新着記事

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】祖父の葬式で見せた父の気丈な姿「今までしっかり親孝行をしたから、後悔はない」~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】祖父の葬式で見せた父の気丈な姿「今までしっかり親孝行をしたから、後悔はない」~その2~

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、北海道札幌市の病院にて医療事務の仕事をしている梨華さん(仮名・36歳)。北海道釧路市出身で、両親と4歳上に姉、3歳下に弟のいる5人家族。小さい頃からパパっ子だった梨華さんは父親の会社の社員旅行に一緒に参加するほどだったとか。高校卒業後の進路で家族との小さなしこりができますが、就職を選び、そのまま17年同じ職場で働き続けます。社内には知り合いばかり、慣れ親しんだ場所の居心地は良かったものの、ふとした瞬間に思うことがあったと言います。

「贅沢な悩みかもしれませんが、同じことの繰り返しがふとした瞬間につまらなくなるんです。その度に転職したいなって思うようになっていました。でも、それは思うだけで行動に起こそうとはあまり考えていませんでした。でも、ちょっとした持病があり、その病気が悪化してしまって……。その時に休職しないといけないんだったら辞めたほうがいいのかもしれないと思ったんですよ」

流れるように決まってしまった札幌行きを母親は反対し、父親は背中を押してくれた

仕事を辞めると決めた時も両親の反対は特になかったそう。梨華さんは仕事を辞めている間に医療事務の資格を取るために学校に通い、その後資格を無事取得。再就職するエリアはもちろん釧路。しかし、再び就活を始めた時にある壁にぶつかったそうです。

「釧路には資格を生かせる仕事で正社員がなかったんです。そこから少しずつエリアを広げていきました。でもあくまで実家から通えるところで探していたんです。でも、どんどん範囲が広がっていくにつれて実家から通うことが厳しくなり、どうせ家を出るならと、札幌の求人にも目を向け始めました。そしてある札幌の医療事務の求人を見つけて、面接を受けたら……、受かってしまったんですよ」

親への報告は就職が決まった後。札幌行きを母親の反対にはあったものの、父へちゃんと相談したことで父親は背中を教えてくれます。札幌での生活に慣れるのはそんなに時間はかからなかったと言います。

「母親は弟、男には地元を離れて暮らすことは仕方ないにしても、娘にはずっと側にいてほしいと思っていたみたいで、『なんで札幌に?』と疑問をぶつけられましたね。でも、父親は『自分の好きなように頑張りなさい』とここでも味方になってくれました。
札幌での生活は2~3か月は寂しくて仕方なかったです。でも、あまり両親に連絡は取らなかったかな。今まで何かあると母親は何でも報告してくれるタイプだったので、私から連絡するのがなんとなくできなくて。でもその分、母親と似ている姉が両親の近況を逐一報告してくれていたんですよ。間接的でも、それを聞くことで寂しくなかったというのもありますね」

父のように親の葬式で胸を張りたい。父のようになりたいと思い続けた理由

生まれてから札幌に行くまで実家で過ごした35年間の間、梨華さんはできる限り親との時間を持つようにしていたそう。そこにはある父の考えへの共感があったと言います。

「実はうちの家は父親が6人兄妹の四男で、母親は妹のいる2人姉妹ということもあり、父は婿養子でした。うちの両親の実家はともに漁師をしていたと言いましたが、父の兄妹で水産科に行ったのは父だけで、学生の頃から親の仕事をずっと手伝っていました。それは婿養子に入ってからも続けて、朝3時に起きて祖父の漁業を手伝い、その後自分の仕事に出かけていたんです。そんなに毎日忙しく過ごしているのに、家族サービスもしっかりしてくれていましたから。そんな父親の姿を本当に尊敬していました。祖父も婿養子にいかしたことを後悔しているぐらいでしたね。

その祖父が亡くなった時にお葬式で父親はあまり悲しそうじゃなかったんです。その理由を聞いたら、『今までしっかり親孝行をしたから、後悔はない』と言ったんです。その言葉は絶対に軽く口に出せる言葉じゃないですよね。すごくかっこいいなって思いました。そしてその言葉を聞いてから、私も同じ思いを貫こうとしています。今まで精一杯一緒にいたから、今離れて生活していても変わらない距離を保つことができているかもしれません」

