新着記事

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】家族全員でどこかに出かけた記憶はなし。共働きの両親を待つ家では寂しくて不安で仕方なかった~その1~

子供の成績には無関心の両親。家族旅行もなく、残っているのは父母と別々に遊んでいた記憶だけ

朋美さんは小さい頃からずっと成績が良く、勉強することも嫌いじゃなかったとのこと。しかし両親が勉強を見てくれた記憶は残っていないと語ります。

「母親が帰ってくるまで時間を持て余していたので、宿題や勉強する時間がたっぷりあったんですよね。その他に当時ハマっていたことも、趣味も特になかったから。それに私は元々、授業などでわからないことに出合うことが楽しかったんです。理解できるという感覚が好きだった気がしますね。そんな甲斐もあって、勉強は小さい頃からできたんですよ。

でも、どんなにテストで100点を取っても、通信簿でほとんどが5だったとしても、両親から褒められることはありませんでしたね。勉強を見てくれた記憶もないし、もちろん成績について怒られたこともなかった。両親から成績について何かを言われたことはありませんでした。私の成績が良かったからというより、基本何に関しても口を出すような両親じゃなかった気がします。姉はあまり勉強ができるタイプじゃなかったのに、姉にも両親が何かを言っている感じはなかったので」

家族旅行などの4人での思い出についてもあまり思い出せないそう。覚えているのは、両親のどちらかと一緒だった記憶だと言います。

「家族旅行と言っていいのかわかりませんが、両親の会社の人たちご家族との旅行には何度か行ったことがあります。しかしその旅行でさえ姉はすでに思春期を迎えていたのか行くのを嫌がって参加していませんでしたね。それに、お正月などに祖父母の家に行くことはありましたが、両方ともの祖父母の家は電車で数駅のところにあって、朝から行って夜に帰るような感じだったからどこかに家族で泊まるなんて記憶はありません。

両親のどちらかと出かけたことは覚えています。父親にはよく動物園に連れて行ってもらっていました。母親とは近所のスーパーに一緒に買い物に行くくらいですかね。小さい頃から買い物に行くと、母親は何でも好きなお菓子を買ってくれていました。スーパーの光景でよくある、お菓子を買ってくれない親に対して子供がぐずるようなことは私の家庭ではありませんでした。何でもカゴに入れてよかったんですよ」

家族で出かけることがなかった理由に朋美さんはあることを挙げます。

「小さい頃からずっと、両親は不仲でした。それは完全に父親のせい。父親にはギャンブル癖があったんです」

父親のギャンブルで借金取りからの電話を朋美さんは受けてしまいその事実を知ることに。そのことから、父親を嫌い、母親を守らなければという気持ちが芽生えていきます。
~その2~に続きます。】

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってくれたSNSからの応援~その2~

  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってくれたSNSからの応援~その1~

  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシングルマザーを選択した理由~その2~

  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシングルマザーを選択した理由~その1~

  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの。それは親ではなく我が子だった~その2~

  6. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの。それは親ではなく我が子だった~その1~

  7. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親に本音はぶつけられない~その2~

  8. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親に本音はぶつけられない~その1~

  9. 【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その2~

  10. 【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その1~

  11. 【娘のきもち】ずっと心にあった「親じゃないくせに」。隣で暮らす伯母との近すぎる関係が招いたもの~その2~

  12. 【娘のきもち】ずっと心にあった「親じゃないくせに」。隣で暮らす伯母との近すぎる関係が招いたもの~その1~

  13. 【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消のきっかけは親族の借金だった~その2~

  14. 【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消のきっかけは親族の借金だった~その1~

  15. 【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その2~

  16. 【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP