半の時に同じ職場で働く男性と結婚。現在は彼の転勤で神奈川に在住しています。愛さんは当時を振り返り、「東京に住んでいる時に帰省時には私の部屋は物置になっていて、もう帰る場所がないと寂しくなっていたんです。リフォーム後には、私が小さい頃から使っていたタンスが新しい部屋に置かれていて。本当に嬉しかったです」と語ります。

 

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

  1. 【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親。ガンが見つかったことで人生にある目標ができた~その2~

    【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親。乳がんが見つかったことで人生にある目標ができた~その2~

  2. 【娘のきもち】男女関係なく「ここ(田舎)に残っていても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~

    【娘のきもち】「ここ(田舎)にいても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~

  3. 【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~

    【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~

  4. 【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~

    【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~

  5. 【娘の気持ち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあったものの、子供にお金の苦労は一度もかけることはなかった~その2~

    【娘のきもち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあったものの、子供にお金の苦労は一度もかけることはなかった~その2~

  6. 家族全員でどこかに出かけた記憶はなし。共働きの両親を待つ家では寂しくて不安で仕方なかった~その1~

    【娘のきもち】家族全員でどこかに出かけた記憶はなし。共働きの両親を待つ家では寂しくて不安で仕方なかった~その1~

  7. 【娘の気持ち】祖父母に懐く私に父がずっと隠していたある秘密。父は両親に、そして私にどこまでも優しい人だった~その2~

    【娘のきもち】祖父母に懐く私に父がずっと隠していたある秘密。父は両親に、そして私にどこまでも優しい人だった~その2~

  8. 【娘のきもち】祖父母の世話は母親に任せっきり。何もしない父親に不信感が強まっていった~その1~

    【娘のきもち】祖父母の世話は母親に任せっきり。何もしない父親に不信感が強まっていった~その1~

  9. 【娘の気持ち】真っ直ぐ進めたのは、血のつながらない孫をどこまでも愛し続けてくれた祖父がいたから~その2~

    【娘のきもち】真っ直ぐ進めたのは、血のつながらない孫をどこまでも愛し続けてくれた祖父がいたから~その2~

  10. 【娘のきもち】落ちた場合は中学浪人。両親の期待で押しつぶされそうな気持を救ってくれたのは祖父の愛情だった~その1~

    【娘のきもち】落ちた場合は中学浪人。両親の期待で押しつぶされそうな気持を救ってくれたのは祖父の愛情だった~その1~

  11. 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~

    【娘のきもち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~

  12. 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

    【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

  13. 【娘の気持ち】兄の失業に、自身の流産。2度の辛い場面を乗り越えられたのは、一度は遠ざけた両親からの愛情だった~その2~

    【娘のきもち】兄の失業に、自身の流産。二度の辛い場面を乗り越えられたのは、一度は遠ざけた両親からの愛情だった~その2~

  14. 【娘のきもち】アクティブな両親と落ち着いた兄。休日の度に家族で行くキャンプが大好きだった~その1~

    【娘のきもち】二度とこんな思いをしたくないと妊娠を怖がった。その気持ちを戻してくれたのも家族とのキャンプだった~その1~

  15. 【娘の気持ち】祖母が倒れた時に仕事人間の父が離職。祖母の介護を「したいこと」と言った父のようになりたいと思った~その2~

    【娘のきもち】祖母が倒れた時に仕事人間の父が離職。祖母の介護を「したいこと」と言った父のようになりたいと思った~その2~

  16. 【娘のきもち】両親はともに小学校教諭。教育者の子供として、しっかりしなくてはという思いが小さい頃からあった~その1~

    【娘のきもち】両親はともに小学校教諭。教育者の子供として、しっかりしなくてはという思いが小さい頃からあった~その1~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親。ガンが見つかったことで人生にある目標ができた~その2~ 【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親…
  2. 【娘のきもち】男女関係なく「ここ(田舎)に残っていても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~ 【娘のきもち】「ここ(田舎)にいても仕事はない。外に出て行け」と…
  3. 【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~ 【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたい…
  4. 【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~ 【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中…
  5. 【娘の気持ち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあったものの、子供にお金の苦労は一度もかけることはなかった~その2~ 【娘のきもち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあった…
PAGE TOP