新着記事

生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意?

不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズムと 乳がんの関係

2019年夏休みの都市別海外旅行ランキング|予約急上昇の都市は?

夏休み海外旅行「予約急上昇ランキング」|3位ヤンゴン、2位ウラジオストク、1位は?

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編18】

男性管理職のメンタル不調は深刻化か? メンタル不調の悩みの約4分の1は40代男性から!

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、東京の百貨店で販売員の仕事をしている明美さん(仮名・39歳)。神奈川県出身で、両親と2歳下に妹のいる4人家族。門限だけはやたらと厳しい心配性な両親の下で育ちます。勉強が嫌いだったことや両親の勧めもあり、高校卒業後は現在も働く百貨店に就職します。

「今は正社員での募集自体が厳しくなっていますが、私が就職した時はまだ正規雇用がたくさんあって、私も正社員として採用されました。就職先では同期に恵まれて、仕事は大変で覚えることも多かったけど、仕事終わりに同期と遊びに行くことがとても楽しかったんです」

社会人になっても一度も家を出ない理由は両親の不仲。小さい頃から妹と心配し続けた記憶が残る

高校時代に夏は18時、冬は17時だった門限は社会人になってから緩くなったものの、あまりに遅くなることはダメだったとか。父親はお店の閉店時間から2時間以上経つと連絡をしてくることもあったと言います。

「仕事は早番遅番の違いはあるんですが、閉店は当時20時だったので、22時を過ぎると心配して連絡が来ることもありました。でも、働き出してお金も手に入れて、周りには仲良くしている同期たちがいる。仕事終わりに父からの連絡を無視して遊びに行っていましたね。無視して夜遅くに帰ると、玄関にブザーのようなものが設置されていて、玄関の扉を開けると近所迷惑ぐらいの音で鳴るんです……。その音を聞いて、父親が怒りに起きてくるんですよ。そんなことが何度もあったんですが、お互い諦めなくて、体力勝負みたいな感じになっていましたね(苦笑)」

社会人になっても明美さんはずっと実家から通い続けます。それは少しずつ大きくなっていった両親の不仲を心配してだったそう。

「もちろん実家のほうが家賃も浮くし、通勤も苦じゃない距離だったし、利便性もありました。でも、小さい頃から両親はよくケンカをしていて、母親が一人で家を出て行ったことや、私たちを連れて母の友人の家で数日過ごしたことを覚えています。父には兄の他に妹もいて、頑固な父の代わりに叔母さんが私たちを迎えに来てくれたこともよくありました。妹ともどっちが両親のケンカを止めにいくかをよく話し合っていましたね。昔はそこまで深刻なことなんだって子供だったから思わないじゃないですか。でも、私も大人になるにつれて、両親のケンカがぼんやりとしていたものからリアルなものになっていったというか。このままでは母親がつぶれてしまうんじゃないかと思うようになったんです」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】両親に大きな庭付きの一軒家をプレゼント。今までもこれからも実家が安らぐ場所になるように~その2~ 【娘のきもち】両親に大きな庭付きの一軒家をプレゼント。今までもこ…
  2. 【娘のきもち配は過剰にしても、何かを押しつけたりは絶対にしない。小さい頃一度も寂しい思いをすることもなかった~その1~ 【娘のきもち】心配は過剰にしても、何かを押しつけたりは絶対にしな…
  3. 【娘のきもち】受精卵の異常で流産に。父は自分の病気のせいだと自分を責めて、彼に謝り続けた~その2~ 【娘のきもち】受精卵の異常で流産に。父は自身の病気のせいだと自分…
  4. 【娘のきもち】幼少期に刷り込まれた両親の上下関係。どちらの親にも似たくないと強く思っていた~その1~ 【娘のきもち】幼少期に刷り込まれた両親の上下関係。どちらの親にも…
  5. 【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~ 【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限…
PAGE TOP