梨華さんは札幌で働きながらも、大型連休には実家に帰省しています。兄妹は現在どこに住んでいるのかを聞くと、「姉はずっと釧路にいて、今は母親に変わって祖父母の世話をしているので実家では暮らしていませんけど、近くに住んでいます。弟は大学4年間は札幌で暮らしていたんですが、就職で釧路に戻ってきましたね。みんな強制されたわけじゃないのに、地元が大好きなんですよ。私も札幌で就職してしまったけど、釧路は今でも大好きです。札幌でも釧路のお店を探してしまうほど。親より地元のほうが恋しいかも」と笑顔で語ります。

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

  1. 【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親。ガンが見つかったことで人生にある目標ができた~その2~

    【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親。乳がんが見つかったことで人生にある目標ができた~その2~

  2. 【娘のきもち】男女関係なく「ここ(田舎)に残っていても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~

    【娘のきもち】「ここ(田舎)にいても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~

  3. 【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~

    【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~

  4. 【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~

    【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~

  5. 【娘の気持ち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあったものの、子供にお金の苦労は一度もかけることはなかった~その2~

    【娘のきもち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあったものの、子供にお金の苦労は一度もかけることはなかった~その2~

  6. 家族全員でどこかに出かけた記憶はなし。共働きの両親を待つ家では寂しくて不安で仕方なかった~その1~

    【娘のきもち】家族全員でどこかに出かけた記憶はなし。共働きの両親を待つ家では寂しくて不安で仕方なかった~その1~

  7. 【娘の気持ち】祖父母に懐く私に父がずっと隠していたある秘密。父は両親に、そして私にどこまでも優しい人だった~その2~

    【娘のきもち】祖父母に懐く私に父がずっと隠していたある秘密。父は両親に、そして私にどこまでも優しい人だった~その2~

  8. 【娘のきもち】祖父母の世話は母親に任せっきり。何もしない父親に不信感が強まっていった~その1~

    【娘のきもち】祖父母の世話は母親に任せっきり。何もしない父親に不信感が強まっていった~その1~

  9. 【娘の気持ち】真っ直ぐ進めたのは、血のつながらない孫をどこまでも愛し続けてくれた祖父がいたから~その2~

    【娘のきもち】真っ直ぐ進めたのは、血のつながらない孫をどこまでも愛し続けてくれた祖父がいたから~その2~

  10. 【娘のきもち】落ちた場合は中学浪人。両親の期待で押しつぶされそうな気持を救ってくれたのは祖父の愛情だった~その1~

    【娘のきもち】落ちた場合は中学浪人。両親の期待で押しつぶされそうな気持を救ってくれたのは祖父の愛情だった~その1~

  11. 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~

    【娘のきもち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~

  12. 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

    【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

  13. 【娘の気持ち】兄の失業に、自身の流産。2度の辛い場面を乗り越えられたのは、一度は遠ざけた両親からの愛情だった~その2~

    【娘のきもち】兄の失業に、自身の流産。二度の辛い場面を乗り越えられたのは、一度は遠ざけた両親からの愛情だった~その2~

  14. 【娘のきもち】アクティブな両親と落ち着いた兄。休日の度に家族で行くキャンプが大好きだった~その1~

    【娘のきもち】二度とこんな思いをしたくないと妊娠を怖がった。その気持ちを戻してくれたのも家族とのキャンプだった~その1~

  15. 【娘の気持ち】祖母が倒れた時に仕事人間の父が離職。祖母の介護を「したいこと」と言った父のようになりたいと思った~その2~

    【娘のきもち】祖母が倒れた時に仕事人間の父が離職。祖母の介護を「したいこと」と言った父のようになりたいと思った~その2~

  16. 【娘のきもち】両親はともに小学校教諭。教育者の子供として、しっかりしなくてはという思いが小さい頃からあった~その1~

    【娘のきもち】両親はともに小学校教諭。教育者の子供として、しっかりしなくてはという思いが小さい頃からあった~その1~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親。ガンが見つかったことで人生にある目標ができた~その2~ 【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親…
  2. 【娘のきもち】男女関係なく「ここ(田舎)に残っていても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~ 【娘のきもち】「ここ(田舎)にいても仕事はない。外に出て行け」と…
  3. 【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~ 【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたい…
  4. 【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~ 【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中…
  5. 【娘の気持ち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあったものの、子供にお金の苦労は一度もかけることはなかった~その2~ 【娘のきもち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあった…
PAGE TOP